HOME > 就活マガジン記事 > SPIの難易度は高くないが対策必須!高得点が狙える対策方法を3つ紹介

SPIの難易度は高くないが対策必須!高得点が狙える対策方法を3つ紹介

SPI試験は多くの企業が採用選考で利用しており、対策に頭を悩ませる就活生も少なくありません。「SPIのテストはどの程度難しいのか?」という疑問を持つ方は多いでしょう。

この記事では、SPI試験の難易度とそれに立ち向かうための効果的な準備方法について紹介します。

SPI試験に対する適切な理解と準備を行うことで、SPI試験は簡単にクリアすることができます。この記事を参考にSPI攻略を目指してください。

SPIは難易度は高くない!しかし油断は禁物

SPI試験の目的は高度な学力の測定ではありません。SPI試験は基本的な学力を確認する手段です。この試験で必要なのは中学や高校で学んだ知識です。

ただし、問題のレベルが比較的低いからといって油断は禁物です。多くの場合、学生時代に習得した知識は薄れており、適切な対策を行わなければ、試験で良い成績を収めることができません。選考を通過することも難しくなります。

SPIの難易度が高いと思い込んでしまう理由とは

続いて、SPIの難易度が高いと思い込んでしまう理由を3つ紹介します。難易度が高いと思っていた方はぜひ参考にし、しっかり対策して点数を伸ばせるようにしましょう。

  1. 試験が特有の傾向を持っているため
  2. 迅速で正確な問題回答スピードが必要なため
  3. 頻出する知識系問題が対策できてない

①試験が特有の傾向を持っているため

SPI試験が難しく感じる主な要因として、試験の内容が特有の傾向を持っていることがあります。SPIは正解を重ねるごとに問題の難易度が上がっていくシステムを採用しており、慣れる必要がありますよ。

初期の段階では比較的易しい問題が多く出されるため、注意深く取り組むことでケアレスミスを避けながらも、迅速な回答を心がけることが重要です。

そうすることで、試験の後半にはより高度な問題に挑戦することができ、高い得点を取りやすくなります。

②迅速で正確な問題回答スピードが必要なため

SPI試験で高いスコアを取るには、問題を正確かつ迅速に解く能力が必要です。簡単な問題でも、迅速な回答が求められるため、焦りや時間切れによるミスが発生しやすくなります。これがSPIの難易度を高く感じさせる要因の一つです。

特に、パソコンを使用して受ける試験形式では、各問題に対して設定された制限時間内で解答をする必要があります。そのため、一つ一つの問題に対して長時間考える余裕はありません

制限時間内に問題を解き終えることができなければ、評価が下がる可能性があるため、多くのの問題を解く練習をして時間管理と出題パターンに慣れることが重要です。

③頻出する知識系問題が対策できてない

多くの受験生がSPI試験を難しく感じる一因として、頻出する知識問題の対策ができていないことが挙げられます。SPIの問題は、中学校や高校で学んだ知識が中心です。「それなら簡単に解けるだろう」と考える人もいるかもしれません。

しかし、中高時代の知識は学習してから時間が経過しているため、思い出せないこともよくあります。

試験に臨む前に基本的な公式や問題解決の方法を再確認することは、迅速な回答に繋がり、スコアアップに繋がります。したがって、SPI試験への準備には中高で学んだ内容の復習がおすすめです。

【高得点を狙おう】SPI試験対策3つ

ここまで、SPI試験が難しく感じる理由について解説してきました。ここからは、高得点を狙うためのSPI対策を3つ紹介します。

  1. SPI試験の経験を積んでみる
  2. 問題集を何度も解き直す
  3. 中高生の教科書の問題を復習

①SPI試験の経験を積んでみる

SPI試験の準備では、実際の試験環境での経験を積むことが非常に重要です。問題を理解し、解答できる能力があっても、試験時の緊張が原因になって実力を発揮できないことがあります。

加えて、テストセンターやWebテスティングのような環境では、パソコンを使用して試験を受けるため、事前にその操作に慣れておくことが必要です。

志望度の高い企業のSPI試験に挑戦する前に、いくつかの企業で練習試験を受け、試験の雰囲気や形式に慣れることで、本番での失敗を避けられます。試験当日も、安心して臨めるでしょう。

②問題集を何度も解き直す

SPI試験対策には、問題集を何度も解くことが効果的です。実際に問題集から問題が出題されることもあります。問題に慣れておくことで試験時間の短縮に繋がるでしょう。

SPI試験の問題パターンは限られているため、繰り返し解くことで解法のコツを掴めます。異なるパターンの問題に遭遇しても、基本がしっかりしていれば対応可能ですので、反復練習により基礎を固めることが大切です。

また、SPI試験には時間制限が設けられているため、迅速な回答が求められます。解法が身についていないと、試験中に考える必要が生じ、時間に間に合わなくなってしまいます。

そのため、事前の準備と練習を怠らないようにしましょう。

③中高生の教科書の問題を復習

SPI試験では、中高生の頃に習ったレベルの問題が多く出題されるため、教科書の復習が有効です。教科書には問題の解法や公式が詳細に記載されているので、以前使用した教科書を活用しましょう。

過去に学んだ教科書を再度確認することで、忘れがちな知識やコツを思い出す手助けになります。SPI試験に向けて基本から応用へと知識を深めるのに役立つでしょう。

SPIの受験方式とは?よくある3種類を紹介

続いては、SPIの受験方式を3つ紹介します。SPIの受験方式を把握し、事前対策を万全にしましょう。

  1. Webテスティング
  2. テストセンター
  3. ペーパーテスト

①Webテスティング

Webテスティングは、自宅や学校からインターネットに接続し、専用のウェブサイトにアクセスして行う試験方式です。指定された期間内であれば、受験者が都合の良い時に試験を受けられます。

Webテスティングの一つの特徴は、電卓を使用することです。問題は電卓を使って解くことを想定して作成されているため、電卓操作に慣れていると試験で有利になります。

また、自宅で試験を受けることの利点は、リラックスした環境で臨めることです。しかし、家などの慣れた環境では集中を保つことが難しい場合もあるため、注意してください。

②テストセンター

テストセンター方式は、専門の施設で受ける試験です。SPI試験の多くがこの方式で行われるため、就職活動中の学生にとっては一般的な方法となっています。

テストセンターでは、受験者の正答率に応じて問題が変わるため、試験の結果をある程度予測できますよ。

また、2022年10月にはオンラインでの受験も可能となり、自宅からでも能力検査を受けられるようになりました

さらに、一度の受験結果を複数の企業に提出できるため、予測された結果が満足のいくものであれば再試験の必要がなく、効率的に進められます。時間と労力を節約する上では大きなメリットですね。

③ペーパーテスト

ペーパーテスティングは、企業が指定した場所で行われる筆記試験のことです。受験者はマークシートを使用して紙に回答します。

ペーパーテストは、能力検査が70分、性格検査が40分、合計で110分間実施されます。他の試験形式と比較しても試験時間が長く、問題数も多く、難易度の高い問題が出されますよ。そのため、試験に臨む前の準備が非常に重要です。

試験が始まったら、すべての問題を一度確認しましょう。試験に取り組む前に、適切な時間配分を考えることがおすすめですよ。

SPIの難易度は高くない!事前対策で得点を伸ばそう

SPI試験への不安を感じることは自然なことですが、事前に準備をすれば、その難易度を心配する必要はありません

効果的な学習方法としては、問題集や模擬試験を使って、試験で求められる重要なポイントをしっかりと理解することがおすすめです。試験当日に自信を持って臨むための準備が整い、成功に近づけるでしょう。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部