HOME > 就活マガジン記事 > 「御中」の書き方を解説|「行・係・宛」の消し方や注意点も解説

「御中」の書き方を解説|「行・係・宛」の消し方や注意点も解説

就活を進めていく中で、企業への書類の送付を行う機会があります。しかしその際、書類の宛名欄の書き方が分からず、困っている学生も多いのではないでしょうか。

特に「御中」の書き方については、注意が必要です。この記事では、「御中」を使う際のマナーや書き方のポイントについて詳しく解説します。

「御中」の正しい使い方を理解し、企業に失礼のないように書類を送付してくださいね。

「御中」の正しい意味を解説

就活では企業への書類送付の際、宛名に「御中」と記載することがあります。「御中」とは、個人名に付ける「様」と同じように敬意を表す言葉です。

しかし、「御中」は組織や団体宛ての郵便物で使う言葉であり、個人名には付けません。

具体的には、その「組織や団体に所属する特定の人物ではない誰か」に宛てるときに「御中」を使うのが正しい用法なのです。

「御中」を使う際の基本を解説

企業から貰う返信用の封筒やはがきには、事前に印刷された宛名欄に「行」「係」「宛」と書かれている場合があります。

この場合は、修正テープやペンで上から直接消すのは避け、二重線で既存の文字を消して「御中」と書き換えるのがマナーです。

また、二重線で消して書き換える、このルールは縦書きでも横書きでも変わりません。字の向きに関係なく、この方法が正しいマナーとされているのです。

状況別|「行・係・宛」を消して御中を書く方法

ここでは、「行・係・宛」を消して御中を書く方法を状況別に解説します。

  1. 横書きの場合
  2. 縦書きの場合

自身の書類の状況に応じて、書き方を身につけましょう。

①横書きの場合

横書きの返信用封筒やはがきで宛名を修正する際は、まず「行・係・宛」と書かれている部分を、横の二重線でしっかりと消しましょう

離れた場所に「御中」を書いてしまうと読みにくくなってしまうため二重線の右横、つまり封筒の宛名欄の右側に「御中」と記入するのがルールです。

また「御中」と「様」を同時に併記してはいけません。そのため、個人名が既に記載されている場合は、「御中」ではなく敬称の「様」を使ってくださいね。

②縦書きの場合

返信用封筒やはがきが縦書きの場合は、まずは「行・係・宛」と書かれた部分を、縦の二重線で確実に消しましょう

そして「御中」は、その二重線の左側か、余白に余裕があれば下の方に書きましょう

横書き同様、二重線から離れた場所に「御中」を書いてしまうと読みづらくなるため、近くに書くことが重要です。

また縦書きの場合も、「御中」と「様」の併用は避け、個人名が記載されていれば敬称の「様」を使いましょう。

「行・係・宛」を消して「御中」を書く際のマナー2つ

ここでは、「行・係・宛」を「御中」に置き換える時のマナーを解説します。

  1. 「行・係・宛」を消してから「御中」を書く
  2. 必ず二重線で消す

上記の2つのポイントを押さえてマナーを守って置き換えましょう。

①「行・係・宛」を消してから「御中」を書く

返信用の封筒やはがきの宛名に「行」「係」「宛」と記載されている場合は、必ずそれらを二重線で消してから「御中」を書かなければなりません

消し忘れがあれば、基本的なビジネスマナーを理解していない就活生だと受け取られかねません

そのため企業に送り返す前に、きちんと消されているか確認しましょう。

②必ず二重線で消す

返信用の封筒やはがきの宛名に書かれた「行・係・宛」を消す際は、ペンを使って二重線で消すのがマナーです。

何重にも線を重ねると汚くなってしまうので、必ず二重線にしましょう。

また、「行・係・宛」を修正テープや修正ペンを使って上から消すと、企業に失礼な印象を与えかねないので注意してください。

「行・係・宛」を消して「御中」を書く時の注意点2つ

ここでは、「行・係・宛」を「御中」に置き換える時の注意点を解説します。

  1. 「御中」を個人名に使うのはNG
  2. 「御中」と「様」の併用はNG

上記の2つの注意点を押さえて、「御中」に置き換えましょう。

①「御中」を個人名に使うのはNG

「御中」は、個人を特定しない組織や団体宛ての場合にのみ使えます。反対に、特定の個人に宛てる際は敬称の「様」を使わなければなりません。

例えば、人事部全体に送る場合は「人事部御中」となりますが、人事部の担当者個人に送る場合は「人事部○○(担当者名)様」と表記するのが正しい使い方です。

送付先をよく確認し、きちんと「御中」と「様」を使い分けましょう

②「御中」と「様」の併用はNG

「御中」と「様」を同時に使ってしまうと二重敬語となり、マナー違反になってしまいます。

また正しい敬語の使い分けができていないと、企業にマイナスな印象を与えかねません。

敬語は適切な使い方をしなければ、かえって逆効果になりますので、「御中」は「様」と併用して使わないように気を付けましょう。

「御中」の書き方を覚え「行・係・宛」を正しく消そう

就活を始める前は、「御中」を使う機会が少なく、その正しい使い方に戸惑う学生が多いでしょう。しかし「御中」の書き方は、1度覚えてしまえば簡単です。

基本的には、「行・係・宛」の文字を二重線で消し、その横あるいは下に「御中」と記入しましょう

本記事を参考に「御中」の書き方を覚え、企業に失礼のないように書類を送付してくださいね。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部