HOME > 就活マガジン記事 > JALの客室乗務員の志望動機の書き方!例文も紹介

JALの客室乗務員の志望動機の書き方!例文も紹介

「志望動機の高評価ポイントが知りたい….」

「志望動機で何をどのように伝えたら良いの?」

志望動機では、自分の経験やスキル、将来の目標や意欲を具体的に伝えることが重要です。

本記事では、JALの客室乗務員の仕事内容から、志望動機の書き方まで詳しく解説します。ぜひ参考にしてくださいね。

JALの客室乗務員の仕事内容2つ

志望動機を書くためには、客室乗務員の業務内容をしっかりと理解する必要があります。ここからは、客室乗務員の主要業務2つを紹介しますね。

  1. 接客
  2. 保安業務

①接客

JALの客室乗務員は、お客様が快適に空の旅を楽しめるようサポートする重要な役割を担っています。客室乗務員の仕事といえば、機内食やドリンクの提供を思い浮かべるかもしれませんが、それだけではありません。

たとえば、小さなお子様にはアニメのキャラクラーの絵が描かれた紙コップの蓋で楽しませたり、高齢のお客様にはお手洗いまで一緒に歩いて案内するなど、細かな気配りが求められます。

また、最近では外国籍のお客様が増え、さまざまな言語を話せる乗務員も増加していますよ。

②保安業務

保安業務とは、お客様の安全を最優先に考え、トラブルが発生した際に迅速かつ適切に対応することです。

そのため、酸素マスクの使用方法の説明や、飛行機の不時着時の対応など、お客様の安全を確保するためのさまざまな研修が行われますよ。

保安業務は、一見裏方の仕事のように見えるかもしれませんが、お客様を守り、あらゆる状況での安全を確保する重要な役割を担っています。この仕事は、お客様の命を守る大切な使命を持ち、日々の業務において非常に重要ですね。

JALを詳しく解説

志望動機を書くためには、企業についても深く理解する必要があります。以下の3つのテーマに沿ってJALについて解説していくので、参考にしてくださいね。

  1. JALの企業情報
  2. JALが求める人材
  3. JALとANAの違い

①JALの企業情報

日本航空株式会社は、1951年8月1日に創業しました。売上は1兆6,518億円で、従業員数は13,883人(2024年3月現在)です。(引用:JAL財務・業績ハイライト)

展開地域は64カ国/地域にわたり、376の空港をカバーしていますよ。事業内容は、定期航空運送事業および不定期航空運送事業に加え、航空機使用事業やその他関連する一切の事業を含みます。

日本航空は、広範囲にわたる地域で質の高いサービスを提供しており、世界中のお客様に信頼されていますよ。

②JALが求める人材

JALの企業サイトから読み取ると、JALの客室乗務員に求められる人物像は、お客様の微妙な変化に気づき、自発的にサービスを提供できる高い感度を持った人です。

「またJALを利用したい」とお客様に思わせるようなサービスを提供できることが重要ですよ。さらに、さまざまな役割のスタッフとの連携も求められます。

良いチームワークを築き、緊急時にも迅速に対応できる能力が必要ですね。これらの要素を兼ね備えた人物が、JALの客室乗務員として求められます。

③JALとANAの違い

JALとANAの業務内容に大きな違いはありませんが、企業文化や取り組みには明確な違いが存在します。JALは「おもてなしの精神」を大切にし、特に高品質な顧客サービスで高く評価されていますよ。

JALとは対照的に、ANAは「パワフルで挑戦的」な企業文化を持っています。困難な状況でも生き抜く力を持つ人材が多く、その適応力やチャレンジ精神が特徴ですよ。

両社ともに独自のスタイルで顧客にサービスを提供し、航空業界をリードしています。

3step!JALの客室乗務員の志望動機の書き方

JALについてここまで解説してきました。ここからは、実際にJALの客室乗務員の志望動機を書く際のポイントを解説していきます。

  1. 航空業界を理解する
  2. JALを理解する
  3. 客室乗務員を目指す理由を明確にする

①航空業界を理解する

まず、航空業界の動向や特徴を理解することが重要です。その上で、自分が客室乗務員として果たしたい役割を明確にしましょう。

自分がこの業界で達成したいことや、どのような価値を提供したいかを具体的に考えることが大切です。これにより、志望動機を具体的かつ説得力のあるものにできますよ。

また、業界の知識を深めることで、自分の強みや経験をどのように活かせるかも見えてくるでしょう。しっかりと準備をし、自分の熱意を伝えられるようにしてください。

②JALを理解する

企業研究の方法としては、OB訪問や説明会、インターンシップなどがあります。これらを通じて、企業の情報だけでなく、実際に働いている人たちの生の声やエピソードを聞けるのが利点ですよ。

さらに、同じ航空業界のANAと比較して研究するのも有効です。JALが他社とどのように異なり、なぜ自分がJALを選んだのかを明確にすることが、具体的で説得力のある志望動機を作る上で重要ですよ。

こうした研究を通じて、自分の希望と企業の特徴を結びつけることで、面接官に強い印象を与えられます。

③客室乗務員を目指す理由を明確にする

客室乗務員を志望する理由を具体的に述べることは非常に重要です。自分の人生経験や価値観、スキル、目指すビジョンと職務をどう結びつけるかを考えましょう。

たとえば、「世界中の人々と出会い、成長したい」「異文化を理解し、豊かなコミュニケーションを経験したい」といった具体的な目標を挙げると効果的です。また、自分の経験を織り交ぜることも大切ですよ。

過去に旅行や留学を経験し、異文化理解やコミュニケーション能力を培ったエピソードがあれば、より説得力が増します。こうした具体的な経験を志望動機に盛り込むことで、面接官に強い印象を与えられるでしょう。

JALの客室乗務員の志望動機の例文​​

JALの客室乗務員の志望動機を書くために意識するべきポイントをここまで紹介しました。とはいえ、いざ志望動機を書くとなると難しいですよね。そこで例文を1つ解説します。

私がJALを志望する理由は、「お客様の視点を貫く」という理念に共感したからです。航空業界は異文化や多様な背景を持つ人々を結びつける重要な役割を担っていると感じております。

その中でも、JALは特にお客様一人ひとりに寄り添ったサービスを提供している点に魅力を感じました。以前、ブライダルのアルバイトをしていた際、婚礼テーブルの花をお客様が気に入っていることに気づき、それを花束にしてプレゼントした経験があります。

その時のお客様の喜びの顔は今でも忘れられません。この経験から、細かな気配りがお客様の心を打つことを実感しました。私は、その気配りの心を、世界中のお客様に届けるために客室乗務員という職を選びました。

JALでの経験を通じて、この気配りの心をさらに磨き、多くのお客様に感動と安心を提供したいと考えております

志望動機の構成は、結論→理由→具体例→結論にしましょう。最初に結論を述べないとダラダラとした志望動機になってしまい、面接官に伝わりません。

JALの客室乗務員になるには志望動機が大事!

この記事では、JALへの志望動機の書き方について詳しく説明してきました。JALの客室乗務員の志望動機では自分の経験やスキル、将来の目標や意欲を具体的に伝えることが大切です。

さらに、JALの企業理念や文化に深く共感していることも伝えるのを忘れないでください。JALの志望動機をしっかりとアピールし、内定を手に入れましょう!

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部