HOME > 就活マガジン記事 > 就活用の髪色は8トーンだと明るい|就活にふさわしい髪色を徹底解説

就活用の髪色は8トーンだと明るい|就活にふさわしい髪色を徹底解説

「髪色が8トーンだけど、就活では明るすぎるのかな?」と不安に思っている方もいるでしょう。結論、就活では髪色が8トーンだと明るすぎる場合があります。

この記事では、就活にふさわしい髪色・業種別にふさわしい髪色を徹底解説していきます。

就活にふさわしい髪色を2つのポイントで紹介

就職活動では、適した髪色選びによって、良い第一印象を与えられます。ここでは、就職活動に最適な髪色を選ぶための2つの重要なポイントに焦点を当てて説明します。

  1. 黒色が最も好印象
  2. 自然な茶色なら問題ない

①黒色が最も好印象

就職活動では、黒髪を選ぶと男女問わず清潔感があり、好印象を与えます。

多くの日本人が黒髪なので、自然な黒色はマイナスの印象を与えることはありません。

また、スーツスタイルは黒と白の服装が一般的で、黒髪はその統一感を強調し、清潔感を高めるでしょう

②自然な茶色なら問題ない

就職活動では、黒髪が最もおすすめですが、自然な茶色であれば問題ありません。特にダークブラウンは、黒髪と比べると適度に華やかさを演出できます。

堅苦しさを避け、明るい印象を求める場合には、ダークブラウンの茶髪が良い選択となるでしょう。面接では、目立ちすぎることなく好印象を与えられます。

【就活の髪色】8トーンだと明るすぎることも

8トーンはやや明るい印象を与えるため、アパレル業界などでは受け入れられることもありますが、一般企業では7トーンまでが無難です。この範囲内であれば、肌色との調和も取れ、清潔感を保てます。

就職活動において、髪色は印象に大きな影響を与えます。特に7トーンの髪色は、自然で派手すぎない見た目を演出しやすいです。

トーンは髪の明るさを数値で示し、一般的には4〜6トーンが自然な黒色、15トーン以上で金髪となります。

【業種別】就活にふさわしい髪色を紹介

ここでは、業種ごとにおすすめな髪色のトーンを紹介します。志望する業界に合わせた髪色を選ぶことで、面接時の印象を良くしますよ。

  1. 一般企業
  2. 金融・公務員・医療系
  3. アパレル・美容業界

①一般企業

一般企業での面接では、7トーンの髪色が基準となります。7トーンならば、黒髪に近く、染めていることが目立ちにくいためです。

しかし、集団面接やインターンシップでは、黒髪の参加者が多い場合、7トーンの髪色は目立つことがあります。そのため、印象を良くしたいなら、地毛の色か黒髪で臨むことをおすすめします。

さらに、明るい色に染めると時間が経つにつれて色が明るくなるため、6トーンで染めることも一つの方法です。

②金融・公務員・医療系

金融、公務員、医療系の業界では、面接時の髪色は6トーン程度が望ましいとされています。

これらの分野では、黒髪が一般的なマナーとなっており、明るい髪色は好ましくないとされていますよ

社内よりも社外での信頼性や誠実さが求められるため、髪色は控えめなカラーがおすすめです。特に、顧客や患者と直接関わる職種では、信頼できる印象を与えましょう。

③アパレル・美容業界

アパレルや美容業界の面接では、8トーンの髪色でも問題ない場合があります。トレンドを大切にする業界では、ある程度の髪の明るさも受け入れられる傾向です。

しかし、ピンクや青など、一般的な常識から逸脱した髪色は避けるべきです。面接では、たとえファッションや美容の分野であっても、派手な色は控えめにしましょう。

さらに、企業のブランドイメージによっては、明るい髪色が不適切な場合もあります。そのため、面接前には念入りな企業研究が不可欠です。

【就活前の方向け】髪色を染めるタイミングはいつ?

就職活動を控えた明るい髪色の方は、企業の方と対面する前に髪を染めることをおすすめします。特に、写真撮影や企業説明会など、髪色が注目される場面では、より一層の注意が必要です。

事前にカラーリングを済ませておけば、髪色の心配をすることがなくなりますよ。

ただし、染めるタイミングには注意が必要です。早過ぎると色落ちしたり、髪が伸びて根元の色が目立つこともあります。身だしなみを整える上で、適切な時期を見計らうことが大切です。

最もおすすめな時期は、写真撮影や面接の3〜5日前。慌てることなく、自信を持って就職活動に臨めますよ。

就活ではふさわしくない髪色に気を付けよう

就職活動では、避けるべき髪色を知っておくべきでしょう。以下に分けて説明します。

  1. 派手な印象を与える金髪
  2. 8トーン以上の派手な茶髪

①派手な印象を与える金髪

就職活動では、金髪は避けた方が良いでしょう。派手な印象を与えがちで、シーンに適した髪型ができていないと見なされることも。

面接には、落ち着いた色のスーツが求められるように、髪色も同様に控えめなものが望ましいです。服装だけでなく、眉毛や髭などとの調和も考慮する必要があります。

また、もともと髪が明るい方は黒く染めた後に時間が経過すると、再び明るくなる可能性も。紫外線やドライヤーの熱で髪が傷み、色が抜けることもあるため、染めるタイミングには注意が必要です。

②8トーン以上の派手な茶髪

就職活動においては、8トーン以上の明るい茶髪は避けましょう。金髪と同様に、過度に明るい髪色は、面接官に対して失礼な印象を与えかねません。

たとえ面接では許容されることがあっても、職場ではその髪色が不適切と見なされる場合があります。明るい髪色は、派手で未熟な印象を与えることがあるため、慎重になりましょう。

遺伝的に髪が明るい場合は、特に問題視されない限り染める必要はありません。ただし、就職活動においては、ビジネスシーンに合った身なりを保つためにも、トーンを落ち着かせることをおすすめします。

就活用の髪色は8トーンでは明るい!落ち着いた髪色にしよう

本記事では、就活時の適切な髪色について解説しました。結論、8トーンでは明るいと判断される場合があるため、染め直すことをおすすめします。

黒色が一般的ですが、自然な明るさなら茶髪も受け入れられるでしょう。印象付けたい雰囲気を決め、それに合った髪色を選んでくださいね。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部