HOME > 就活マガジン記事 > 薬剤師の志望動機の書き方やポイントを解説!例文も紹介

薬剤師の志望動機の書き方やポイントを解説!例文も紹介

薬剤師の給与や待遇は比較的高水準であり、人気の職業です。そのため、多くの就活生が薬剤師を目指していますよ。

この記事では、薬剤師を志望する際の動機を作成する方法やポイントについてご説明します。ぜひ参考にしてください。

薬剤師の業務内容を理解しよう

薬剤師の主な仕事は、調剤室で薬を調合することです。医師の処方箋に基づいて、患者さんに合った薬を正確に調合します。この際、薬の成分や量、相互作用などを考慮し、最も適切な薬を提供しなければいけません。

調合した薬を患者さんにお渡しする際には、服用方法や注意点を丁寧に説明する役割もあります。また、薬剤師の役割は製薬企業や研究機関でも重要ですよ。そこでは、新しい薬の開発や研究に携わります。

また、製薬企業では品質管理、情報提供など、多岐にわたる業務がありますよ。これらには専門的な知識や技術が求められるため、常に最新の情報をキャッチアップし続けることが重要です。

薬剤師の志望動機を作成する際のポイント3つ

薬剤師の志望動機を作成する際は、以下3点のポイントを意識しましょう。それぞれ説明します。

  1. 薬剤師として働きたい理由を明確にする
  2. その企業で働きたい理由を明確にする
  3. 入社後の自分の姿をアピールする

①薬剤師として働きたい理由を明確にする

薬剤師は、医薬品についての専門知識が求められる職業です。病院や調剤薬局、製薬会社など、さまざまな場面で活躍する職業ですよね。自分が薬剤師を選びたい理由をはっきりさせることが、志望動機の中心です。

例えば、患者の健康を直接サポートする仕事に魅力を感じたり、新しい薬の開発に関わることに興味があるなど、具体的な動機をしっかりと伝えることが大切です。

②その企業で働きたい理由を明確にする

薬剤師としての職場はさまざまです。病院、調剤薬局、製薬会社など、それぞれに特色があります。自分のフィット感をアピールするために、志望する職場の特色や強み、企業文化に共感する点を明確に伝えることが大切ですよ。

具体的なエピソードや経験を交えることで、より説得力のある志望動機となります。

③入社後の自分の姿をアピールする

薬剤師としての知識や技術はもちろんのこと、それ以外の経験やスキルも重要です。自分だけの経験やスキルを活かして、どのようにその職場で貢献できるのかを具体的に伝えるのが大切ですよ。

たとえば、学生時代のアルバイトで培ったコミュニケーション能力や、特定の分野での専門的な知識を活かし、自身の強みや得意分野をしっかりとアピールすることがポイントです。これにより、他の応募者との差別化を図れますよ。

薬剤師の志望動機の書き方3ステップ

この記事を読む方の中には初めて志望動機を書く方もいるかと思います。そんな方のために、志望動機の書き方を3ステップで解説します。

  1. 結論を最初に伝える
  2. 志望理由の原体験を伝える
  3. 入社後の姿を伝える

①結論を最初に伝える

志望動機は、まずはっきりと結論を述べることが重要です。例えば、「貴社の企業理念に深い共感を覚えました」というように、自分がその企業を選ぶ理由を明確に示すことで、採用担当者に自分の意思が伝わりやすくなります。

志望動機の背景や理由については、その後にお話しするのが良いでしょう。

②志望理由の原体験を伝える

志望動機を述べた後、自身の経験や背景に基づく実例を交えることで、説得力が増します。

たとえば、「家族の健康問題がきっかけで薬剤師の役割の重要性を痛感しました」というようなものですよ。自分の原体験を伝えることで、考えや価値観を採用担当者に深く伝えられます。

③入社後の姿を伝える

最後には、その企業での将来の展望や貢献を明確に伝え、自分がどのように活躍したいかを示します。具体的な目標や計画を持つことが、採用担当者にとっても魅力的な要素となるでしょう。

例えば「スキルや経験を生かし、企業の課題解決や新たな価値創造の提案を通じて、入社後に貢献したい」といったようなものです。

薬剤師の志望動機の例文2つ

薬剤師の志望動機のポイントや書き方についてここまで紹介しました。ここからは、例文を解説にするので参考にしてくださいね。

  1. 調剤室
  2. 製薬企業

例文①: 調剤室

私は調剤室勤務の薬剤師を志望しています。

大学時代に地域の医療イベントでのボランティア活動を通じて、高齢者の服薬管理に関わる重要性を実感しました。その経験から、調剤薬局での働きが直接患者の健康に寄与する重要な役割であると確信しています。

貴社の調剤室は地域社会での信頼が厚く、高度な医療サービスを提供しています。私は入社後、この信頼を守りながら、薬剤師としての使命を果たし、先進的な医療に貢献していきたいと強く考えています。

調剤室を志望している場合は、製薬企業ではなく調剤室を志望している理由を説明できるようにしましょう。また、数ある調剤室の中でもどうしてここなのかも説明できるようにしてくださいね。

例文②: 製薬企業

私は薬剤師を志望する理由は、人々の健康と生活の質を向上させる使命に強い魅力を感じているからです。

貴社に魅力を感じる理由は、製薬企業に留まらず、病院・調剤薬局と連携し、患者さんを一番に考えた環境を提供している点です。特に、地域との連携を重視している姿勢は素晴らしいと思います。

学生時代からボランティア活動に参加し、地域社会への貢献を大切にしてきました。中学生から大学生まで地域の高齢者支援を継続し地域の健康を支え続けたいと考えています。

貴社であれば、その価値観を活かしながら、地域の人々に寄り添ったサービスを提供できると確信しております。
将来的には、貴社の一員として、新しい薬剤の開発や既存の薬剤の改良にも関わりたいと考えています。

医療技術の進歩はめまぐるしく、私は常に最新の情報を患者さんに提供したいです。変化し続ける医療業界で、貴社で世界中の健康と幸福に貢献したいです。

調剤室を志望している場合は、調剤室ではなく製薬企業を志望している理由を説明できるようにしましょう。また、数ある製薬企業の中でもどうしてここなのかも説明できるようにしてくださいね。

薬剤師の志望動機を書く際に注意するポイント

薬剤師としての役割は、単に薬の知識を持つことだけでなく、その知識を活かして患者の健康を支えることです。

給与や待遇だけを理由にすると、専門職としての責任や使命感が欠けていると思われかねません。

特に、薬剤師は病院や調剤薬局、製薬会社などで幅広く活躍できる職業です。そのため、志望動機を述べる際には、自分のキャリアビジョンや薬剤師としての役割への情熱をしっかりと伝えることが重要です。

薬剤師の志望動機では入社後の展望を正確に伝えよう

志望動機とは、なぜその企業や施設を選んだのか、その背景にある具体的な理由を述べるものです。具体的なエピソードや経験を交えることで、採用担当者に自分の思いを伝えられます

さらに、企業の強みや理念に共感する点や、自分がその企業でどのように貢献できるかを具体的に示すことで、他の応募者との差別化を図れるでしょう。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部