HOME > 就活マガジン記事 > 就活のコートはトレンチ以外で大丈夫!選び方・おすすめコートを紹介

就活のコートはトレンチ以外で大丈夫!選び方・おすすめコートを紹介

「トレンチコートを持っていないけど他のコートでもいいのかな?」と不安を抱えている方もいるのではないでしょうか。結論、就活ではトレンチコート以外の着用は問題ありません

本記事では、就活で使うトレンチコート以外のコート・選び方などを紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

就活用のコートはトレンチコート以外でもOK

就活でのコートは、トレンチコートに限定されるわけではありません。マナーを守ることができれば、他の種類のコートでも問題なく、印象を損ねることはないでしょう。

もし既に代替のコートを持っている場合は、新たにトレンチコートを購入する必要はありません。

しかし、トレンチコートは就職活動において一般的で、カジュアルからフォーマルまで幅広く活用できるため、特にこだわりがなければトレンチコートがおすすめですよ。

就活でトレンチ以外のコートを着たい!選び方を4つ紹介

ではここで、トレンチコート以外を着用したい場合のコートの選び方を4つ紹介します。就活の場に適したコートを選ぶため、しっかり選び方を把握しましょう。

  1. 黒・紺・ベージュカラーがおすすめ
  2. 無地でシンプルなコートを選ぶ
  3. ライナー加工付きで機能を重視
  4. 丈は長めを選択する

➀黒・紺・ベージュカラーがおすすめ

就職活動におけるコートの色選びは、黒、紺、ベージュが基本です。スーツと調和する落ち着いた色味が望ましいでしょう。

ボタンやベルトなどの小物と色を合わせることも大切です。装飾が異なる色だと、カジュアルな印象を与えかねません。

全体が同じ色系で統一されたコートを選ぶと、整った印象を与えられますよ。

②無地でシンプルなコートを選ぶ

就活では、無地のコートを選ぶことがおすすめです。無地は就活の場に適した印象を与え、カジュアルすぎず最適でしょう。

確かに、スーツと色が合うチェック柄やストライプ柄のコートもありますが、ビジネスシーンでは控えめなスタイルが好まれます。柄入りのコートは、たとえ色が落ち着いていても、就職活動にはあまり適していません。

➂ライナー加工付きで機能を重視

春や冬の寒暖差に対応できるライナー付きのコートは、機能性を重視する方に最適。ライナーとは、取り外し可能な内側の裏地のことで、気温の変化に合わせて調節可能です。

就活では、季節が変わる中での活動が多いため、ライナー付きのコートは一着あると非常に便利ですよ。また、季節ごとに異なるコートを購入する必要がなく、経済的です。

➃丈は長めを選択する

就活でコートを選ぶ際は、スーツのジャケットをしっかり覆う丈が望ましいです。短すぎる丈はカジュアルな印象を与えがちなので、避けた方が無難ですよ。

一方で、あまりに長すぎると不適切とされるため、腿から膝の長さが理想的です。男女問わず、きちんとした印象を保ちながら動きやすさも確保できます。

【トレンチコート以外】おすすめなコートを2つ紹介

ではここで、トレンチコート以外におすすめなコートを2つ紹介します。何を選ぶか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

  1. ステンカラーコート
  2. チェスターコート
  3. ダッフルコートは選ばない

➀ステンカラーコート

就活では、スタイリッシュで実用的なステンカラーコートがおすすめです。立て襟が特徴で、スーツにも自然に馴染みます。

シンプルで直線的なデザインが整った印象を強調しますよ。トレンチコートよりも軽い素材で作られていることが多く、春や秋に最適です。

冬場は少し物足りないかもしれませんが、それでも長期間活躍するアイテムになります。

②チェスターコート

就活において、寒い季節に適したアウターとしてチェスターコートもおすすめです。このコートは深い襟が特徴で、ロングコートの形状がエレガントな印象を与えます。

テーラードジャケットのようなデザインで、シンプルなものならば就活にもふさわしいでしょう。特に防寒性が高いため、冬場の就職活動にはこのタイプのコートが大変役立ちますよ。

➂ダッフルコートは選ばない

就活では、ダッフルコートは避けるべきです。カジュアルな印象が強いため、ビジネスシーンにはあまり適していません。

色やデザインがシンプルなものであっても、ダッフルコートはやはりカジュアルな服装と見なされがち。さらに、ダッフルコートは体積が大きく、面接の際には持ち運びに不便を感じることもあります。

そのため、よりフォーマルな印象を与えるコートを選ぶことをおすすめしますよ。

受ける職種・企業によってはトレンチコートが良い

トレンチコート以外の選択も問題ないことが多いですが、公務員や銀行員などの職種では、トレンチコートが望ましいでしょう。

これらの職種では、服装だけでなく細かなマナーや振る舞いも重視されます。トレンチコートはマナー違反ではありませんが、他のスタイルを選ぶと周囲との調和を欠く可能性も。

トレンチコート以外を選ぶかどうか、自分が受ける職種を考え慎重に選びましょう。

就活でトレンチ以外を選ぶなら慎重に選択しよう

就活では、トレンチコートだけでなく他のスタイルのコートも選択肢に入ります。ただし、ビジネスシーンにふさわしい無地で、落ち着いた色合いのものを選ぶことが大切です。

就活の場にふさわしいコートを選べるよう、マナーを守るよう心がけましょう。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部