HOME > 就活マガジン記事 > 面接疲れの就活生がするべきことと取り入れて欲しい習慣

面接疲れの就活生がするべきことと取り入れて欲しい習慣

就活中の学生は、面接の準備や本番のプレッシャー、結果に悩まされ、疲労を感じがちです。このような状況でも、長期戦となる就活では疲れと向き合っていかなければなりません。

本記事では、面接による疲労の要因と、疲れを感じた際におすすめの対策について説明しています。疲れを感じている人は、息抜きも兼ねて読んでみて下さいね。

就活で面接疲れになる原因

まずは、就活をしていて面接疲れを感じる原因を解説します。

  1. 過度なプレッシャーを感じる
  2. 面接の不合格通知に落ち込む
  3. 多忙な日常に疲労を感じる

①過度なプレッシャーを感じる

就活は人生の重要な節目であり、多くの学生が強い緊張を感じます。特に面接では、限られた時間で自身の魅力を伝える必要があり、ストレスが高まりがちです。

面接官の質問に即応する必要もあります。こうした状況下で連続して集中力を維持することは、脳に負荷がかかり、疲労の原因となります

②面接の不合格通知に落ち込む

面接で不合格の通知を受けると、自分の人格や能力を否定されたような落胆に見舞われがちです。

特に複数の企業から連続して不合格の連絡があれば、自尊心を傷つけられ、自信を失いがちになります。このような状況が続くと、メンタルと体力の消耗が避けられません

③多忙な日常に疲労を感じる

就職活動は多岐にわたるタスクが山積みです。企業ごとに異なる対策が必須で、特に面接対策には労力を費やします。結果、日常生活すらままならない状況に陥りがちです。

面接の予定が重なり、1日に複数の企業を訪問することもあります。移動や待ち時間も加わり、思いのほか時間がかかり、疲労感が高まってしまうでしょう。 

面接疲れになった時にするべきこと

続いて、就活で面接疲れを感じる時にするべき対処法を紹介します。

  1. 休息日を作る
  2. 運動をしてリフレッシュする
  3. 仲間と会話をする

①休息日を作る

就職活動は長期戦であり、日々の面接対策や活動によるプレッシャーは相当なものです。ストレスが蓄積されると、メンタルと体力の消耗が避けられません

そこで試してほしいのが、週に1日は就活から完全に離れる休養日を設けることです。この日は思い切り気分転換を図り、リフレッシュに専念しましょう。

休養を経ることで、新たな気持ちで次の日の活動に取り組めます。就活に向けたエネルギーを確実に蓄えられますよ。

②運動をしてリフレッシュする

就職活動では長時間の座り作業が避けられません。エントリーシートの作成や企業研究などで、体の疲労が蓄積されがちです。

そこで運動を取り入れるのもおすすめです。ジョギングやストレッチなど、自分のペースで無理なく続けられる運動を選びましょう。体を動かすことで新陳代謝が活発になり、心身ともにリフレッシュできます。

③仲間と会話をする

就職活動は一人で抱え込むべきものではありません。周りを見渡せば、同じような境遇の仲間がいることでしょう。そういった仲間と交流を深め、共感を得ながら情報交換やアドバイスをし合うことをおすすめします。

友人や先輩、志を同じくする者同士で話し合えば、新たな発想や視点が得られます。また、互いの経験を共有し合うことで、自分の就活スタイルを改めて見直すきっかけにもなります。

仲間との交流は、孤独感を無くし、前を向いて歩んでいく原動力にもなります。一人で抱え込まず、仲間との絆を大切にすることが就活を乗り切る上で重要なのです。

就活や面接に疲れたと感じた時にしてはいけない3つのこと

続いて、就活疲れを感じる時にしてはいけないことを紹介します。疲れの原因が増えるだけなので今少しでもしてしまっている人も避けるように心がけましょう。

  1. 自分を否定してしまう
  2. 周りの人と比べる
  3. 選択肢を狭めすぎる

①自分を否定してしまう

面接の結果や企業からのフィードバックを受け、自分を過小評価してしまうことは危険です。そうすることで、本来の自分の能力や価値を認められなくなり、かえって就活に悪影響を及ぼしかねません

一時の失敗に一喜一憂するのではなく、自分の経験や学んできたことを糧に、前を向いて歩み続けることが大切です。新たなチャンスを逃さぬよう、自信を持ち続けることが何より重要なのです。

過去を否定するのではなく、それらを活かし、さらに高みを目指す姿勢を忘れずにいてください。自分自身を肯定的に捉え、信じ続ければ気持ちもポジティブになりますよ。

②周りの人と比べる

就職活動中、友人や知り合いの内定報告を目にする機会は多々あるでしょう。SNSでの投稿や直接の報告など、耳にする機会も少なくありません。

しかし、そうした他人の成功と自分の現状を単純に比較して落ち込む必要はありません。人によって適切な職場やタイミングは異なるからです。

むしろ、他人の成功を祝福し、それをモチベーションの源泉にしましょう。前向きな姿勢を持ち続けることが、自分自身の成長につながります。落ち込むよりも、良い影響を受けて、更なる飛躍を目指してくださいね。

③選択肢を狭めすぎる

就職活動を始める際、特定の業界や職種にとらわれがちですが、そこに固執し過ぎるとかえって機会を逃してしまう恐れがあります

特定の分野にこだわり続けると、自ら視野を狭くしてしまい、別の興味深い選択肢を見落とす可能性が高まります。

できるだけ多様な業界や職種に目を向け、柔軟な姿勢で情報収集することをおすすめします。新たな発見があり、より良い選択ができるはずです。視野を広げることで、新しい可能性が広がるでしょう。

就活疲れを避けるための日常の過ごし方

最後に、就活疲れ・面接疲れにならないための日常の過ごし方を紹介します。

  1. 自分のペースで就活をする
  2. 色んな業界を見る
  3. 休息を適度にとる

①自分のペースで就活をする

就職活動は、長期に及ぶ上に日々の過密スケジュールが身体的・精神的な疲労を生みます。合否をさばかれる面接の受け答えにも不安を感じ、ストレスが高まりがちです。

しかし、疲労感に襲われればモチベーションが下がり、本来の力を発揮できなくなってしまいます。そうならないためにも、自分自身のペースを大切にし、無理は絶対にしないよう気をつける必要があります。

焦って前のめりになるよりも、自分なりの就活スタイルを貫くことが何より大切ですよ。

②色んな業界を見る

就職活動では興味や希望に合わせて業界や企業を選ぶのが一般的ですが、選択肢を狭めすぎると、かえって視野が狭くなり悩みが深まる恐れがあります。

そこで重要なのが、できるだけ幅広い選択肢から検討することです。いくつかの業界や職種に絞らず、多様な分野に目を向けることで、新たな発見や可能性に気づくチャンスが生まれます。

自分の興味や適性に合った仕事は、思いがけない場所に存在するかもしれません。視野を広く持ち、柔軟な姿勢で就活に臨めば、今までにない魅力的な職種との出会いがあるでしょう。

③休息を適度にとる

就職活動は肉体的にも精神的にも過酷です。夏場の暑さが最も辛い時期には、体力的な消耗も避けられません。面接の緊張や内定の遅れによるストレスも、疲労を助長する要因です。

そういった時こそ、無理なく休養を取ることが何より大切です。趣味や娯楽に時間を使い、気分転換を心がけましょう。同じ境遇の友人とも気軽に交流し、互いを理解し合うことで精神的なリフレッシュにつながります。  

焦らず、上手に休養を取り入れながら、ゆっくりとペースを上げていくことが大事ですよ。

就活の面接で疲れたと感じた時は無理せず休むのも大切

就活で数多くの面接をこなし、疲労を感じている学生は沢山います。就活に疲れて大変な時は、同じように頑張っている学生の存在を糧にしてみましょう。

1週間後・1か月後・1年後の自分を思い浮かべてみると、目の前に沢山あるように見える面接が全て終わっている未来が見えるかもしれません。疲れている時は目の前のことでいっぱいになりがちですが、少し休んでも1年後の自分はきっと大丈夫です。

自分のペースを大切に、無理をしすぎずに着実と進んでいきましょう

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部