HOME > 就活マガジン記事 > 【学童の志望動機】書く際のポイント・書き方・例文まで徹底解説

【学童の志望動機】書く際のポイント・書き方・例文まで徹底解説

「学童で働いてみたいけど、うまく志望動機が作れない」そう考えている方もいるのではないでしょうか。自分の思いを言葉にするのは難しいですよね。

本記事では、学童の志望動機を書く際のポイント・書き方・例文などを徹底解説します。ぜひ参考にしてくださいね。

そもそも学童とは|社会的役割を解説

学童保育は、正式名称では放課後児童健全育成事業と呼ばれ、厚生労働省の指導のもとに展開されています。日中、保護者が仕事で家を空ける間、小学生の子どもたちに安全な遊び場と生活空間を提供する施設です。

公立学童保育では、学校の施設を活用し、友達との交流を深められます。しかし、夕方6時までの運営時間が短いため、子どもたちの学習支援が十分に行われないことも。

一方、民間学童保育は夜遅くまで開いており、食事や送迎サービスを提供することもあります。しかし、その分費用が高くなり、人気のある施設はすぐに定員に達してしまうことも。

そのため、学童保育で働くことを考える際には、それぞれの特徴を理解することが重要です。

学童の志望動機を作成する時のコツ2つ

学童保育の役割を理解した後は、志望動機作成のコツを2つ紹介します。

  1. 学童への志望動機を具体的にする
  2. 特定の学童で働きたい理由を明確に

①学童への志望動機を具体的にする

学童保育の志望動機を述べる際には、単に子どもが好きという点を超えた具体的な動機が求められます。

志望動機を述べる際には、学童保育を選んだ具体的な理由や、子どもたちとどのように関わりたいか、どのような支援を提供したいかを明確にすることが大切です。

また、この仕事を通じて専門性を高め、キャリアアップを目指す意欲を示すことも、学童への熱意を伝えるなら効果的でしょう。

②特定の学童で働きたい理由を明確に

児童指導員として特定の学童を志望する際には、その理由を具体的に述べることが重要です。たくさんの選択肢がある中で、なぜその場所を選んだのかを明確にする必要があります。

事業所や施設の特色や、そこで得られる独自の経験、規模感や研修で感じたことなど具体的な点を挙げて説明しましょう。

また、その施設でしか得られない経験や学びがあるという点を強調することで、志望動機の説得力を高められるでしょう。

【3STEP】学童の志望動機作成方法を紹介

ではここで、学童の志望動機の作成方法を3STEPで紹介します。以下で紹介する3点に則って志望動機を作成すると、読みやすく説得力のある志望動機を作成できますよ。

  • 学童を志望動機を具体的に書く
  • 志望動機の根拠となる経験を書く
  • 採用後に活躍するイメージを伝える

①学童を志望動機を具体的に書く

学童保育を志望する際には、具体的な理由を述べることが重要です。単に「稼ぎたい」という動機ではなく、「実現したい目標がある」といった、自分自身の価値観や目指す方向性を明確に伝えましょう。

学童保育での仕事に対する情熱や、子どもたちとの関わりを通じて達成したいことを具体的に記述することで、採用担当者にあなたの熱意を感じてもらえます。

また、その職場が提供する環境や研修プログラムが、自分のキャリアアップにどのように役立つかを考え、それを志望動機に盛り込むことが望ましいです。

②志望動機の根拠となる経験を書く

志望動機を作成する際には、単に目的を述べるだけでなく、その根拠となる具体的なエピソードを記述することが大切です。

実際に経験した出来事を書くことで、志望動機に説得力と信憑性をもたらせます。たとえば、子どもとの通じて教育への情熱を深めた経験や、チームでのプロジェクトを成功に導いたことなど、具体的な経験がおすすめです。

具体的な経験を書くことで、学童で実現したい目標や、貢献したい価値を採用側が理解しやすくなります。また、自分の成長や、将来のキャリアビジョンを示すことで、採用担当者にあなたの熱意を伝えられるでしょう。

③採用後に活躍するイメージを伝える

学童保育での採用後の活躍について述べる際は、自分の性格やこれまでの経験がどのように役立つかを具体的にアピールすることが大切です。

たとえば、チームワークを重視する性格や、困難な状況でも前向きに取り組む姿勢など、仕事においてプラスとなる人間性を強調しましょう。

また、過去に子どもたちと関わった経験や、教育に関する研修を受けたことなど、具体的なエピソードを交えて書くことで、あなたが学童保育でどのように貢献できるかを示せます。

これらの点を伝えることで、採用担当者にあなたの能力と熱意を理解してもらい、良い評価につながる可能性が高まりますよ。

【エピソード別】学童の志望動機の例文3選

では最後に、学童への志望動機の例文を3つ紹介します。自身の経験と似た例文を参考にし、自分なりの志望動機を作成してみてくださいね。

  • 例文①ボランティア活動
  • 例文②学校生活
  • 例文③昔通っていた学童時代の影響

例文①: ボランティア活動

私が学童保育の仕事を志望する理由は、大学時代にボランティアで学童保育の経験をしたことにあります。そこで子どもたちと関わり、成長を間近で見守ることができました。

子どもたちは日々新しいことを吸収し、可能性に満ちています。しかし一方で、些細なことで傷つきやすい面もあります。優しく見守り、寄り添うことの大切さを学びました。

入社後は、こうした経験を活かし、一人ひとりの個性を大切にしながら、愛情を持って子どもたちの成長をサポートしていきたいと考えています。子どもたちの可能性を最大限に伸ばせるよう、熱心に取り組む所存です。

上記の志望動機は、ボランティア活動を通じて学童保育に興味を持った例文になっています。具体的な経験を述べることで、信念の強さをアピールできていますよ。

例文②: 学生生活

私が学童保育の仕事を志望するきっかけとなったのは、大学での授業です。保育学の授業で子どもの成長過程を学び、強い関心を持つようになりました。

子どもたちは無限の可能性を秘めています。しかし、その一方で非常にデリケートな面もあることを知りました。小さな存在を大切に育む難しさと尊さを痛感しました。 

入社後は、こうした学びを生かし、愛情と責任を持って子どもたちの健全な育ちをサポートしていきたいと考えています。一人ひとりの個性を大切に、可能性を最大限引き出せるよう努めます。

上記の志望動機は、大学の授業で学んだことをきっかけに学童を志望した方の例文です。学んだ内容を具体的に示しており、説得力のある志望動機となっています。

例文③: 昔通っていた学童時代の影響

私が学童保育の仕事に興味を持ったのは、子供の頃に学童に通っていた経験があるからです。両親が働いていたため、小学生のころ毎日学童保育に通っていました。

保育の先生方は、私たち子供ひとり一人に愛情を注ぎ、温かく見守ってくれました。宿題の手伝いや遊びの時間、保護者の方との連絡など、細やかな心配りがありました。そうした経験から、子供の育ちを支える大切な存在であることを実感しました。

入社後は、保育の先生方のような姿勢で子供たちに寄り添い、健全な育成をサポートしていきたいと考えています。一人ひとりの個性を大切にし、可能性を伸ばせるよう努めます。子供時代の経験を活かし、全力を尽くす所存です。

上記の志望動機は、昔学童に通っていた経験がきっかけで志望している方の例文です。実際に学童に通っていた経験があると、環境や仕事内容への理解が深いため、採用側に良い印象を与えられます。

学童への志望動機は具体性が重要

学童への志望動機を書く際には、理由・経験を具体的に書く必要があります。自身の経験をしっかり伝え、説得力のある志望動機を作成しましょう。

学童保育は子どもたちの安全な居場所を提供し、彼らの成長を支える場です。そこで働くことによって、子どもたちの未来に貢献できるという強い意志を持つことが求められますよ。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部