HOME > 就活マガジン記事 > 苦手な人必見|グループワークの対策や乗り切るための秘訣を解説

苦手な人必見|グループワークの対策や乗り切るための秘訣を解説

就活中には、グループワークが行われることもありますが、苦手意識を持っている人も多いのではないでしょうか?そこで、この記事では、グループワークが苦手な人向けに、対策方法を詳しく解説しています。また、グループワークで評価されるポイントも紹介しているので、最後まで読んで参考にしてくださいね!

【苦手な人必見】グループワークで高評価なポイント

ここでは、グループワークで評価されるポイントを解説します。

  1. 論理的思考力がある
  2. コミュニケーションが積極的か
  3. 相手の意見を聞いているか

①論理的思考力がある

一つ目のポイントは論理的思考力があることです。論理的思考力とは、問題を理解し、論理的な手順で解決策を見つける能力のことです。

論理的思考力があると、自分の意見や提案が整理されていて、他の人にもわかりやすく伝えることができます。具体的な例やデータを使って自分の意見を裏付けることで、効果的に議論を進めることができますよ。

また、論理的な説明をすることで、他の人とのコミュニケーションもスムーズになるはずです。

②コミュニケーションが積極的か

二つ目のポイントは、自分から意見を述べたり、情報を共有するなど、積極的にコミュニケーションをとっているかということです。

グループワークでは、自分から率先して話すことが求められます。ただし、ただ話すだけでなく、周りの人と効果的にコミュニケーションをとり、協力することが大切です。

また、意見の違いが出たときには、しっかり話し合い問題を解決し、全体の目標に向けて協力する姿勢が評価されます。

③相手の意見を聞いているか

3つ目は、相手の意見をしっかり聞いているかということです。

グループワークは相手の考えを理解し、協力関係を築くことが重要になります。相手の意見を聞いた上で、受け入れることが円滑なコミュニケーションを取るうえで欠かせないでしょう。

職場でも協力や協調性は重要なスキルとなります。そのため、相手の意見を尊重し、協力関係を築ける能力は、高く評価されるでしょう。

【状況別】苦手なグループワークを乗り切る方法3つ

ここでは、グループワークを乗り切る方法を解説します。

  1. 意見を上手く言語化できない
  2. 議論についていけない
  3. 人見知り

①意見を上手く言語化できない

まずは、自分の考えをうまく言葉にできないパターンです。つまり、頭の中には意見があるけど、それを言葉にするのが難しい場合を指します。

自分の意見をうまく言葉にできないときは、まずは自分の持っている意見や提案の要点を簡潔に伝えることを意識しましょう。

これにより、考えを整理しやすくなるだけでなく、他のメンバーにも自分の考えが明確に伝わり、議論を効率よく進められます。

②議論についていけない

議論が難しいと感じた時は、自分の役割を見つけて積極的に参加してみましょう。

直接議論に参加できなくても、資料のまとめやファシリテーターとして役立つことはできます。

議論が複雑になったら、情報を整理して議題をわかりやすくまとめることで、グループに貢献できるでしょう。

③人見知り

もし自分が人見知りだと感じているなら、積極的に話すよりも相手の話に反応することを心がけましょう。

相槌を打ったり、共感したり、質問したりすることで会話が広がります。また、グループでの経験を積むことも大切です。慣れて自信がつき、他のメンバーとのコミュニケーションもスムーズになるでしょう。

最初は緊張するかもしれませんが、継続的に参加し努力することで克服できるはずです。

苦手なグループワークでも選考を通過できる方法

ここでは、グループワークで選考を通過できるための対策を紹介します。

  1. グループワークの経験を積む
  2. フィードバックをもらう

①グループワークの経験を積む

グループワークが苦手なら、とにかく経験を積むことが大切です。

経験を積んで慣れることで、自信がつき、他のメンバーとのコミュニケーションがスムーズになります。また、就活サイトの練習イベントに積極的に参加したり、グループワーク選考のある企業を積極的に受けると良いでしょう。

経験を積むことで自信をつけ、他の学生と競争する際にも有利になります。

②フィードバックを貰う

グループワークに苦手意識を抱く人は、フィードバックを積極的に取り入れることが重要です。

まずは、フィードバックが得られるグループワークに参加し、他のメンバーからの評価やアドバイスを受けることで、自身の課題や改善点を明確に把握しましょう。

フィードバックを受けた際には、積極的に受け入れる姿勢を持つようにしてください。他の人の意見を受け入れ、成長のために活用することで、グループワークを通じた自己成長に繋がるでしょう。

グループワークへの苦手意識は経験をつむことで解消できる!

この記事では、グループワークを苦手としている人のための対策を紹介しました。

グループワークが苦手だからこそ、その苦手意識を克服することで評価がより良くなる可能性もあります。

そのためには、評価基準をしっかり理解し、グループワークの経験を積んでいくことが重要です。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する