HOME > 就活マガジン記事 > 横浜銀行の年収・初任給どれくらい?|就活生に人気の競合銀行とも比較

横浜銀行の年収・初任給どれくらい?|就活生に人気の競合銀行とも比較

横浜銀行は、横浜や東京を中心に展開している銀行です。

銀行業界に興味のある人の中には、横浜銀行に興味を持っている人もいるのではないでしょうか?

この記事では、横浜銀行の年収や初任給、どんな仕事をしているのかなど、気になる情報を詳しく紹介します。

また、競合の大手銀行や地方銀行についても触れているので、ぜひ参考にしてください!

横浜銀行の平均年収は980万

横浜銀行で働く社員は、どれくらいの年収をもらっているのでしょうか?

気になる年収について、公開されているデータをもとに詳しく見ていきましょう。

金融庁のEDINETに掲載されている「金融庁EDINET「2023年3月期有価証券報告書」によると、横浜銀行の行員の平均年収は980万円です。

さらに、横浜銀行の行員に関するデータは以下の通りです。

従業員数(連結)5,604名
平均年齢40.0歳
勤続平均年数12.7年
平均年間給与(千円)980万円
引用元:金融庁EDINET「2023年3月期有価証券報告書」

参考までに、国税庁が発表している「令和4年分民間給与実態統計調査」によると、2022年分の給与所得者の平均給与は458万円となっています。

この数字と比較すると、横浜銀行の給与水準は一般的な企業と比べてかなり高いことがわかりますね。

横浜銀行の初任給

横浜銀行に就職したいと考えている方は、初任給がいくらなのか気になりますよね。

ここでは、横浜銀行の新卒の初任給について、職種別に詳しく見ていきましょう。

横浜銀行によると、2023年度の新卒入社行員の初任給は以下のようになっています

総合職初任給
大学・専門学校・高専卒220,000円
大学院卒235,000円
カスタマーサービス職初任給
大学・短大・専門卒195,000円
引用元:横浜銀行「募集要項」

厚生労働省が発表している「令和元年賃金構造基本統計調査(初任給)の概況」によると、2019年度の大卒初任給は21万200円、院卒初任給は23万8,900円、高専・短大卒初任給は18万3,900円でした。

これらの数字と比較してみると、横浜銀行の初任給は、総合職・カスタマーサービス職ともに、全国平均の水準以上であると言えます。特に、大学院卒の総合職は全国平均を上回る金額となっていますね。

横浜銀行の平均年収の推移

次に、横浜銀行の年齢別の平均年収推移を下の表で確認してみましょう。

年齢平均年収(万円)
20〜24歳640.5
25〜29歳736.6
30〜34歳815.8
35〜39歳915.9
40〜44歳980
45〜49歳1024.8
50〜54歳1069.6
55〜59歳1088.8
60〜64歳866.7
65〜69歳755.8
70〜歳704.5

令和4年賃金構造基本統計調査の概況のデータをもとにした推測値です

横浜銀行の募集要項

金融機関で働くとなると、土日や祝日は休めるのか、休暇はしっかり取れるのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

以下の横浜銀行の募集要項で確認してみましょう。

勤務地当行本支店
諸手当通勤手当、時間外手当等
試用期間3か月
就業時間8:40~17:10
●フレックスタイム制の適用
※フレキシブルタイム 6:00~22:00
休憩時間60分
時間外労働必要に応じあり
休日完全週休2日制、祝日、12月31日、1月1日~3日
休暇勤続年数に応じて15~20日付与/年
(制度休暇として5日間および1週間連続休暇、スポット休暇、リフレッシュ休暇)
のほか、看護休暇、介護休暇、チャイルドプラン休暇、ワークライフバランス支援休暇など
平均有給取得日数:16.2日(2021年度)
加入保険・福利厚生各種労働社会保険、住宅融資、家賃補給金、住宅補給金、育児休業および育児休業者向け復職支援カリキュラム、
介護休業、持株会、独身寮、社宅など
受動喫煙防止措置事業所敷地内完全禁煙
引用元:横浜銀行「募集要項」

基本的には、金融機関の休日はカレンダー通りです。年末年始などの長期休暇は一般企業と比べると短く感じるかもしれませんが、銀行は基本的に土日祝日は休みなので、毎週しっかりと休むことができます

横浜銀行の企業情報

ここでは、横浜銀行の企業情報を3つの項目に整理して紹介します。

①横浜銀行の事業内容

横浜銀行は、神奈川県や東京都を主な営業地盤とする銀行です。

主な業務内容は、以下の3つです。

預金: 個人や企業から預金を受け入れる。
貸出: 個人や企業に対して融資を行う。
為替: 国内外への送金や両替など、お金のやり取りをスムーズに行うためのサービスの提供。

さらに、横浜銀行は利便性の高いサービスにも力を入れています。

例えば、スマホ決済アプリ「はまPay」は、横浜銀行に口座を持っている方なら誰でも無料で利用できます。

また、インターネットバンキング「〈はまぎん〉マイダイレクト」では、自宅や外出先からでも残高照会や振込などの各種手続きが可能です。

横浜銀行は、私たちにとって身近な銀行業務から、時代の流れに合わせた最新のサービスまで幅広く展開していることがわかります。

②横浜銀行の売り上げ・実績

銀行を選ぶ際にも、その銀行が将来性のある安定した経営をしているかどうかは重要な判断材料となります。

ここでは、横浜銀行の近年の業績について詳しく見ていきましょう。

2020年3月期2021年3月期2022年3月期2023年3月期
業務粗利益1,750億円1,572億円1,771億円1,730億円
当期純利益505億円304億円423億円461億円
引用元:CONCORDIAフィナンシャルグループ「業績・財務ハイライト 横浜銀行 通期」

2023年3月期の決算では、業務粗利益は前年比で減少となりました。しかし、本業の利益を示す実質業務純益は堅調に推移しており、最終的な利益である当期純利益は2期連続で増加しています。

数字を見ると、横浜銀行は安定した収益を確保しており、今後も堅実な成長が見込まれると言えるでしょう。

③横浜銀行の基本理念

就活では、企業の理念に共感できるかどうかも、会社選びの重要なポイントです。

横浜銀行の採用ページ「企業理念」には、以下のように記載されています

企業理念
地域の金融システムの担い手としての役割を認識し、活力あふれる人財の開発、育成を積極的におこない、お客さま一人ひとりに最もふさわしい金融サービスの提供を通じ、地域に寄り添い皆さまから信頼される銀行をめざします。
引用元:横浜銀行「企業理念」

この企業理念からもわかるように、横浜銀行は地域に根差した金融サービスを大切にしている銀行です。

実際に、横浜銀行は神奈川県内企業のメインバンクとしてのシェアNo.1を獲得しています。これは、横浜銀行が長年、地域経済の発展に大きく貢献してきたことの証と言えるでしょう。

横浜銀行の競合企業

最後に、競合企業と横浜銀行を比較して、それぞれの特徴を理解しましょう。

  1. みずほ銀行
  2. 福岡銀行
  3. 静岡銀行

①みずほ銀行

みずほ銀行は、三菱UFJ銀行、三井住友銀行と並ぶ、日本を代表する3メガバンクの一つです。

最大の特徴は、3メガバンクの中で唯一の非財閥系銀行であるということ。

財閥系ではないという特徴を活かし、みずほ銀行は特定の企業グループに偏ることなく、幅広い業界の企業と取引を行っていることが強みです。

特に、国内の上場企業においては、多くの企業と取引しており、強固な顧客基盤を築いています。幅広い企業と取引があるということは、それだけ多様な仕事に携われる可能性も広がるということです。

様々な企業の成長をサポートしたいと考えている就活生にとって、みずほ銀行は魅力的な銀行と言えるでしょう。

連結経常収益5兆1,076億4,600万円
従業員数(連結)32,238名
平均年齢39.5歳
勤続平均年数15.4年
平均年間給与793万円
引用元:金融庁EDINET「2023年3月期有価証券報告書」

②福岡銀行

福岡銀行は、1877年に九州で初めての銀行である「第十七銀行」として創業されました。

その後、幾度かの合併を経て、現在に至るまで、130年以上にわたって地域経済の発展を支え続けてきました。長い歴史の中で築き上げてきた強固な顧客基盤は、福岡銀行の大きな強みです。

福岡県内はもちろんのこと、九州全域をカバーする広域ネットワークを持ち、多くのお客様からの信頼を得ています。

地域に根ざした銀行で働きたいと考えている就活生にとって、福岡銀行は魅力的な選択肢の一つと言えるでしょう。

連結経常収益2,357億8,000万円
従業員数(連結)4,130名
平均年齢36.4歳
勤続平均年数14.0年
平均年間給与723万円
引用元:2023年3月期有価証券報告書

③静岡銀行

静岡銀行は、静岡県を中心に事業を展開する、地域密着型の銀行です。

横浜銀行と同じように、地元企業や住民から厚い信頼を得ている銀行なので、比較対象として検討するのにぴったりです。

長年にわたり静岡県経済を支え続けてきた実績を持ち、地域貢献にも積極的に取り組んでいます。

連結経常収益2,651億4,600万円
従業員数(連結)3,506名
平均年齢38.9歳
勤続平均年数15.9年
平均年間給与753万円
引用元:静岡銀行「2023年3月期有価証券報告書」

銀行業界に興味ある人は横浜銀行も検討してみよう

数ある銀行の中でも、神奈川・東京という主要都市で事業を展開している横浜銀行は、ぜひチェックしておきたい銀行の一つです。

横浜銀行について深く知るためには、他の銀行と比較しながら研究を進めることが大切です。

メガバンクや地方銀行など、様々なタイプの銀行と比較することで、横浜銀行の独自性が見えてくるはずです。

また、企業研究を進める上では、業績推移についても確認しておきましょう。財務状況や収益構造を分析することで、横浜銀行の経営状況や将来性をより深く理解することができます。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する