HOME > 就活マガジン記事 > インターンに参加する際の適切な髪色を紹介|髪色の変え方も解説

インターンに参加する際の適切な髪色を紹介|髪色の変え方も解説

インターンに参加する際は、学生としてではなく企業の一員として扱われるため、身だしなみに気を遣うことは大切です。しかし、「髪は何色にすれば良いの?」「髪色を変えたいけど方法が分からない」などと悩んでいる方もいるでしょう。

そこで本記事では、インターンに参加する際の適切な髪色を紹介します。業界ごとの規定や髪色の変え方も解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

インターンでの髪色の規定は企業によって異なる

インターンシップに参加する際の髪色については、企業ごとにルールが異なります。一般的な企業では「常識の範囲内」といった曖昧な基準しか設けていない場合が多いです。

しかし、企業文化や社風によって、許容される髪色の範囲は大きく変わってくるため、インターン先の雰囲気に合わせることが求められます。

そのため、はっきりとした基準がない場合は、事前に企業のホームページなどで情報を収集し、企業がどのような髪色を期待しているのかを正しく理解しましょう。

一方、日本ヘアカラー協会の「JHCAレベルスケール」を基準とする企業の場合は、規定通りに従うことが大切ですよ。

【男女別】インターンで適切な髪色を紹介

ここでは、インターンで適切な髪色を男女別に紹介します。

  1. 女性の場合|適切な髪色
  2. 男性の場合|適切な髪色

それぞれに適切な髪色を理解して、自身の髪色と比べてみましょう。

女性の場合|適切な髪色

インターン中の女性の髪色については、地毛の色や、ややトーンダウンした茶色などの落ち着いた髪色がおすすめです。

落ち着いた髪色なら、清潔な印象や、上品で落ち着いた雰囲気を演出できるため、インターン先の社員からも好感を持たれやすいでしょう。

一方で、あまりに明るい髪色は企業にマイナスな印象を与えかねませんので、避けてくださいね。

男性の場合|適切な髪色

男性の場合、インターン期間中の髪色は黒か地毛の色がベストです。このような髪色なら、清潔で真面目な印象を与えられますよ。

一方で、明るすぎる髪色は避けましょう。注目を浴びすぎてかえってマイナスな印象を与えてしまう恐れがあるためです。

また、インターン中に周囲から明るい印象を受けるためにも、表情がよく見える短髪の髪型がおすすめですよ。

インターンで派手な髪色を避けるべき理由2つ

ここでは、インターンで派手な髪色を避けるべき理由を解説します。

  1. 企業への理解が浅いと思われる
  2. 志望度が低いと判断される

インターンに参加する前に、上記の2点の理由をしっかりと理解しましょう。

①企業への理解が浅いと思われる

インターンに派手な髪色で参加してしまうと、企業への理解が浅いとみなされるリスクがあります

また、企業の雰囲気を無視した髪色にしてしまえば、取引先や顧客に不快な印象を与えてしまうかもしれません。

そのため、髪色に一定の基準を設けている企業にインターンを希望する場合は、事前に念入りな下調べをしてくださいね。

②志望度が低いと判断される

インターンでは、髪色が企業に対する志望度の判断材料になる可能性があります

あまりにも派手な髪色や、企業の雰囲気から外れた髪色を選んでしまうと、遊び感覚でインターンに臨んでいる印象を与えかねません。

本採用へと繋がるかもしれないインターンにおいて、志望度が低いと判断されないためにも、髪色には細心の注意を払ってくださいね。

【業界別】インターンに適した髪色を解説

ここでは、業界別にインターンに適した髪色を解説します。

  1. 銀行・医療業界に適した髪色
  2. アパレル・IT業界に適した髪色

上記の業界を志望している方は、ぜひ参考にしてみてください。

①銀行・医療業界に適した髪色

銀行や医療機関などでは、落ち着いた身だしなみが何より重視されています

そのため、こうした業界では髪型や服装、さらには髪色にまで厳しい基準が設けられている企業が多数存在します。

つまり、銀行や医療関係の企業でインターンを控えている場合は、過度に目立つ髪色はマイナスの評価を下されかねませんので避けた方が良いでしょう。

②アパレル・IT業界に適した髪色

アパレルやIT業界は、ファッションセンスやトレンド感覚が重視される業界です。そのため、社員の髪色に関する自由度が比較的高い傾向にあります。

特にアパレル業界では、従業員の髪色をファッションの一部と捉える人が少なくありません。IT業界においても、技術力が重視される職場が多いため、比較的ラフなスタイルが許容されやすくなっています。

またアパレル・IT業界は、比較的新しく設立された企業が多いため、従業員の個性を尊重する観点から、髪色に対する規制を設けずに寛容な姿勢を示す企業が多いのです。

髪色に悩んだらまずは企業分析をしよう

企業や業界によって、髪色に対する考え方は様々です。しかし、インターンとして参加する学生に求められる基準は、実際に社員として勤務する人とは異なる場合があります。

社員には自由な髪色を認めていたとしても、それがインターン生にも当てはまるわけではありません。

インターン中に求められるのは、社会人としての常識です。そのため、髪色の判断に迷ったら、まずはインターン先の企業を事前に分析して、企業の雰囲気に合った髪色を選んでくださいね。

インターンで髪色を変える際の方法3つ

ここでは、インターンに参加する際、髪色を変えるための方法を解説します。

  1. 美容院で髪色を変える
  2. ヘアマニュキュアで髪色を変える
  3. 黒染めスプレーで髪色を変える

自分にあった方法を選んで、インターンに適した髪色に変えてみましょう。

①美容院で髪色を変える

髪色を変える際の最も一般的な方法は、美容院でのヘアカラーです。自宅で髪色を染める方法もありますが、安全性や仕上がりを考えると、プロの手に任せるのが安心でしょう。

また美容院でのヘアカラーは、色持ちも良く、2〜3か月は色を保つことができるので、長期インターンなどにも適していますよ。

ただし、他の方法に比べて費用がかかる点がデメリットと言えるでしょう。

②ヘアマニュキュアで髪色を変える

ヘアマニキュアを使えば、手軽に髪色を変えられます。美容院でのヘアカラーは髪のメラニン色素を脱色して染色するのに対し、ヘアマニキュアは髪の表面に作用し、内側には浸透しません。

そのため、ヘアマニュキュアは髪にダメージを与える心配が無く、再び髪色を変えることも容易です。

ただし、色持ちが1〜2週間と短いため、長期インターンには向いていないと言えるでしょう。

③黒染めスプレーで髪色を変える

1dayインターンや就活のイベントがあり、髪色を一時的に変えたい場合、ヘアスプレーが便利です。

黒染めスプレーは、染料を直接髪にスプレーすることで、簡単に髪色を変えられますよ。

ただしスプレーをする際、襟や首などが汚れやすいのがデメリットと言えるでしょう。また、スプレーなので髪が固まりやすく、不自然な印象になる可能性があるため、注意してくださいね。

インターンの髪色は事前に規定を確認しよう

インターン期間中は、髪色をはじめとした身だしなみに気を配ることが重要です。

インターンに好ましいとされる髪色は、企業や業界によって異なりますが、社会人としての意識を持つことがなにより大切ですよ。

まずはインターン先の規定を事前にしっかりと確認して、各企業や業界に適した髪色を選択してくださいね。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部