HOME > 就活マガジン記事 > 面接でカーディガンは着ていいの?就活でできる防寒対策も紹介

面接でカーディガンは着ていいの?就活でできる防寒対策も紹介

寒い季節になると、就活生の中には面接の際にカーディガンを着ることを考える方もいるでしょう。しかし、実は面接ではカーディガンの着用はあまりおすすめできません。

ここでは、面接でカーディガン着ることを避けるべき理由と、着ない場合の寒さ対策について解説します。

面接でカーディガンの着るのは控えるべき

面接や企業説明会など、重要な場面ではスーツの下にカーディガンを着用することは控えるべきでしょう。

カーディガンはスーツと比べてカジュアルなアイテムであり、ビジネスシーンにふさわしくない場合があるからです。

就活では、第一印象が非常に大切であるため、面接ではカーディガンの着用は慎重になってください。

面接でカーディガンの着ない方が良い理由2つ

なぜ面接ではカーディガンの着用が相応しくないのでしょうか?その理由を2つ紹介します

  1. ビジネスシーンにあっていない
  2. やる気不足と誤解される可能性がある

①ビジネスシーンにあっていない

カーディガンは日常的なファッションアイテムとしては人気ですが、ビジネスシーンでは控えるべきです

特に、就活ではスーツが基本であり、その中でカーディガンは浮いてしまい、ビジネスマナーに反してしまいます。

②やる気がないと思われる可能性がある

もうひとつの理由は、カーディガンの着ることで、面接官から「入社の意欲が本当にあるのか?」という疑念を抱かれる可能性があることです。

前述したように、カーディガンはカジュアルな印象のため、面接では不適切であり、面接官はその服装を見て、「本気でここを受けに来ていないな」と感じてしまうかもしれません。

そのため、カーディガンを着てしまうことで、「この就活生はやる気がない」と誤解されたり、面接に対する意識が低いと見られるリスクがあります。

カーディガンを着ないで防寒対策をする方法3選

就活中は、外の寒さだけでなく、室内の空調にも注意が必要です。

ここでは、寒い時期の面接におすすめの3つの防寒対策を紹介します。

  1. カイロを見えない場所に貼る
  2. 肌着を工夫する
  3. 待機時間は防寒具を着ける

①カイロを見えない場所に貼る

効果的な寒さ対策として、「貼るカイロ」があります。

低温やけどを防止するため、カイロは直接肌に貼らずに、インナーやシャツの上から貼るようにしてください。特に、腰周りや下腹部に横向きで貼ると、体全体が温まりますよ。

外出する際は、マフラーの内側にカイロを貼り、首の後ろに当てるのもおすすめです。

②肌着を工夫する

寒い時期にあった肌着を選ぶことも重要です。裏起毛の肌着を選んだり、重ね着をすることで、寒さをしのげます。

Yシャツの下には、透けにくい色(白やベージュ、ライトグレーなど)のインナーがおすすめです。

また、袖からインナーが見えないように、半袖や7分袖のものを選ぶと良いでしょう。女性の場合、襟元からインナーが見えないVネックタイプを選ぶことで、よりスマートに見えます。

③待機時間は防寒具を着ける

面接や説明会の待機時間には、手袋やマフラーなどの防寒具を身につけられます。待機中は、防寒具を多く身につけても問題ありませんが、派手すぎないように気をつけましょう。

ただし、企業や会場に入る際には、防寒具を外し、バッグに収納することがマナーです。

極寒の時期にはスーツに合うようなデザインのコートも着て良いですが、会社の中では着用を控えるようにしましょう。

私服指定の面接ではカーディガンを着てもOK

私服指定の面接の場合はカーディガンを着ても問題ありません

スーツ指定や特に服装の指定がない場合は、リクルートスーツが基本です。その際には、カーディガンは着ないでください。

一方、私服指定の面接ではオフィスカジュアルが一般的なので、カーディガンの着用も問題ありません。

ただし、指定を問わず、派手な柄やカラーのカーディガンは避けてくださいね

就活での防寒具の選び方

ここでは、就活で着る防寒具を選ぶ際のポイントを紹介します。

  1. 落ち着いた色でシンプルなデザイン
  2. ハイブランドを避ける

①落ち着いた色でシンプルなデザイン

就活中は第一印象が重要であるため、防寒具も派手すぎない色を選ぶようにしましょう

例えば、コートを選ぶ際、男性はブラックやネイビー、女性はその2つ+ベージュなどの落ち着いたアースカラーが適しています。また、シンプルなデザインにしましょう。

②ハイブランドを避ける

就活中は、高価なブランドのアイテムを身につけるのは避けた方が良いです。

また、採用担当者がそのブランドを良く思っていない場合、選考で不利になるかもしれません。防寒具を選ぶ際は、手頃な価格のものを選ぶことで、余計な問題を避けられます。

面接ではカーディガンの着ないで別のやり方で防寒をしよう

面接では、カーディガンを着るのは基本的にNGです。寒い場合は、服の下にカイロを貼ったり、暖かい肌着を着るなどの工夫をしましょう。

ただし、私服指定の面接の場合、カーディガンの着用は問題ないですが、派手な色や柄のものは避けましょう。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部