HOME > 就活マガジン記事 > 面接に落とされるサインって?落ちる原因・対策方法も紹介

面接に落とされるサインって?落ちる原因・対策方法も紹介

面接を受けた後は、結果が気になって不安になりますよね。この記事では、面接で不合格になる兆候と、逆に合格している可能性が高いサインをお伝えします。

また、面接で落ちる原因とその対策についても詳しく解説していますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

面接で落とされる7つのサインを紹介

面接の結果はとても気になると思いますが、なかなか結果は来ませんよね。そこで、ここからは面接で落とされるサインを7つ紹介します。

  1. 面接官の態度が冷たかった
  2. 面接の時間が予定より短かった
  3. 「うちと合わなそう」と言われる
  4. 逆質問がない
  5. 選考のような話がされない
  6. 最後に言い残したことを聞かれる
  7. 今後の話がない

①面接官の態度が冷たかった

面接官の態度は非常に重要です。もし冷たい態度や興味を持っていない印象を受けた場合、その仕事に向いているかどうかや企業の雰囲気について疑問が生じますよね。

特に、自分の回答に対して深く掘り下げた質問を受けなかったり、回答を詳しく説明しても反応がイマイチだった場合、少し不安に感じることがあります。

こうした場合は、面接後に自分の回答を振り返り、次回のためにどう改善できるか考えることが大切です。

②面接の時間が予定より短かった

面接が短い場合、面接官が早く合否を決めた可能性があります。

面接官が十分に興味を持たなかった場合、面接時間が短くなる傾向がありますよ。通常、面接は30分以上かけて行いますが、それよりも短かった場合は、自己PRや経験についての説明を見直す必要があります。

③「うちと合わなそう」と言われる

面接で「向いていない」というフィードバックをもらった場合、そのポジションや企業文化に適合しない可能性が高いです。厳しい意見が直接伝えられることは珍しいですが、「他の分野での可能性は?」という疑問をぼんやりと示されることはありますよ。

なので、なぜこの業界や企業で働きたいのかをしっかりと説明できるよう、事前に準備しておくのが重要です。

④逆質問がない

面接の逆質問の時間は、求職者が企業に質問をする重要な機会です。逆質問の時間が全くない場合、面接官は既に判断を下している可能性が高いですよ。

逆質問は、求職者が企業に対する興味やモチベーションを確認する機会でもありますので、逆質問の時間が設けられない場合は注意が必要です。

⑤選考のような話がされない

面接中、本題から外れた話をされた場合、それは面接官の興味がすでに薄れていると考えられます。

面接は限られた時間の中で、あなたのスキルや適性を評価する場ですよね。

本題から逸れた話に時間を割くことは、面接官があなたの能力に対して興味を持っていない、もしくは評価を既に下した兆候です。

⑥最後に言い残したことを聞かれる

面接の終盤で「何かアピールすることはありますか?」と問われた場合、面接官がまだ完全に理解していないか、少し不安なのかもしれません。

この質問は、面接官が再度、あなたの強みや適性を確認したいと考えている合図です。

この機会を活かし、自分の適性やこれまでの実績を明確に伝えることで、面接官の不安を取り除くよう努めましょう。

⑦今後の話がない

面接の際、今後の仕事内容や成長機会、キャリアパスなど、将来的な展望に関する話題が全く出ない場合、それは良い兆しではありません

多くの企業は、求職者が入社後も長期間働き、成果を上げてくれることを期待しています。そのため、入社後のビジョンや期待を伝えることで、就活生を引き付けようとします。

逆に、入社後の展望に触れない場合、面接官があなたを採用する意欲が低いと考えられます。

面接で合格している7つのサインを紹介

面接で合格しているサインは何があるのでしょうか?7つ紹介します。

  1. 面接官の反応が好意的
  2. 回答を深掘りされる
  3. 自社をアピールされる
  4. 「マッチしている」と言われる
  5. 他社の選考を聞かれる
  6. 面接時間が予定より長い
  7. 今度の話をされる

①面接官の反応が好意的

面接中に頷きやアイコンタクト、そして質問に対するポジティブなリアクションが多い場合、それは面接官に自分の回答やアピールが伝わっている証拠です。

ただし、リアクションが良いからといって油断は禁物です。最後まで自分のアピールをしっかりと続け、面接官の期待に応えるように心がけましょう。

②回答を深掘りされる

質問に答えた後、さらに詳しく質問されることは、面接での良い兆候と言えます。それは面接官があなたの回答に興味を持っている証拠ですよ。

その際には、具体的な例や詳細な情報を提供することが求められます。深掘りされた場面では、自分の経験や考えを明確に伝えることが肝要です。

③自社をアピールされる

面接の際に、企業が自社の魅力や働くメリットを強調して話す場合、それはあなたを採用したいというサインかもしれません。

企業は自社の良さを理解し、共感してくれる人材を求めています。だからこそ、自社の魅力をアピールされたら、その意見や感想をしっかりと伝えることが大切ですよ。これにより、さらなる信頼関係が築けるでしょう。

④「マッチしている」と言われる

面接官から「業務や仕事内容に適性があります」というフィードバックを得ることは、とても良い兆候です。

そのような評価を受けると、自分のスキルや経験がその企業や職種にマッチしていると認められていると考えられますよ。

ただし、ポジティブなフィードバックを得たからといって、油断は禁物です。最後まで緊張感を持ち続け、自分の適性や意欲をしっかりとアピールしましょう。

⑤他社の選考を聞かれる

面接中に他社の選考状況を尋ねられることは、採用の好意を示す合図とされています。これは、企業が私に対する興味や評価が高いからこそ、他社との競合状況を把握したいと考えているからですよ。

ただし、他社の選考状況について問われた場合は、率直かつ慎重に答えしましょう。自分の評価を高めるために他社の名前を出すことは避けたほうが良いです。

⑥面接時間が予定より長い

面接が予定よりも長引くことは、面接官があなたに興味を持っている証拠です。長時間の面接は、面接官が深くあなたのことを知りたいと思っているからですよ。

ただし、長時間の面接は体力を消耗します。集中力を保つためにも、面接前に十分な休息と準備が欠かせません。

⑦今後の話をされる

面接の際に今後の選考や業務内容、研修、入社後の希望部署など、具体的な話題が出てくるのは、採用の可能性が高いサインです。企業側があなたに対して将来的なビジョンを持っていることが伝わりますね。

ただし、これが確定的な意味を持つわけではないので、最後まで緊張せずに、落ち着いて面接に臨むことが大切ですよ。

面接に落ちる原因は?対策も紹介

面接は不合格がつきものです。ただし、不合格を不合格で終わらせずに原因を分析して対策することが重要です。以下に落ちる原因とその対策を説明します。

  1. 志望動機が曖昧
  2. 強みが業務と合っていない
  3. 社風や企業理念を理解していない
  4. マナーが守れていない

①志望動機が曖昧

志望動機が不明瞭だと、面接で不利になることがあります。面接官は、あなたが企業を理解し、どのような役割を果たしたいのかを知りたがっています。

自己理解を深め、企業の理念や業界の動向をしっかり研究することが大切です。具体的な経験や学びをもとに、その企業でどのように貢献したいのかを明確に伝えましょう。志望動機は、あなたの意欲や情熱が伝わる重要な要素です。

②強みが業務と合っていない

面接で成功するためには、自分の強みや経験を適切にアピールすることが重要です。しかし、具体的にその強みが仕事でどのように役立つのかを説明できなければ、面接官はあなたの能力を正確に評価できません。

対策として、過去の成功体験や学びを基に、その強みを具体的に業務にどう生かすかを考え、伝えることが肝要です。

さらに、自己分析を深めることで、自分の強みと業務内容がどれだけマッチしているかを確認することも大切です。

③社風や企業理念を理解していない

企業の社風や理念は、その企業の働き方や考え方を示す大切な要素です。自分の価値観や考え方が企業の社風や理念と大きく異なる場合、不採用の原因となります。

そのため、事前に企業の公式サイトやSNSを活用して、企業の文化や理念をしっかりと調査することが必要ですよ。

そして、自分の価値観とどのように合致しているのかを明確に伝えることで、面接官に良い印象を与えられます。

④マナーが守れていない

面接では、あなたのスキルや経験だけでなく、社会人としての基本的なマナーや身だしなみも重要です。適切な服装や髪型、清潔感はもちろん、挨拶や言葉遣いなどの基本的なマナーを守ることが求められますよ。

これらを守れていないと、面接官に不快な印象を与えてしまい、不採用の原因になることもあります。また、面接官や他の社員とのコミュニケーションもスムーズに行うことが大切です。

面接で落とされるサインを理解しよう!

面接官の態度が冷たかったり、面接時間がとても短かった場合、その面接では不採用となるかもしれません。

もし不採用の可能性が高いと感じたら、その原因を分析して次回の面接に向けて準備を整えることが重要です。あなたの就活が成功することを心から願っています。頑張ってくださいね。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部