HOME > 就活マガジン記事 > 面接で平服指定されたら?平服の意味・理由・選ぶ際の注意点を紹介

面接で平服指定されたら?平服の意味・理由・選ぶ際の注意点を紹介

就活では、面接で平服を指定されることがあります。しかし、そもそも平服の意味を知らない・どんな理由があるのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、平服の意味・平服指定される理由・選び方などを紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

面接で指定される「平服」の意味とは

平服とは、かしこまらなくても良い服装のこと。しかし、面接時に「平服」指定されたら、普段着を選ぶのではなく、その会社の業界や文化に合わせた服装を心がけましょう。

金融や公務員のような業界では、シックな色合いのスーツや清潔感のある白いシャツが求められます。

一方、アパレルやデザインの分野では、流行を取り入れたスタイリッシュな装いが好まれることが多くなりますよ。企業が望む人材像を踏まえ、それぞれに適した服装選びが大切です。

面接で平服を指示される理由を3つ紹介

続いて、面接で平服を指示される理由を3つ紹介します。

  1. カジュアルな服装で仕事をする雰囲気だから
  2. 緊張せず面接に挑んでほしいため
  3. マナーがあるか知りたいため

①カジュアルな服装で仕事をする雰囲気だから

面接で「平服で」との指示があれば、それはその会社がカジュアルな雰囲気を大切にしている証拠です。就活生が緊張せず、ありのままの自分を見せられるよう、堅苦しさは不要という考え方が根底にあります。

特に夏場など暑い時期は、スーツが負担になり得るため、就活生のことを思いやり、平服での参加を勧める企業も少なくありません。

②緊張せず面接に挑んでほしいため

面接で「平服」指定する理由として、就活生に緊張せず参加してもらいたいためです。新卒生など経験の浅い方々には、スーツを着ること自体が緊張の原因になることもあります。

プレッシャーを和らげ、自分らしさを発揮してもらうために、平服での出席を求める企業が増えていますよ。

③マナーがあるか知りたいため

面接で「平服」の指示は、就活生のマナーやセンスを見極めるためにも用いられます。スーツではマナーが保たれやすいですが、平服指定にするとマナーを理解しているか確認できるためです。

着用している服装やアクセサリーから、就活生の判断力やセンスが試されるわけです。企業は平服指示を通じて、就活生の人間性やマナーを見ていますよ。

面接で平服を指定された場合に選ぶ服装とは

面接で平服を指定されたら、どのような服装を選択するのが良いのでしょうか。ここでは、平服指定された面接で選ぶ服装を紹介します。

  1. 服装がわからなかったらスーツ
  2. 業界にマッチする服装を選ぶ

①服装がわからなかったらスーツ

面接における「平服」とは、企業が望む服装を意味します。一般的には、私服を指すこの言葉ですが、面接ではリクルートスーツを選ぶと間違いはありません

もし服装選びに迷ったり、自分の持っている服が派手すぎると感じたりした場合は、リクルートスーツを選ぶことをおすすめします。

②業界にマッチする服装を選ぶ

面接における平服の選択は、業界ごとに望まれるスタイルが異なります。ファッション関連の職種では、最新のトレンドを取り入れたコーディネートが好まれるでしょう。

一方で、公務員や金融、製薬業界などでは、信頼感を与える落ち着いた服装が求められます。志望する企業のイメージや業界の傾向をリサーチし、それに合った服装を心がけることが重要です。

【男性向け】面接で平服指定された場合の選び方

男性が面接における平服の選択で迷ったら、黒や紺、濃いグレーのような落ち着いた色味が無難です。派手な色合いや柄物は控えめにしましょう。

ジャケットとパンツは同じセットを選び、統一感を大切にすることが重要です。シャツは白や薄い色を基調とし、装飾の少ないシンプルなものが望ましいでしょう

髪型に関しては、清潔感があり、顔がはっきりと見えるスタイルを心がけてください。前髪で目が隠れないように整えることで、好印象を与えられます。

【女性向け】面接で平服指定された場合の選び方

面接における女性の服装選びでは、リクルートスーツ以外を選ぶ際にも、黒や紺、グレーといった落ち着いた色がおすすめ。ジャケットとスカート、パンツ、ワンピースはセットで統一感を持たせることが大事です。

シャツやブラウスは、白や淡色を選び、清潔感を重視しましょう。ヒールは低めを選び、快適さと整った印象を両立できますよ。

また、メイクは控えめにし、ブラウン系でナチュラルに仕上げてください。

面接で平服指定された際に気をつけること5つ

最後に、面接で平服指定された際に気をつけることを5つ紹介します。失礼な印象を与えないよう、しっかりチェックしてくださいね。

  1. アクセサリーは外すor控えめ
  2. サンダル・スニーカー・ブーツは控える
  3. 派手な柄・デザインは控える
  4. スカート・ズボンの丈に注意する
  5. デニム・サテン素材は控える

①アクセサリーは外すor控えめ

面接では、アクセサリーは控えめにするか、身につけない方が賢明です。個性を表現するアイテムではありますが、大きなピアスや目立つネックレスは避けた方が無難ですよ。

面接官の印象を良くするためにも、シンプルな装飾を心がけることが大切です。

②サンダル・スニーカー・ブーツは控える

面接では、サンダルやスニーカーはカジュアル過ぎると見なされがちです。ブーツも状況によってはふさわしくないことがあります。

そのため、革靴やパンプスのような正装に相応しい靴を選びましょう。相手に対する誠実さを伝えられますよ。

また、靴はいつも清潔に保ち、ピカピカに磨いておくことが大切です。適切な靴選びによって、面接官に良い第一印象を与えられます。

③派手な柄・デザインは控える

面接では、派手な柄やデザインは避け、面接官の集中を自分の話に向けるためにも、シンプルで品のある服装を心がけましょう

過度なファッションは、プロフェッショナルな態度に疑念を抱かせかねません。落ち着いた色の服を選ぶことで、面接官はあなたの言葉に耳を傾けやすくなります。

④スカート・ズボンの丈に注意する

面接の際、女性はスカートの丈に注意しましょう。膝を覆う長さが望ましくなります。短すぎると不適切な印象を与えかねません。

男性はズボンの丈が重要で、裾が地面につかないよう、靴の上部を覆う程度にすると良いでしょう。適切な服装の丈は整った印象を与え、面接官の評価にも繋がります。

⑤デニム・サテン素材は控える

面接において、デニムやサテンのようなカジュアルや華やかな素材は、就活の場には不向きです。日常遣いには魅力的ですが、面接では控えめなスタイルが求められるため、避けた方が良いでしょう。

シンプルで落ち着いた素材を選ぶことで、誠実さをアピールできます。適切な素材選びは、面接官に良い印象を与えるための重要なポイントです。

面接での平服を選ぶ際は就活の場にふさわしい服装で

面接に臨む際は、就活の場に適した服装が求められます。自身の個性とマナーのバランスを取りながら、業界に合わせた装いを選びましょう。

また、日常使いに適したデニム・サテン素材は着用を控え、なるべく落ち着いたカラーでオフィスカジュアルを意識してコーデを組みましょう。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部