HOME > 就活マガジン記事 > 内定式に着るべき服装とは?指定ごとに着るべき服装のコツを紹介

内定式に着るべき服装とは?指定ごとに着るべき服装のコツを紹介

内定式を控えていても、どんな服装で臨むべきか悩んでしまいますよね。特に、私服指定の場合は何を着用すべきか頭を抱えてしまうでしょう。

本記事では、内定式に着るべき服装・指定ごとに服装を選ぶコツを紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

内定式の服装に迷ったらリクルートスーツがおすすめ

内定式は企業に正式に迎え入れられる重要な式典です。企業の役員の方々も出席されるので、参加する場合は言動や服装に気を付ける必要があります。

特に服装の指定がない場合は、リクルートスーツを着用するのが無難でしょう。就職活動で使ったスーツを着ることが一般的です。

リクルートスーツはビジネスの場でのマナーを満たしているので、失礼にならない服装選択と言えます。企業への敬意を示すためにも、リクルートスーツのような落ち着いた服装を心がけましょう。

【指定ごと】内定式に着るべき服装の選び方

続いて、企業から指定された服装ごとに着るべき服装を解説していきます。指定があっても迷ってしまう場合は、ぜひ参考にしてくださいね。

  1. スーツ指定または指示なしの場合
  2. 私服指示がある場合

①スーツ指定または指示なしの場合

企業から特に指定がない場合やスーツ指定の際は、就職活動で着用していたリクルートスーツを選ぶのが無難。スーツの色は黒、ネイビー、チャコールグレーなど落ち着いた色がおすすめです。

ただし、長期間着ていないスーツはサイズが合わなくなっている可能性もあるので、事前に試着して確認しましょう

髪型や髪の色も清潔感があり、整えた状態が求められます。シャツ、バッグ、靴なども、内定式に相応しいものを選ぶようにしましょう。

②私服指示がある場合

「私服でお越しください」と指示があった場合は、オフィスカジュアルな服装を選びましょう。色選びに迷ったらスーツの色味を参考にしてください。トップスは襟付きシャツやポロシャツ、無地のカットソーなどがおすすめです。

ボトムスは足を露出しすぎない丈のものを選び、靴やバッグもビジネスの場に合う雰囲気のものがよいでしょう。特にバッグはA4サイズの書類が入るものが便利です。

内定式で着用するリクルートスーツの選び方2つ

続いて、内定式で着用するリクルートスーツの選び方を2つ紹介します。相手に好印象を与えられるようなスーツを選んでくださいね。

  1. ①シンプルで落ち着いたカラーを選ぶ
  2. ②清潔感を重視する

①シンプルで落ち着いたカラーを選ぶ

内定式では、ブラックや濃いネイビーなどの落ち着いた色味のスーツが適しています。このような色合いは格式ある場でフォーマルな印象を与えるため、内定式にぴったりです。

シューズやバッグ、ベルトなども、スーツの色に合わせてシンプルなものを選ぶのがおすすめですよ。

特にメンズの場合、ジャケットの色はブラックか濃いネイビーを選び、シューズやバッグは落ち着いたダークカラーにするとよいでしょう。落ち着いた色味を基調にすることで、全体の印象が引き締まります

②清潔感を重視する

内定式の服装では、清潔感のある身だしなみも重要です。シワのないスーツ、白いシャツ、適切なサイズの服、派手すぎないアクセサリー、適切な髪型やメイクなどに気を配り、清潔感を重視しましょう。

サイズが合っていないスーツやシワがある服、派手なアクセサリーは避けるべきです。久しぶりにスーツを着る際は、前もって試着してシワやホコリがないかチェックすることも大切ですよ。

服装だけでなく、全体の身だしなみに清潔感があれば、内定式という重要な場でも好印象を与えられるはずです。

【男女別】内定式で選ぶオフィスカジュアルのコツとは

服装指定がない場合、オフィスカジュアルな服装を選ぶのが賢明です。しかし、オフィスカジュアルとは何かわからない人も多いのでは?

ここでは、男女別に内定式で選ぶべきオフィスカジュアルな服装を紹介します。

  • 【男性向け】内定式のオフィスカジュアルな服装とは
  • 【女性向け】内定式のオフィスカジュアルな服装とは

【男性向け】内定式のオフィスカジュアルな服装とは

男性のオフィスカジュアルは、きちんと感を保ちつつ、堅すぎない雰囲気が大切です。色は落ち着いた紺、グレー、ベージュなどがおすすめ。トップスは襟付きのシャツやポロシャツが基本で、ジャケットを合わせるとより好印象を与えられます。

ボトムスはスラックスやチノパンを選び、シューズはローファーや革靴がぴったりです。全体を通して清潔感のある服装を心がけ、フォーマルすぎずカジュアルすぎない適度なバランス感覚が大切になります。

【女性向け】内定式のオフィスカジュアルな服装とは

女性のオフィスカジュアルは、エレガントさとカジュアルさを兼ね備えたスタイルが好ましいでしょう。ベージュ、白、淡いブルーなど、落ち着いた色合いを基調に選ぶのがポイント。

トップスはブラウスやシンプルなカットソー、カジュアルなジャケットを合わせてみてください。ボトムスは膝丈のスカートか、ストレートやワイドシルエットのパンツを選びましょう。

シューズはフラットシューズやローヒールがおすすめです。全体を通して上品でカジュアル過ぎない雰囲気を大切にすることが、内定式に相応しいオフィスカジュアルスタイルとなります。

内定式の服装以外で意識すべきポイント3点

ではここで、内定式の服装以外で意識すべきポイントを3点紹介します。

  1. ①清潔感を意識した髪型にする
  2. ②ネイル・メイクは派手すぎないように
  3. ③カバン・靴にも気を配る

①清潔感を意識した髪型にする

内定式のようなフォーマルな場では、清潔感のある髪型が求められます。派手な髪色やアクセサリーは避け、自然な髪色とシンプルなスタイルを心がけましょう。

長髪の場合は後ろで纏めるか、シンプルなアップスタイルがおすすめです。前髪が目に掛かる場合は、ピンなどで留めて顔が見えるようにするのがポイントですよ。

②ネイル・メイクは派手すぎないように

ネイルやメイクも与える印象に大きく影響します。内定式では派手なネイルや濃いメイクは避け、ネイルは透明のクリアやナチュラルな淡いピンクを選びましょう。

メイクもナチュラルで清潔感のあるものを心がけ、濃すぎるアイシャドウやリップは控えめにします。メイクのりを良くするため、肌の調子を整えることも大切です。

③カバン・靴にも気を配る

カバンや靴は、全体の身だしなみを引き締めるアイテムです。靴は清潔に保ち、傷や汚れがないかを事前にチェックしましょう。

ヒールの高さは歩きやすく、場の雰囲気に合わせたものを選んでください。カバンはシンプルで上品なデザインのものがおすすめで、中身も必要最小限にしぼり整理しましょう。

内定式は企業に正式に迎え入れられる大切な場ですので、髪型、ネイル、メイク、カバン、靴と、身だしなみの一つ一つに気を配ることが重要です。

内定式での服装は企業の指示を守ろう!

内定式の服装は企業からの指定を守りましょう。指定がない場合やスーツ指定の際は、就職活動で着用したリクルートスーツで参加するのが無難です。

内定式は企業に正式に迎え入れられる大切な機会。企業からの指示を守り、場に相応しい服装を選ぶことで、好印象を与えることができるはずですよ。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部