HOME > 就活マガジン記事 > 面接での女性用スーツのボタンのマナーを解説|男性との違いも紹介

面接での女性用スーツのボタンのマナーを解説|男性との違いも紹介

面接に臨む際、女性もスーツを着用することが求められます。スーツを着こなす上で、ボタンを全て留めるべきか、少し開けておくべきかで悩む女性も少なくありません

そこで本記事では、面接における女性用スーツのボタンに関するマナーを解説します。本記事を参考に、しっかりとスーツを着こなして面接に臨んでくださいね。

女性は面接時スーツのボタンを全て閉めよう

面接で好印象を与えるためには、女性用スーツのボタンは全て閉めましょう。服装は第一印象を左右するため、適切な着こなし方をする必要があります。

特に以下の点や場面では、ボタンの留め具合に特に気を付けましょう

  1. ボタンの数に関わらず全て閉めよう
  2. 状況に関わらず全て閉めよう

①ボタンの数に関わらず全て閉めよう

面接において、女性用スーツのボタンは、数に関わらず全て閉めてください

男性には「アンボタンマナー」というスーツの一番下のボタンを外す作法がありますが、女性用のスーツにはその習慣はありません。そのため女性用スーツはボタンを外すつくりになっていない場合が多いのです。

むしろボタンを外した状態で着用すると、面接官からだらしない印象を持たれかねませんので注意しましょう。

②状況に関わらず全て閉めよう

面接において、女性の場合はシーンを問わず、スーツのボタンは全て留めましょう

男性の場合、立っているときはジャケットの一番下のボタンを外す「アンボタンマナー」があります。しかし女性には、そういったルールはありません。

つまり女性は、面接の全シーンでスーツのボタンに手を加えることなく、しっかりと閉めた状態を保ちましょう

面接でスーツのボタン以外に気を付けるべき点2つ

面接ではスーツのボタンを全て留めておくことは重要ですが、それ以外にも印象を左右する要素があります。

適切な身だしなみで面接官に好印象を与えるには、以下の2点に気を付けましょう

  1. ブラウスのボタンは全て閉める
  2. ブラウスやスーツのしわを伸ばしておく

①ブラウスのボタンは全て閉める

面接に臨む際は、スーツのボタンと同様、ブラウスのボタンも全て閉めましょう

ブラウスの場合、1番上のボタンを外して着用する場合もありますが、面接では避けてください

ブラウスの1番上のボタンを外した状態では、面接官にだらしない印象を与えかねませんよ。

②ブラウスやスーツのしわを伸ばしておく

面接の身だしなみにおいて気を付けたいのが、スーツやブラウスのしわです。

スーツやブラウスはしわが目立ちやすい素材のため、少しのしわでも服がよれて見え、だらしない印象を与えかねません

そのため面接の前日までに、しっかりとアイロンをかけてしわを伸ばしておきましょう。さらにハンガーにかけておけば、面接直前までしわが付くのを防げますよ。

女性用スーツを着こなすためのコツ3選

女性用のスーツはその着こなし方次第で、面接官に与える印象が大きく変わってきます。

スーツを良さを最大限に活かして着こなすために、以下の3点を確認しましょう

  1. シャツは襟の形に合わせて選ぶ
  2. ややゆとりのあるサイズ感にする
  3. スーツのフラップは入れたままにする

①シャツは襟の形に合わせて選ぶ

インナーとなるシャツは、ジャケットの襟の形に合わせて選びましょう

例えば、テーラードジャケットとノーカラージャケットでは、それぞれ適したシャツのタイプが異なります。テーラードジャケットは襟があるため、シャツはきれいめのカッターシャツがおすすめです。

一方、ノーカラージャケットは、襟がないデザインのため、ゆったりとしたTシャツなども合わせられます。しかしながら、カジュアル寄りの雰囲気になるため、面接の場では避けましょう。

つまり面接に臨む際は、テーラードジャケットにカッターシャツを合わせてくださいね。

②ややゆとりのあるサイズ感にする

面接で女性用のスーツを着用する際は、サイズ感にも気を配りましょう

サイズを選ぶ際は、自分の体に対してややゆとりのあるスーツがおすすめです。ぴったりサイズのスーツを選んでしまうと、動作時にスーツにしわが生じやすいと言えます。

一方で、少し余裕のあるサイズを選べば、動きにくさはあまり感じず、スーツのきれいなシルエットを保てますよ。

③スーツのフラップは入れたままにする

面接の際、スーツに付いているフラップは入れたままで構いません。むしろ、フラップを出すよりも入れておく方が適切なマナーとされています。

フラップはポケットの中身を雨や埃から守るための役割があるため、屋外では出しておくのが適切です。

しかし、面接は一般的に屋内で行われるため、フラップを入れた方が正しい身だしなみとして評価されるのです。

スーツのボタンのマナーは男性と女性で異なる

面接時に着用するスーツのボタンのマナーは、男性と女性で異なります

男性の場合、スーツのジャケットの一番下のボタンを外す「アンボタンマナー」があり、座っている時はボタンを外すなどのルールがあります。しかし、女性にはそうしたマナーはありません。

つまり、女性がスーツを着用する際は、原則としてボタンは全て閉めておくのが正しいマナーと言えますよ。

女性用スーツのボタンは全て閉めて面接に臨もう

面接で女性がスーツを着用する際、男性とは異なり、ジャケットやブラウスのボタンを全て閉めましょう

身だしなみは第一印象を左右する重要な要素です。ボタンを1つでも外してしまうと、面接官にだらしない印象を与えかねません。

適切な着こなしを心掛けて、面接官に好印象を与えてくださいね。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部