HOME > 就活マガジン記事 > ボーナスの評価期間・基準を詳しく解説|理解して成果を上げよう

ボーナスの評価期間・基準を詳しく解説|理解して成果を上げよう

ボーナスの査定期間や評価基準について疑問を抱く方は多いですよね。

本記事では、ボーナスの査定時期や評価基準について詳しく解説します。ボーナスの査定期間を正しく把握して、仕事のモチベーションを高めていきましょう。

ボーナスの査定のタイミングを把握しよう

ボーナスの査定期間は、夏と冬のそれぞれに6ヶ月間設定されています

どの機関の業務がいつのボーナスに影響するかは以下の通りです。

  1. 夏のボーナスは前年の10月から翌年の3月
  2. 冬のボーナスは4月から9月

査定期間とボーナス支給時期には少しタイムラグがあります。査定期間後、すぐにボーナスがもらえる会社は多くないので、注意してくださいね。

①夏のボーナスは前年の10月から翌年の3月

夏のボーナスは、前年の10月から翌年の3月までの業績に基づいて査定されます。

この期間の評価により、6月か7月にボーナスが支払われることが一般的ですが、具体的な日付は会社ごとに異なるため、就労規則で確認することをおすすめします。

また、入社時期が1月の場合、夏のボーナスは1~3月までの3か月分しか支給されない場合も。

満額での支給を希望するなら、査定期間に合わせて入社することも考慮に入れてみてください。

②冬のボーナスは4月から9月

冬季ボーナスは、4月から9月までの業務成績に基づいて査定され、その結果は12月に支給されることが一般的です。ただし、具体的な支払日は企業ごとに異なりますので、不安な場合は事前に確認しましょう。

査定期間と支払日の間には計算期間が設けられており、特に社員数が多い企業ではその期間が長くなる傾向があります。

一方で、社員数が少ない企業では、支給月直前が査定期間となることもあるため、詳しくは企業に問い合わせてみてくださいね。

ボーナスの査定基準を知ろう

ボーナスの査定基準は企業ごとに異なりますが、「出勤日数」「企業の業績」が重視されることが多いです。マイナス評価を避けるためにも、査定に影響する要素を事前に確認し、準備しておいてくださいね。

  1. 給与状況
  2. 出勤日数
  3. 企業の業績

これらを把握し、ボーナス査定に臨みましょう。

①給与状況

給与に基づくボーナスの計算は、月給の標準額を基本として行われます。

求人情報には「賞与は給与の○ヶ月分」と記されていることが多く、ボーナス額が分かりやすいですね。

また、年俸制を採用している企業では、年収を12等分せず、賞与を含めた分割で支給することがあります。

例えば、賞与が給与1ヵ月分の場合、年俸を14等分した金額が毎月払われ、14分の1ずつが年2回ボーナスとして支給される形です。

このような計算基準は業績による変動が少なく、ボーナスの安定した受取を期待できる点が特徴です。

②出勤日数

出勤率はボーナスの査定において重要な要素です。欠勤や遅刻が多い場合、ボーナスの金額が減額されることがあります。

たとえば、出勤率が8割の社員は、ボーナスから2割が減らされる可能性があります。一方で、出勤率が高い従業員は、ボーナスを満額で受け取れるでしょう。

また、有給休暇は欠勤にカウントされないため、病気の際には有給を活用することで、ボーナスへの影響を最小限に抑えることが可能です。

③企業の業績

会社の業績が上向きの年には、基本給に加えてボーナスが増額される場合もあります。

業績が良ければボーナスも増えるため、社員のやる気を引き出す効果があり、逆に、業績が振るわない年は、ボーナスの減額やカットを行う企業も存在します。

ボーナス査定のための評価項目

ボーナスの査定において重要な評価項目を3つ紹介します。企業によって基準は異なりますが、一般的には以下の項目に基づいてボーナスが決定されます。

  1. 目標達成度
  2. 能力評価
  3. 行動達成度

①目標達成度

ボーナスの査定においては、個々の目標やチーム目標の達成度が基本的な評価指標となっていますね。

売上高の達成率や契約、販売の件数など、具体的な数値に基づいて評価されることが多いです。目標を達成できなかった年は、ボーナスが減額されることもあります。

そのため、日々の業務に精を出し、目標の達成に努めることが重要です。

②能力評価

ボーナスの査定において、個人の能力は重要な基準の1つとされています。

業務を遂行する上での能力やスキルが、評価の対象となります。資格取得やクライアントからの高評価など、個人の努力が評価に直結する形です。余裕がある人は、業務外でもスキルアップをはかってみましょう。

能力評価は、専門知識や人間関係のスキルなど、多角的な視点で行われるため、たとえば大きなプロジェクトのときだけ努力するのではなく、毎日の雑務まできっちりこなすのが重要です。

この姿勢が、ボーナスの増額に結びつく可能性がありますよ。

③行動達成度

行動達成度は、売上目標に向けた従業員の具体的な行動を評価する指標です。

勤務態度や出勤状況など、職務への取り組み方も重要な評価対象ですね。能力評価とは異なり、行動達成度は成果を生むためにどんな活動をしたかに焦点を当てています。

この評価の査定対象は、従業員の自主的な行動や業務への取り組みの工夫です。

日々の業務を淡々とこなすだけでなく、より効率化する方法や、改善可能な点を自主的に探してみましょう。

公務員のボーナス:法定に基づいて支給

公務員の特別手当(ボーナス)は、国家公務員も地方公務員も法律によって金額が定められています。一般的なボーナスとは別物なので「期末手当」や「勤勉手当」と呼ばれていますね。

これらの金額は法律で予め設定されているため、個々の評価に基づく変動はありません

加えて公務員は争議権がなく、ストライキができないため、不当にボーナスを少なくされても抗議できません。そのため、支給額は民間企業の実績を参考にして、低くなりすぎないよう設定されているのです。

休職期間中のボーナス査定はされない可能性がある

多くの場合、ボーナスは業務成果に基づいて支給されるため、休職により出勤日数が減少すると、その分ボーナスが減額されたり、場合によっては支給されないことも考えられます。

しかし、休職期間がボーナスにどれくらい影響するかは、企業によって違いがあります。

そのため、休職を検討している場合は、事前に会社の規定を確認することが重要です。規定が明文化されていない場合は、休職する前に上司に確認を取りましょう。

ボーナス査定のタイミングの退職願いは避けよう

退職を考えている場合、ボーナスの査定期間が近いと、賞与の金額に影響が出ることがあります。減額を避けたいなら、退職の意向はボーナス支給後に伝えることが賢明です。

支給日前に退職すると、賞与を受け取る権利がなくなることもあるため、支給日を過ぎてから退職する計画を立てると良いでしょう。

減額されるリスクはありますが、賞与を全く受け取れないよりは、より有利な選択と言えます。この情報を参考に、退職のタイミングを検討してください。

ボーナスの査定期間や評価基準を理解して業務に臨もう

ボーナスの査定期間を理解し、評価基準に沿って行動することは、賞与の金額を予測する上で非常に重要です。

多くの企業では、夏のボーナスは前年の10月から翌年の3月まで、冬のボーナスは4月から9月までの業績を基に査定されます。

この期間に自身のパフォーマンスを高めることで、ボーナスの増額につながる可能性があります。効果的な査定期間の活用は、賞与を最大化するための鍵となるでしょう。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部