HOME > 就活マガジン記事 > 教員になりたい理由が思いつかない!考え方・例文などを徹底解説

教員になりたい理由が思いつかない!考え方・例文などを徹底解説

「教員になりたいけど、納得できる理由が思いつかない…」教員に興味はあるものの、理由が思いつかずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

本記事では、教員になりたい理由の考え方・例文などを徹底解説します。伝え方のポイントまで紹介するので、ぜひ参考にしてください。

教員になりたい理由の考え方とは

ではまず、教員になりたい理由が思いつかない方に向けて、考え方のポイントを3つ紹介します。

  1. 幼少期にきっかけがないか考える
  2. 教育問題への関心を示す
  3. 教員として活かせる自身の強みを考える

①幼少期にきっかけがないか考える

教員を目指す皆さんは、志望動機を書く際に幼少期の原体験を取り入れると良いでしょう。子供のころの体験が、教員を志すきっかけとなった場合は、ぜひ盛り込んでください。

原体験を語ることで、なぜ教員を目指すようになったのか、その根底にある思いを伝えられます。志望者の多くが「子供の成長を支援したい」など一般的な理由を挙げがちですが、原体験は個性を際立たせる有効な手段になりますよ。

堅苦しい言い回しは避け、平易な言葉で具体的な体験を書くようにしましょう。読み手に伝わりやすい表現を心がければ、志望動機に深みと説得力が加わります。語尾の使い分けにも気を付け、文章の自然な流れを大切にしましょう。

②教育問題への関心を示す

教師には、単に仕事をこなすだけでなく、常に教育について深く考え抜く姿勢が求められます。日本や地域の教育課題を調べ上げ、建設的な意見を述べることが重要なのです。

ただ授業を行うだけでは不十分で、子供たちにより良い教育を届けようとする強い熱意が必要不可欠です。堅苦しい言葉は避け、分かりやすい表現で自分の想いを伝えましょう。

教育への熱い想いと、常に現状を改善しようとする問題意識をアピールしていきましょう。

③教員として活かせる自身の強みを考える

教員を志す方は、自分の長所を授業でどう活かせるかを具体的に考え、それを志望動機に盛り込むことが大切。単に「数学が得意」「教育が好き」と書くだけでは不十分です。

採用担当者は、志望者の強みがどのように授業に生かされるのかを知りたがっています。語尾の使い分けにも気を配り、文章の自然な流れを大切にしましょう。そうすれば、志望動機により深みと説得力が加わるはずです。

教育に対する熱い思いと、自分の強みをどう活かすかという問題意識が伝わる志望動機を目指しましょう。人となりが伝わる丁寧な文章が何より重要なのです。

教員になりたい理由をアピールする方法3つ

続いて、教員になりたい理由をアピールする方法を3つ紹介します。ただ教員になりたい理由を伝えるだけでは周囲と差がつかないため、以下のアピール方法をぜひ実践してみてください。

  1. 教員になりたい理由を明確に伝える
  2. 教員を目指した具体的なきっかけを述べる
  3. 教員としてどんなキャリアを目指すか考える

①教員になりたい理由を明確に伝える

志望動機を書く上で最も大切なのは、教員を目指す理由を明確に伝えることです。教員という仕事のどの部分に魅力を感じ、その仕事に惹かれるのかをストレートに示しましょう。

教員は厳しい職業といわれています。そのため、志望動機には教壇に立ち続ける強い決意が込められていることが重要です。「生徒の成長を側面から支えたい」「自らも学び続けられる職に惹かれている」など、単なる思いつきではないしっかりとした理由を伝えましょう。

②教員を目指した具体的なきっかけを述べる

教員を志すなら、教員を目指した具体的なきっかけを織り交ぜることで、採用担当者にも教職への想いが伝わりやすくなります

例えば、ある児童との触れ合いがきっかけで「教育の現場で働きたい」と思うようになった経緯など、モチベーションの源泉となったエピソードを盛り込むと説得力が増しますよ。

一方で制限文字数内に収める必要もあるため、エピソードは適度な長さに調整しましょう。堅苦しい言葉は避け、わかりやすい表現を心がけてください。語尾の使い分けによる文章の流れも注意しましょう。  

このようにエピソードを効果的に活用すれば、文字数の条件を満たしつつ、教員への熱い思いを力強く伝えられるはずです。

③教員としてどんなキャリアを目指すか考える

教員を志す理由は、採用された際にどのように教育現場で活躍していくのかを具体的に伝えることが重要です。

例えば「生徒一人ひとりの個性を大切にしながら、わかりやすい授業を心がける」「最新の教育手法を積極的に取り入れ、授業の質を高めていく」など、あなたなりの教育方針や熱意ある姿勢を示しましょう。

そうすれば、学校側も採用した際の貢献度を想像しやすくなります。また、就職の意思が強いことも伝わり、信頼も高まるでしょう。多くの学生が一般企業と並行して受験しているため、こうした点は大きな差別化ポイントになりますよ。

周囲と差別化した教員になりたい理由を伝える方法

続いては、教員になりたい理由を、周囲と差別化してアピール方法を3つ紹介します。

  1. なぜ教員になりたいのかを明確にする
  2. なぜその区分で教員になりたいのかを明確にする
  3. 教員として発揮できる自身の強みをアピールする

①なぜ教員になりたいのかを明確にする

教員を目指す上で最も重要なことは、なぜその職に就きたいのかを明確に示すこと。「教師は大変な仕事だと言われているにもかかわらず、なぜそれを選んだのか」という問いが必ずなされるからです。

教職は他の職種に比べても特に過酷であると考えられています。だからこそ、面接官から「なぜわざわざ教員を志したのですか?」と問われる可能性も十分にありますよ。

そうした意地の悪い質問にも、胸を張って答えられるような強い思いと熱意を持つ必要があります。理由をしっかりと説明し、誰が聞いても「なるほど」と納得してもらえる志望動機を用意しておきましょう。

②なぜその区分で教員になりたいのかを明確にする

教員採用試験では、志望する学校区分を選んだ理由を問われることが多くあります。小学校から高校、さらには特別支援学校など、数ある選択肢の中からなぜその区分を志望したのかを確実に説明できるよう備えましょう。

例えば高校教員を志望する場合、「生徒一人ひとりの個性を尊重し、人格形成の手助けがしたい」「教科指導を通して、社会に出る前の大切な時期に寄り添いたい」など、高校生に携わる意義を具体的に述べるといった具合です。

志望区分を選んだ理由を明確に示せることで、真剣に教職を志していることが伝わりますよ。

③教員として発揮できる自身の強みをアピールする

教員採用では、自分の長所や発揮できる力を具体的にアピールすることが大切。それにより、採用側も「この人なら現場で確実に活躍してくれる」と確信を持つことができるからです。

単に「教員になりたい」と願望を述べるだけでは不十分になります。例えば「児童生徒一人ひとりに寄り添う思いやりの心を発揮する」「教科の専門知識を活かし、分かりやすい授業を心がける」など、自身の強みをしっかりと説明しましょう

そうすれば、採用後に本当に職場に就いてくれるかどうかの不安も解消されます。大手企業に受かり辞退する、といったこともなくなるでしょう。自分の教員像を具体的に示すことで、雇用側の期待に応えられるとアピールできます。

教員になりたい理由を伝える例文3選

ではここで、教員になりたい理由を伝えた例文を3つ紹介します。採用担当者に好印象を与えられるコツも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

  1. 子どもの成長を支えたい
  2. 個人に合った指導をしたい
  3. 子どもの可能性を信じる教員になりたい

例文①子どもの成長を支えたい

教員になりたい理由は、ボランティア活動を通じて子どもたちの成長を支える喜びを知ったからです。
大学時代、読書が苦手な子どもたちに本の楽しさを伝える活動に参加しました。最初は本を避ける子もいましたが、簡単な言葉で書かれた物語を読むうちに、徐々に興味を持ち始めました。彼らの目が輝く瞬間は、私にとってかけがえのない経験となりました。
この経験を活かし、教師として子どもたち一人ひとりの可能性を信じ、それぞれのペースで学べる環境を作りたいです。また、読書を通じて豊かな感性を育むことも大切にしていきます。
入社後は、このような教育理念を校風に合わせて展開し、子どもたちの未来に貢献したいと考えています。教育は未来を創る仕事です。私はその使命を全うするために、最善を尽くします。

上記の例文は、ボランティア活動を通じて得た経験を伝え、子どもの成長を支える喜びを知ったことをアピールしています。採用後も信念を貫くと伝えているため、期待されるでしょう。

例文②個人に合った指導をしたい

教員を目指すきっかけは、大学のサークル活動でした。
私たちのサークルは、地域の子どもたちに学ぶ楽しさを伝える活動をしています。ある日、算数が苦手な小学生に、簡単なゲームを使って勉強を教えました。最初は戸惑いながらも、次第に笑顔で問題を解くようになりました。その子の変化を見て、教えることの喜びを感じました。
入社後は、この経験を生かして、生徒一人ひとりに合った指導を心がけます。また、学ぶことの面白さを伝え、生徒が自ら学ぶ力を育てることも大切にします。教育は未来を形作る重要な仕事です。私はその責任を果たすために、全力を尽くしたいと思います。教員として、子どもたちの成長を支えていくことが私の夢です。

上記の例文は、大学のサークル活動がきっかけで教員を目指している方の理由です。ひとりひとりに合った教育をすることを大切さを学び、その学びを採用後に活かしたいと伝えていますよ。

例文③子どもの可能性を信じる教員になりたい

教員になりたいと思ったのは、長期インターンシップでの経験が大きな理由です。
私は地元の小学校でインターンとして、授業の準備や子どもたちのサポートを行いました。特に印象的だったのは、ある授業で「自分の夢」について話し合ったことです。多くの子どもたちが将来の夢を持っていましたが、中には自信を持てずにいる子もいました。そんな子に寄り添い、一緒に夢を考える時間を持つことで、少しずつ前向きな姿勢を見せるようになりました。
この経験から、教員として子どもたちの夢を大切にし、一人ひとりが自分の可能性を信じられるような支援をしていきたいです。入社後は、インターンシップで学んだことを活かし、生徒の個性を伸ばす教育を実践します。教育は未来をつくる仕事です。私はその責任を果たすため、全力を尽くす所存です。教員として、子どもたちの成長を見守り、支えていくことが私の目標です。

上記の例文は、長期インターンシップが聞かっけで教員を目指している方の理由です。子どもの将来を真摯に考えた教員になりたいという志望理由は、真剣な姿勢を示せるため好印象でしょう。

教員になりたい理由を述べる際に気をつけること

では最後に、教員になりたい理由を述べる際に気をつける点を2つ紹介します。志望理由を書く前にしっかりチェックしましょう。

  1. 待遇を志望理由にするのは控える
  2. 「子ども好き」だけでは周囲と差がつかない

①待遇を志望理由にするのは控える

教師を目指す際、待遇を主な理由にすることは避けた方が良いでしょう。そうすると、仕事への意欲が低いと見られかねません。

教師という仕事は、時として厳しい環境で自己犠牲が求められることもあります。それは、生徒や学校の状況に大きく影響されるからです。

それでも、特別支援学校では夏休みに20日以上の長期休暇を取得できます。待遇を重視する方は、この点を参考にしてみてください。しかし、教師としての本質的な喜びは、待遇以上のものがあると思っておいてくださいね。

②「子ども好き」だけでは周囲と差がつかない

教員を志す多くの人が子どもを心から愛しています。そのため、「子どもが好き」という理由だけでは、他の学生との差別化が難しくなりますよ。重要なのは、この情熱をどのように教育現場で生かすかを明確にすることです。

子どもへの愛情を具体的な教員としてのキャリアに変えることで、教員としての価値を高め、採用担当者に強い印象を残せますよ。

教員になりたい理由をはっきりさせて志望理由を作ろう

本記事では、教員になりたい理由の考え方・志望動機などを紹介しました。教員になりたい理由をはっきりさせて自分なりの志望理由を作成しましょう。

単に「子どもが好き」という理由では周囲と被ってしまい、埋もれてしまうことも。幼少期からの経験を振り返り、自分なりの教員を目指したいと思ったきっかけを探してみましょう。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部