HOME > 就活マガジン記事 > 内定式に相応しい髪色を解説!基本マナーや曖昧な点の対処法も紹介

内定式に相応しい髪色を解説!基本マナーや曖昧な点の対処法も紹介

就職活動が終わり、髪を染めたばかりの皆さん、内定式での髪色について迷っていませんか

この記事では、内定式に相応しい髪色についてのアドバイスを解説します。

髪色の選び方や、どの色を避けるべきか、さらには髪色に迷った場合の対策についても詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

新社会人のための内定式髪色マナー

社会人と同じように就活生も、TPOに合わせた身だしなみは非常に重要です。黒髪が必須とされる風潮は少しずつ変わりつつありますが、内定式の場では控えめな髪色が望ましいでしょう。

一般的に、就活中の髪色のまま内定式に臨むのが良いとされています。。ただし、業界や企業の文化によっては、黒髪やそれに近い色が好まれることもありますので、その点は事前にしっかりと確認することが大切です。

内定式で目立ちすぎると、企業からの印象が悪くなり、その後の職場での立ち位置に影響を及ぼすことも考えられます。円滑な職場生活のスタートのためにも、周囲に不快感を与えない髪色を選びましょう。

内定式の髪色選びのポイント4つ

内定式では、適切な髪色を選ぶことが大切です。以下の4つのポイントを押さえておくと良いでしょう。

  1. 男性は一般的に黒髪
  2. 女性は場合によっては茶髪もOK
  3. 業界や会社の文化に合わせる
  4. 清潔感のある髪色が重要

内定式での髪色を選ぶ際の理由や詳細をまとめたのでぜひ参考にしてください。

①男性は一般的に黒髪

内定式に臨む男性にとって、黒髪は最も安全な選択肢と言えます。黒染めが義務付けられているわけではありませんが、明るい髪色は避けた方が賢明です。

日本のビジネスシーンでは、明るい髪色はカジュアルな印象を与えることが多いです。そのため、社会人の間では、黒やダークカラーが一般的に選ばれています。

企業によっては、説明会やインターンシップで髪色を自由にしているところもありますが、内定式の場では黒髪が求められることも少なくありません。

事前にしっかりと確認しましょう。

②女性は場合によっては茶髪もOK

女性が内定式で茶髪を選ぶことは許容される場合があります

ただし、企業によってはヘアカラーのトーンを指定していることもあるため、染める際には事前の確認が重要です。業界によっても黒髪を推奨する場合もありますので、その点には注意しましょう。

明るいヘアカラーに慣れている方は、髪を暗くすると違和感を感じるかもしれませんが、メイクを工夫することで、ダークカラーの髪でも自然に見せることができます。

③業界や会社の文化に合わせる

内定式においては、企業や業界の雰囲気に合わせた髪色を選ぶことが肝心です。

特にサービス業や金融業界では、保守的な色が好まれる傾向にあります。

ファッション業界やベンチャー企業のように、比較的自由なドレスコードを許容している場所もありますが、清潔感はどの業界でも重要視されます。

過度に派手な色やスタイルは避け、適切な印象を心がけましょう。

④清潔感のある髪色が重要

社会人として清潔感は非常に重要です。内定式では特に、セルフカラーで起こりがちな色ムラを避け、手入れの行き届いた印象を持ってもらうことが大切ですね。

そして、髪色だけでなく髪の長さにも気を配りましょう。男性は短めに、女性は長い場合はしっかりとまとめて、顔周りをネットにすることで、好印象を与えることができます。

髪型に迷った時は、就職活動中のスタイルを維持するのが無難です。ワックスやヘアスプレーを使用し、常に清潔感を保つよう心掛けてください。

内定式前の髪色:不安を解消する3つのステップ

「茶髪でも大丈夫かもしれないけれど、心配だな」と感じている方へ。不安を解消するために、以下の3つのステップを試してみてください。

  1. 企業の公式ウェブサイトで社風をチェック
  2. 先輩社員に実際のところを尋ねる
  3. 安全策として黒髪に染める

①企業の公式ウェブサイトで社風をチェック

内定式に適した髪色について迷った際は、まず企業の公式ホームページを確認することをお勧めします。採用情報のページには、社員の写真や職場の様子が載っていることが多く、参考になるでしょう。

インターンシップの経験がある方は、その時の社員の髪色を思い出してみてください。もし明るい茶髪の社員がいた場合、暗めの茶髪であれば内定式でも問題ない可能性があります。

ただし、内定式は格式あるイベントですので、黒や暗い色の髪色が一般的には無難とされています。社員の髪色はあくまで一例として、自身の判断材料に加えてください。

②先輩社員に実際のところを尋ねる

もし親しい先輩がいれば、彼らがどのような髪色で出席したか尋ねてみると良いでしょう。また、連絡先が分かっている場合は、採用担当者に直接確認するのも一つの方法です。

質問をする際には、「茶髪を希望していますが、どのトーンが適切でしょうか?」と具体的に尋ねることで、相手も回答しやすくなります。「インナーカラーは許容されますか?」といった、内定式にふさわしくない髪色については、最初から聞かないようにしましょう。

髪色について具体的な質問をしたいと考えても、写真を送ることは推奨されません。屋内外で見える色が変わること、写真では実際の色と異なって見える可能性があるためです。

③安全策として黒髪に染める

髪色で迷った際には、暗めの色を選ぶことで目立ちすぎることを防げます。日本人の多くは自然な黒髪を持っているため、黒髪を選ぶのが一般的です。

内定式では、会社の経営陣も出席する重要なイベントであるため、特に企業が明るい髪色を奨励していない限り、新入社員は黒髪を選んでおきましょう。

内定式で避けるべき髪色の3つのパターン

内定式では、以下の印象に残るような派手な髪色は避けましょう

  1. 派手すぎる色
  2. 「プリン」髪色
  3. セルフカラー

①派手すぎる色

内定式では、ファッション性を重視した派手な髪色や髪型は控えめにしましょう。自由に染められる環境でも、赤や青、シルバーといった鮮やかな色は適していません

茶髪を選ぶ際は、7トーン以下が目安です。これは日本人の自然な髪色に近く、場に馴染みやすいでしょう。

美容院でプロの意見を聞きながら染めると、自分に最適な色を見つけやすくなります。学生が多く利用する美容院では、他の内定者の髪色も参考になりますよ。

②「プリン」髪色

内定式では、根元が伸びて異なる色が見える「プリン」状態の髪色は適していません。この状態は、手入れを怠っているように見えたり、清潔感に欠ける印象を与えかねないからです。

たとえ茶髪や暗い髪色であっても、地毛との色の差が目立つと、内定式での印象が悪くなる可能性があります。

髪色が変わり始めてから約1ヶ月でプリン状態になることが多いため、定期的なチェックが重要です。鏡で自分で確認するよりも、家族や友人に見てもらうと安心ですね。

③セルフカラー

内定式などのフォーマルな場では、セルフカラーを控えることが望ましいです。自分で行う黒染めは、不自然な仕上がりや色ムラ、髪のダメージを招くリスクがあります。

一時的な黒染めスプレーも、衣服や肌に色が付着する恐れがあるため注意が必要です。また、水に弱いタイプは汗や雨で流れる可能性があるため、その点も考慮する必要があります。

手間を感じるかもしれませんが、美容院でプロに染めてもらうことで、美しく清潔感のある髪色を実現できます。そのため内定式を前に美容院を訪れることがおすすめです。

髪色や長さを清潔に保って内定式に出よう

内定式では、清潔感のある髪色と髪型を選ぶことが、真剣な姿勢を示す上で重要です。また、企業の文化や雰囲気に合わせた服装を心がけましょう。

ヘアカラーを楽しむことも大事ですが、内定式や入社式などの重要なイベントが終了するまでは、控えめな色合いを選ぶようにするのがおすすめです。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部