HOME > 就活マガジン記事 > 自己PRでマルチタスクスキルをアピールする際のポイント!例文も紹介

自己PRでマルチタスクスキルをアピールする際のポイント!例文も紹介

マルチタスクとは、複数のタスクを同時処理することを指します。企業では多くのタスクを抱えても、どの仕事もスムーズに進めなくてはならないので、社会人になるとマルチタスクをこなすことは避けられません。

本記事では、マルチタスクスキルをアピールする際のポイントや注意点について解説します。この記事を活用して、マルチタスクスキルをアピールしてくださいね。

自己PRでマルチタスクスキルはアピールできる!

マルチタスクをこなせる人材は、幅広い業界で必要とされています。

しかし、志望する企業が本当にマルチタスクスキルを求めているかどうか、またそのスキルを活かせる場面があるかを事前に確認することが大切ですよ。

ミスマッチを避けるためにも、詳しく求人情報の業務内容歓迎されるスキルを確認しておくことをおすすめします。

自己PRでマルチタスクスキルをアピールする時のポイント3つ

マルチタスクスキルを自己PRでアピールする際のポイントを3つまとめました。それぞれ詳しく説明するので参考にしてくださいね。

  1. マルチタスクスキルを言い換える
  2. マルチタスクスキルが活かされたエピソードを伝える
  3. マルチタスクスキルを入社後どう活かすかを伝える

①マルチタスクスキルを自分の言葉で言い換える

面接官に自分の印象を与えるために、マルチタスクスキルを別の表現に変えてみましょう

例えば、「どれだけ多くの仕事を任されても着実に計画を立てて冷静に対応できる」や「複数タスクがあっても実現性の高い計画を立てて実行できる」といった言い方があります。このように少し表現を変えるだけで、企業の担当者に強い印象を与えやすくなりますよ。

企業に興味を持ってもらえる自己PRを作成するには、まず自己分析を行い、その結果をキャッチコピーとして工夫して表現することが重要です。準備をしっかり行うことで、あなたの強みが最大限伝わる自己PRを作成しましょう。

②マルチタスクスキルが活かされた成功体験を伝える

自己PRでは、自分の強みが活かされたこれまでの経験を説明することが重要です。強みと経験に関係性がないと、内容に一貫性がなくなり、違和感のある自己PRになってしまいますよ。

面接官に伝わりやすい自己PRを作るためには、過去の経験を丁寧に振り返り、その中で強みが成功に繋がったエピソードを選ぶことが大切です。強みと経験が一致しているかどうか、しっかりとチェックしましょう。

③マルチタスクスキルを入社後にどう活かすかを伝える

自己PRでは、あなたの持つマルチタスクスキルが企業の業務でどのように活かせるかをイメージし、入社後の姿について説明することも重要です。

入社後の姿をイメージするためには、企業の業務内容理解が大事です。社員の方に話を聞いたり、ホームページを確認しましょう。

社員の方に自分のマルチタスクスキルは、どのように業務で活かせそうか聞いてみるのもおすすめですよ。

4step!自己PRでマルチタスクをアピールする方法

マルチタスクスキルを効果的にアピールするには以下4点に気をつけましょう構成を変えるだけでわかりやすく企業に自己PRが変わりますよ。

  1. 結論を最初に伝える
  2. マルチタスクを具体的に説明する
  3. マルチタスクを活かしたエピソードを伝える
  4. 入社後にマルチタスク能力をどう活かすかを伝える

STEP1|結論を最初に伝える

まず、あなたの強みを結論として伝えましょう。初めに結論を述べることで、面接官に話の全体像が伝わりやすくなりますし、話の理解もスムーズになります。

次に、PREP法を参考にして論理的に主張を展開しましょう。PREP法は、「結論 → 理由 → 具体例 → 結論」という順番で話を組み立てるフレームワークです。この方法を使うことで、あなたの強みをより効果的に伝えられるはずですよ。

このように、話の流れを明確にすることで、面接官に強い印象を与えられます。

STEP2|マルチタスクを具体的に説明する

自分の言葉で言い換えたりキャッチコピーを作ることで、マルチタスクの能力を具体的に表現しましょう。

そのためには、まず過去のマルチタスクスキルが活かされた経験を振り返り、適切な表現を選ぶことが重要です。具体的でわかりやすい言葉を使えば、面接官にもあなたのスキルが明確に伝わります。

STEP3|マルチタスクを活かしたエピソードを伝える

あなたの強みを述べた後、これまでにその能力が最も発揮された具体的なエピソードを説明してください

単にマルチタスクが得意だと言うだけでは、信頼性が欠けます。強みが実際にどのように役立ったかを示すために、具体的な事例を挙げることが重要ですよ。

自分の成功事例を話すことに抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、自分にとって有利なエピソードを企業に伝えることは、志望度を示すために重要なポイントです。

STEP4|入社後にマルチタスクスキルをどう活かすかを伝える

あなたのスキルが志望企業にどのように貢献できるかを伝え、自己PRを締めくくりましょう。これは面接官にとって最も知りたい部分となるため、熱意をしっかりと伝える内容にすることが重要です。

入社後にスキルを活かせることをアピールするには、求人情報の業務内容を詳細に確認することが必要ですよ。スキルを活用できる場面が見つからない場合、その仕事があなたに適していない可能性も考えられます。

自分の強みを最大限に発揮できる職場を見極めましょう。

自己PRでマルチタスクをアピールした例文2つ

ここまで自己PRでマルチタスクをアピールする際のポイントについて説明しました。しかし、実際自己PRを書き始めるのは難しいですよね。ここからは例文を紹介するので参考にしてくださいね。

  1. 文武両道
  2. アルバイト

例文①: 文武両道

私は実現性しやすい計画を立て、マルチタスクを完遂する力があります。高校時代から1時間ごとの綿密な計画を1ヶ月先まで立てていましたが、初めはスケジュールを詰め込みすぎて余裕のない毎日を送っていました。

そのため、1ヶ月後の計画をする際に、1週間単位で調整しながら余裕を持たせ、必要最低限のことを確実に実行できるようにしました。

計画に余裕がないと、突発的な出来事に対応できず、一つの遅れがモチベーション低下につながる可能性があるためです。この方法により、学業と部活動の両方で優れた成績を修めることができました。

この実現しやすい計画を立てる力を入社後にも活かし、マルチタスクをこなしながら貴社に貢献したいと考えています。

マルチタスクスキルは、生まれながれにして持てるものではありません。そのため、マルチタスクをこなすために何を意識しているのか答えられるようにしましょう

例文②: アルバイト

私は効率的に複数のタスクをこなす能力を持っています。以前のレストランでの経験では、ホールの業務を2人で効率的に遂行することが求められました。

料理の提供と同時にレジ業務も行い、お客様の待ち時間を最小限に抑えるために工夫しました。例えば、お客様が次の注文を考えている間に片付け作業を進めるなど、タイムマネジメントにも気を配りながら行動しました。

これらの経験から、マルチタスクを円滑に進めるスキルを身につけました。入社後は広い視野を持ち、複数の業務を効果的にこなして貴社の成長に貢献したいと考えています。

マルチタスクを実際にこなした経験を話す際は、出来事の説明にならないように意識しましょう自分のスキルがどのように活かされたのかを話すための内容だと忘れないようにしてください。

自己PRでマルチタスクスキルをアピールする際に注意するポイント

マルチタスクは、必ずしも業務効率化に直結するとは限りません。シングルタスクと比べると、集中力を維持しにくく、途中で中断することでミスが増え、生産性が低下する可能性があります。

そのため、自己PRの際には、この点が誤解されないように注意が必要ですよ。マルチタスク能力を長所としてアピールするためには、その能力を活かした具体的な成功事例を示すことが重要です。

自己PRでマルチタスクスキルをアピールしよう

今回はマルチタスクスキルのアピールポイントと例文を紹介しました。マルチタスクスキルはさまざまな職場で必要とされますので、この強みを生かせる場面は多岐にわたります。

企業の担当者に良い印象を与えるために、マルチタスクスキルのアピールの方法を工夫することが重要です。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部