HOME > 就活マガジン記事 > ガス会社の志望動機を考えるコツを解説|例文も紹介

ガス会社の志望動機を考えるコツを解説|例文も紹介

最近では地球温暖化問題がクローズアップされ、再生可能エネルギーの利用が増えています。その一方で、ガスは依然として需要がありますが、環境への影響も指摘されていますよ。

本記事ではこのような背景を踏まえて、ガス会社への志望動機を考える際のコツについて解説していきます。

ガス会社の志望動機を考える前に業界を分析しよう

ガス会社は、近年3つのトレンドがあります。業界の傾向やニュースを知っておくことは非常に大切なので、ここで一度確認しておきましょう。

  1. 都市ガスの全面自由化
  2. 環境問題の意識
  3. ガス会社はインフラ業界

①都市ガスの全面自由化

2017年に都市ガスの自由化が始まりました。これにより、地域独占していたガス会社も競争を強いられ、サービスの向上が求められるようになったのです。

電力業界でも同じような動きがあり、エネルギー業界は新たな戦国時代を迎えています。消費者にとってはサービス向上が期待できる良い機会ですが、企業にとっては厳しい局面でもあります。

技術力やサービス、経営力のさらなる向上が必要とされるのです。

②環境問題の意識

再生可能エネルギーの必要性が高まる中、ガスは化石燃料であるため環境面で課題があります

石油や天然ガスなどの資源が枯渇する現代では、新たなエネルギー開発と地球温暖化対策が重要です。このような時代背景において、ガス会社も地球温暖化への対策を考える必要があります。

環境に配慮した取り組みや技術開発、新しいビジネスモデルの構築がガス業界に求められます。

③ガス会社はインフラ業界

ガス会社は、エネルギーの供給とエネルギーインフラの管理を主な業務とするインフラ業界のひとつです。

エネルギーは人々の生活に欠かせないものであり、地域にとっても必要不可欠な社会資本です。つまり、ガス会社は地域の生活基盤として重要であり、地域の発展や人々の暮らしに大きく貢献しています。

利用者の要望に応じて、より良いエネルギー供給が求められ、サービスの向上や新たな技術の開発も進める必要があります。

ガス会社の4つの職種

ガス会社が募集している職種は以下の4つです。自分はどの職種を希望するかを考えることは非常に大切なので、参考にしてください。

  1. エンジニア職
  2. 調達
  3. パイプライン
  4. 管理

①エンジニア職

ガス会社のエンジニア職には、システムや機械の開発、設備の保守・修理など、多岐にわたる業務があります。

例えば、自動検針システムや緊急通報システム、顧客管理システムの開発・運用がありますよ。また、ガス供給設備や関連機器の点検や修理も行います。

利用者の安全と快適な生活を支えるため、エンジニア職は高度な専門知識と技術力を必要とする重要な役割を担っています。

②調達

原料や機材の調達を担当するのが主な業務内容です。日本は天然ガスをほとんど生産していないため、多くの天然ガスは海外からの輸入に頼っています。

輸入元からの調達やスムーズな調達のために各部署との調整も行いますよ。

仕入れ先の開拓や価格交渉、納期調整、発注、品質管理も業務に含まれますので、交渉力や判断力などの優れたスキルが必要とされます。

③パイプライン

家庭にガスを届けるためのパイプを設計・建設し、運営することが主な業務内容です。パイプラインは地下や海底に建設され、長期間の使用に耐える耐久性が必要となります。

地盤変動にも対応できる設計が求められます。また、定期的なメンテナンスを行い、安全にガスを届けることも重要です。

このように、ガス会社のパイプライン業務は社会インフラを支える重責を担っています。

④管理

管理職の役割は、生産部分と供給部分の管理を行うことです。生産部分の管理とは、輸入される天然ガスの品質や量を管理することを指します。

輸入元から送られてくる天然ガスの採取や加工は行いません。供給部分の管理は、パイプラインや設備の安全面の検査や、組織のマネジメントを含みます。

このような管理職には、問題解決の決断力変化に適応する柔軟性が求められます。

ガス会社の志望動機を考える際の3つのポイント

ガス会社の志望動機を考えるときは以下の3つのポイントを意識してください。同じ内容でもより魅力的に伝えられますよ。

  1. 職種ならではのことを考える
  2. 入社後の目標を考える
  3. エピソードを具体的にする

①職種ならではのことを考える

ガス会社への志望動機を伝える際には、その職種ならではの理由を考えることが大切です。他の職種にも共通する理由ではなく、ガス会社の職種特有の動機が望ましくなります。

例えば、ガスやエネルギーに興味があり、さらに社会貢献もしたいとアピールすることで、他の職種ではなくガス会社を志望する理由を伝えられますよ。

その職種でしか実現できないことや、目指すキャリアパスもアピールポイントになります。

②入社後の目標を考える

入社がゴールにならないよう、入社後の目標やビジョンを伝えることも大切です。会社と自分自身の成長を目指して業務に取り組む姿勢を熱意を持って伝えましょう。

目標を述べる際には、どのように努力して達成するかも併せてアピールすることがポイントです。

入社したいという気持ちだけでなく、入社後のビジョンも含めた志望動機を伝えることで、入社後の意欲や熱意をより強く表現できます。

③エピソードを具体的にする

志望動機には、具体的なエピソードや経験を織り交ぜることが効果的です。そうすることで、採用担当者に親しみを持たせることができ、他の応募者との差別化が図れます。

具体的なエピソードを盛り込み、その経験とガス会社への志望理由を結びつけることが大切です。

例えば、自分がガスの安全性や効率性に触れた経験を話し、それが志望理由にどのように繋がるかを明確に伝えましょう。これにより、説得力のある志望動機が完成します。

【職種別】ガス会社の志望動機の例文3つ

志望動機を書こうとしてもうまく文章にできずに悩んでいる就活生も多いと思います。そこでここからは、職種別の志望動機を3つ紹介します。

  1. 営業職
  2. 調達
  3. 管理

①営業職

ガス会社の営業職を志望する理由は、大学のサークル活動での経験から、人と接することの面白さを知ったからです。
サークルでは新入生の勧誘やイベント企画など、人と関わる機会が多くありました。最初は戸惑いもありましたが、コミュニケーションを重ねるうちに、相手の良さを発見し、信頼関係を築くことができるようになりました。
この経験を活かし、お客様のニーズに合わせた提案ができる営業職を目指します。入社後は、サークル活動で培った対人スキルと、ガス会社の製品知識を組み合わせ、お客様に最適なソリューションを提供できるよう尽力いたします。

どの業界にも営業職はあるので、どうしてガス会社の営業職がいいのかを明確に説明できるように意識してください。

②調達

私はガス会社の調達職を志望しています。
過去の物流会社でのアルバイト経験を通じて、サプライヤーとの協力関係構築やコスト削減、品質向上に貢献しました。これらの経験から、調達業務が企業の業績に大きく影響し、サプライヤーとの信頼関係がビジネス成功に不可欠であると学びました。
ガス会社の調達職で、サプライチェーンマネジメントの能力を活かし、企業の成長に貢献したいという強い意志を持っています。

調達は私たちの普段の生活では携わらない少し身近ではない職種です。そのため、興味を持った理由を述べられるようにしましょう

③管理

私は管理職を目指しており、その中でもガス会社でのキャリアを積みたいと考えています。
学生時代、イベントのセッティングや費用調達を担当し、大人数の参加者がいた場合でもスムーズに対応しました。この経験から、正確性が重要な管理業務に向いていると自負しています。
また、ガスは生活に欠かせないエネルギー源であり、その将来を支える管理職として貢献したいと考えています。

管理職は、チームマネジメントも行う職種です。そのため、チームの中で動いた経験を話せるようにしておくと活躍イメージが浮かびます。

ガス会社におすすめの人の3つの特徴

ガス会社には以下の3つの特徴を持った人が向いています。これらの特徴を自己PRなどにも活用するのがおすすめです。

  1. 責任感が強い
  2. 安定した職に就きたい
  3. 協調性がある

①責任感が強い

現代社会において、ガスは不可欠なエネルギー源として我々の生活に深く関わっています。ガス会社でのキャリアを志す人にとって、責任感は重要な資質です。

輸入から販売までの過程で安全性を確保するためには、業務に対する責任感が欠かせません。顧客との密接な関係を持つこの業界では、コミュニケーション能力と丁寧な対応も重視されます。

これらの資質を持つ人材が、ガス会社でのキャリアに適しています。

②安定した職に就きたい

ガスは安定した需要があり、その安定性はガス業界の職に就きたいと考える人々にとって魅力的です。また、ガス会社での仕事は長期的な視野と成長意欲が求められます。

安定性と将来への安心感を求める人にとって、ガス業界は魅力的な職場と言えるでしょう。

③協調性がある

ガス会社での仕事は、顧客や業界関係者、同僚との協力が不可欠です。協調性を持ち、チームとして業務に取り組むことで、円滑な業務遂行と問題解決が可能になります。

そのため、協調性を持つ人材がガス会社での仕事に適しています。

ガス会社の志望動機は職種の研究が大切

ガス会社の職種選択には、自身の志望動機を明確にすることが不可欠です。なぜその職種を選び、どんな興味や関心を持っているのか、そしてどのような目標を達成したいのかを考えることが重要です。

自らの志望動機を強調し、より熱意を持ってアピールするために、具体的な経験や成果を挙げて説明しましょう。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部