HOME > 就活マガジン記事 > 【自己PR】最後までやり遂げる力を伝える方法・活用できる例文を紹介

【自己PR】最後までやり遂げる力を伝える方法・活用できる例文を紹介

長所が最後までやり遂げる力だと分かっても、上手く自己PRできない方も多いのではないでしょうか。本記事では、自己PRで最後までやり遂げる力を伝える方法・例文を紹介します。

自己PRを作成する上で気をつけるべき点も紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

【自己PR】最後までやり遂げる力を伝える良い点3つ

まずはじめに、自己PRで最後までやり遂げる力を伝える利点を3つ紹介します。

  1. ①継続した努力が評価される
  2. ②責任感あるリーダーシップを評価される
  3. ③目標達成に向けた忍耐力を評価される

①継続した努力が評価される

面接では、就活生が抱えた課題を乗り越えて目標を達成する力が重視されます。困難な状況でも諦めずに続ける姿勢は、企業にとって非常に価値のある資質だからです。

目標に向かって進む過程で、さまざまな障害が立ちはだかることもありますが、それを克服した経験は、強い継続力のある証拠となります。

また、会社に入ってからも、予期せぬ問題や環境の変化に直面することがあります。そうした時にも、挫けずに前進し続けることができる人は、企業にとって長期にわたって貴重な貢献をしてくれるでしょう。

②責任感あるリーダーシップを評価される

物事を成し遂げる力は、リーダーシップの重要な指標となります。リーダーに求められるのは、どんな困難があっても、チームを成功に導く強い責任感です。

目標達成のためには、障害を乗り越えることが不可欠であり、その過程で示されるリーダーシップは、非常に価値があると判断されるでしょう。

過去に目標を達成した経験は、その人が責任感を持ち、リーダーとしての資質を備えていることを示します。企業はリーダーシップを持つ人材を高く評価し、重要な役割を任せたいと考えていますよ。

目標達成に向けた忍耐力を評価される

採用担当者は忍耐力を高く評価し、入社後も困難な課題に直面したとき、諦めずに取り組む姿勢を持つ人材を求めています。

最後まで物事を成し遂げる力は、忍耐力のある人材の大切な証です。そのため、採用の場では、この力をアピールすることが、就活生の価値を高めることにつながるでしょう。

【自己PR】最後までやり遂げる力を伝えるコツ2点

続いては、自己PRで最後までやり遂げる力を伝えるコツを2点紹介します。他の就活生と差をつけ、自分なりの自己PRをするためにもぜひ参考にしてくださいね。

① 具体的なエピソードを選定する

タイトル:実績に基づく継続力の証明

「最後までやり遂げる力がある」と自己アピールする際には、具体的なエピソードを添えることが大切です。ただ言葉で伝えるだけではなく、実際に達成した事例を示すことで、その力を信じてもらうことができます。選ぶエピソードは、詳細な質問にも答えられるほど内容が濃く、説得力のあるものが望ましいです。

採用担当者は、候補者が過去にどのような困難を乗り越えてきたのか、具体的な話を聞くことで、その人の継続力をより正確に評価することができるでしょう。ですから、面接では自分の経験を活かし、継続力のあるエピソードを効果的に伝えることが重要です。

② 入社後にどう活かすかを具体的に述べる

自己紹介の際は、入社後にどのように力を活かすかを具体的に示すことが大切です。

例えば、「高い目標に向かっても、決して諦めずに達成する」「困難な状況が訪れても、最後まで仕事を完遂する」といった表現を用いることで、採用担当者に強い印象を与えられます。

就活生が会社に入ってからどのように貢献するかを明確にすることで、採用担当者にポジティブなイメージを持ってもらえますよ。

【自分なりの自己PR】最後までやり遂げる力を言い換える表現

続いては、自分なりの自己PRを仕上げるために言い換える表現を紹介します。自分の特徴にしっかり合う言い換え表現を用いてください。

  1. 挑戦を続ける粘り強さ
  2. 完遂力
  3. 初志貫徹

①挑戦を続ける粘り強さ

諦めずに挑戦を続ける「粘り強さ」は、ビジネスシーンで非常に重要な資質とされていますよ。どんなに計画を立てても、仕事の世界では予期せぬことが起こります。顧客対応で困難に直面することもあるでしょう。

「粘り強さ」を持つことは、困難な状況にも屈しない強い意志を持っていることを示します。面接官には困難も乗り越えて成長できることが伝わり、就活生の評価を高めるでしょう。

②目標達成への完遂力

目標を達成するための力は、「完遂力」とも表現されます。この言葉は、どんな障害があっても目標を成し遂げるという強い意志を伝える力を持っていますよ。

仕事は計画通りに進まないことも多々ありますが、最終的には成果が重要です。どのような困難があろうとも、結果を出し続ける人材はあらゆる企業が求める宝ですよ。

「完遂力」を前面に出すことで、目標に対する達成意欲を強調し、その人の価値を高められます。

③揺るぎない初志貫徹

「初志貫徹」とは、始めたことを最後までやり遂げる強い意志を意味します。初めに抱いた思いを大切にし、どんな困難にも立ち向かう姿勢を示すものです。

仕事をする上では、初心を忘れずに謙虚さを保つことが重要。新しい情報を取り入れる柔軟性も必要ですが、それと同時に最初に定めた目標に対する忠実さも重要です。

挑戦を続け、初心を大切にする心はどの企業にとっても価値ある資質ですよ。

【自己PR】最後までやり遂げる力を上手く伝えた例文3つ

ではここで、最後までやり遂げる力を上手く伝えた自己PR例文を3つ紹介します。ぜひお手本にして、周りの就活生と差をつけた自己PRにしてくださいね。

  • 例文①アルバイトで培った粘り強さ
  • 例文②

例文①アルバイトで培った粘り強さ

私はアルバイト経験を通じて、目標を達成するまでの粘り強さを身につけました。

大学時代、カフェでのアルバイト中に、売上が伸び悩む課題に直面しました。私は、お客様の嗜好を分析し、人気のない商品の改善提案を行いました。具体的には、売れ筋のドリンクをベースに新しいフレーバーを開発し、試飲会を開催。その結果、売上は20%向上しました。

この経験から、入社後も市場のニーズを的確に捉え、改善策を積極的に提案し、チームの目標達成に貢献できると自負しています。どんな困難にも立ち向かい、最後まで諦めずに取り組む姿勢で、会社の成長に寄与したいと考えています。

上記の例文は、「最後までやり遂げる力」を「粘り強さ」に言い換え、さらにアルバイト経験を交えることで説得力のある自己PRを伝えていますよ。

例文②部活で培った完遂力

私は部活動を通じて、困難に立ち向かい、最後まで目標を達成する完遂力を身につけました。

高校時代、バスケットボール部のキャプテンとして、チームが連敗し士気が低下している状況を変える必要がありました。私は、チームミーティングを開催し、一人ひとりの意見を聞き、練習方法を改善しました。その結果、チームワークが向上し、次の大会でベスト8に入ることができました。

入社後は、この経験を活かし、チームの一員として、またリーダーとしても、目標に向かって粘り強く努力し、困難を乗り越える力を発揮したいと考えています。どんな状況でも諦めず、チーム全体を引っ張っていくことで、会社の目標達成に貢献します。

上記の例文は、「最後までやり遂げる力」を「完遂力」に言い換え、さらに部活動の経験を交えることでチームで協力できることを自己PRで伝えていますよ。

例文③学業で初志貫徹を身につけた

大学の授業での経験から、困難な課題にも最後まで立ち向かい、初心を思い出して奮闘する力を身につけました。

特に、統計学のプロジェクトでは、複雑なデータ分析が求められ、初めは手も足も出ませんでした。しかし、追加のセミナーに参加し、先生との相談を重ねることで、必要なスキルを習得。結果として、期限内に正確な分析レポートを提出することができました。

入社後は、この経験を活かして、どんなに難しい課題に直面しても初志貫徹を貫き、解決するまで粘り強く取り組むことで、会社の目標達成に貢献したいと考えています。また、新たなスキルを積極的に学び、チームの成果に結びつける姿勢を持ち続けます。

上記の例文は、「最後までやり遂げる力」を「初志貫徹」に言い換え、さらに学業の経験を交えることで初志貫徹が行かせた経験を自己PRで伝えていますよ。

【自己PR】最後までやり遂げる力を伝える時に気をつけること

では最後に、自己PRで最後までやり遂げる力を伝える際に気をつけることを2つ紹介します。しっかりと把握して、伝わりやすい自己PRを作成しましょう。

  1. 具体的なエピソードを伝える
  2. 必ず結果が出た経験を伝える

①具体的なエピソードを伝える

自己PRでは、抽象的な表現を避け、具体的なエピソードを用いることが重要です。

たとえば、「学生時代にすべてをやり遂げた」という曖昧な主張ではなく、実際に克服した困難や達成した目標について詳細に語ることが求められます。

面接では、難易度の高い課題にどのように取り組み、どれだけの努力をして目標を達成したかを明確に伝えることが大切。挑戦を恐れず最後まで努力を続ける姿勢は、どの企業にとっても重要な資質です。

②必ず結果が出た経験を伝える

自己PRでは、結果を伴う具体的な経験を用いることが重要です。例えば、「途中で諦めたけれど努力はした」というような話ではなく、実際に達成した目標や、困難を乗り越えた具体的な事例を挙げましょう。

面接では、目標を100%達成した経験や、評価された実績を明確に伝えることが大切ですよ。

【自己PR】最後までやり遂げる力を自分なりに伝えよう!

自己PRで「最後までやり遂げる力」をアピールする際は、他の就活生と異なるアピールを心がけましょう。多くの人が同じようにアピールしているため、差別化が必要なのです。

今回紹介したような言い換えを活用し、自分だけのアピールをしましょう。目標に向かってひたむきに努力し続ける姿勢を、新しい言葉で表現してみてください。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部