HOME > 就活マガジン記事 > 自己PRで柔軟性を伝えよう!アピール方法・例文まで徹底解説

自己PRで柔軟性を伝えよう!アピール方法・例文まで徹底解説

「自己PRで柔軟性を伝えたいけど、うまく作成できない。」「他の就活生と差をつけるにはどうしたらいいの?」こんなふうに悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

本記事では、自己PRで柔軟性を伝えるメリット・作成方法・例文などを詳しく紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

【柔軟性を自己PR】どんなメリットがあるの?

まずは、自己PRで柔軟性を伝えるメリットについて紹介します。柔軟性をアピールするか迷っている方はぜひ読んでみてください。

  1. 環境に順応できることを伝えられる
  2. 協調性が高いと判断される
  3. 発想力を評価される

①環境に順応できることを伝えられる

自己PRで柔軟性を上手にアピールすることで、多様な状況に適応できる能力を持っていると面接官に伝えられます。柔軟性をアピールする際には、具体的なエピソードを交えて説明することがポイントです。

また、柔軟性をアピールするメリットとして、チームワークを重視する企業においては特に評価されます。自己PRで柔軟性を伝える方法としては、過去の経験から学んだ教訓や、それをどのように今後の仕事に活かすかを具体的に述べましょう。

②協調性が高いと判断される

採用担当者は、柔軟性を持つ就活生は会社の変化に柔軟に対応し、長期にわたって貢献できると考えます。法令の変更や顧客のニーズの変化に迅速に対応することは、現代のビジネスシーンにおいて求められるスキルです。

また、柔軟性を持つことは自己の成長だけでなく、組織全体の発展にも影響します。そのため、自己PRで適応力を強調することは、採用担当者にとって魅力的なポイントとなるのです。

③発想力を評価される

柔軟性をアピールすることは、発想力の高さも示すチャンスです。新しいアイデアを生み出すには、固定概念から抜け出し、自由な視点で物事を見る力が欠かせません。

今の時代、似たような商品やサービスが溢れる中、企業が競争に勝つには斬新なアイデアが必要です。そのため、多くの企業が発想力豊かな人材を求めています

柔軟な発想は、新商品の企画だけでなく、営業戦略の立案や業務効率化など、様々な部署で活躍できるでしょう。チームが抱える問題に、あなたならではの視点で解決策を提案できるはずです。

【自己PR】周囲と差をつけて柔軟性を伝えるコツ3選

続いて、周囲の就活生を差をつけて柔軟性を伝えるコツを3つ紹介します。自己PRは第一印象を決める大事な場面なので、ぜひあなたらしい自己PRを作って周囲と差をつけましょう。

  1. 柔軟性をより具体的に表現する
  2. 自分の軸をしっかりアピールする
  3. 柔軟性のある態度で面接に挑む

①柔軟性をより具体的に表現する

自己PRで柔軟性を話す際、「私は柔軟性があります」と言うだけでは伝わりにくいでしょう。代わりに、柔軟性を「順応力」「協調性」など、イメージしやすい言葉に置き換えてください

また、具体例を添えれば、あなたの人柄が明確に伝わりますよ。

②自分の軸をしっかりアピールする

柔軟性は素晴らしい強みですが、アピールの仕方によっては逆効果になることも。「どんな状況でも適応できます」と言うと、面接官によっては「自分の意見がなく流されやすい」と受け取られかねません。

そこで、柔軟性をアピールする際は自分の軸もしっかりあることを示しましょう。柔軟に対応しながらも、自分の判断で行動したことを伝えれば好印象です。

③柔軟性のある態度で面接に挑む

自己PRで柔軟性をアピールするなら、面接中の態度もそれに合わせることが大切。「臨機応変に対応できます」と言いながら、想定外の質問に戸惑ってしまっては、せっかくのアピールが台無しです。

また、「多様な価値観を受け入れられます」と述べたのに、面接官の意見に固執して反論ばかりしていては、柔軟性を感じてもらえないでしょう。

柔軟性は、一つのエピソードだけでなく、エントリーシートの書き方から面接での受け答えまで、就活のあらゆる場面で評価されますよ。

【自己PR】柔軟性を的確にアピールする3つの方法

続いて、自己PRで柔軟性を的確にアピールする方法を3つ紹介します。自分が伝えたい印象の通りに自己PRする方法を記載しているので、ぜひ読んでみてください。

  1. 柔軟性の定義をはっきりさせる
  2. 柔軟性を裏付ける経験を簡潔に伝える
  3. 柔軟性を活用したキャリアビジョンを伝える

①柔軟性の定義をはっきりさせる

自己PRで柔軟性をアピールするなら、まずは「柔軟性」が具体的にどんな強みなのかを明確にしましょう。単に「私は柔軟性があります」と言っても、面接官にはピンとこないかもしれません。

代わりに、その柔軟性がどんな場面で、どのように役立つのかを具体的に伝えましょう。仕事に直結する具体例で説明すれば、あなたの強みが鮮明に伝わりますよ。

②柔軟性を裏付ける経験を簡潔に伝える

自己PRで柔軟性を伝えるなら、それを証明するエピソードを添えることが大切です。言葉だけではなく、実際の経験で裏付けることで、あなたの柔軟性が本物だと伝わります。

具体的な状況・あなたの行動・結果を簡潔に述べることで、面接官はあなたの柔軟性が実際の成果に繋がることを理解できますよ。

③柔軟性を活用したキャリアビジョンを伝える

自己PRでは、柔軟性を活かしたキャリアビジョンも伝えましょう。面接官があなたの柔軟性を認めたら、次は「この人が入社したらどんな活躍をするだろう」と想像させることが重要です。

柔軟性が会社にどんな価値をもたらすかを具体的に述べることで、面接官の心に強く残る自己PRになりますよ。

【書けない人必見】自己PRで柔軟性を伝えた例文3つ

では最後に、自己PRで柔軟性を伝えた例文を3つ紹介します。自己PRがかけずに悩んでいる方は、ぜひ参考にして自分の自己PRに取り入れてみてくださいね。

  • 例文①アルバイト経験
  • 例文②部活動の経験
  • 例文③留学経験

例文①アルバイト経験

私の最大の強みは、どんな状況でも適応できる柔軟性です。

この柔軟性は、アルバイト先のカフェで培いました。ある日、急な人手不足で店が大混雑になりました。普段はレジ担当の私が、接客や調理も手伝うことになったのです。初めての仕事で戸惑いましたが、先輩の指示を素早く理解し、臨機応変に動くことで乗り切りました。お客様からのクレームもなく、むしろ満足度が上がったと店長に褒められました。

この経験から、自分の役割にとらわれず、状況に応じて動ける力を身につけました。貴社でも、部署間の連携や急な業務変更に柔軟に対応し、チームの生産性向上に貢献したいです。

上記の自己PR例文は、アルバイト経験で培った柔軟性をアピールしています。柔軟性を臨機応変な対応力とも言い換えてアピールできている点がポイントです。

例文②部活動の経験

私の強みは、どんな人とも協力できる柔軟性です。

この力は、大学のバドミントン部で磨きました。昨年の大会で、ペアの相手が急病で出場できなくなり、初めて組むメンバーと試合に臨むことになりました。プレースタイルが全く違い、最初はぶつかることもありました。でも、お互いの良さを活かすため、私がラリーを組み立て、相手にスマッシュを決めてもらう作戦を提案しました。お互いの動きに合わせて柔軟に対応した結果、見事に優勝できました。

この経験から、相手の強みを活かす柔軟なチームワークの大切さを学びました。貴社でも、様々な部署の方々と協力し、それぞれの強みを引き出すことで、プロジェクトの成功に貢献したいです。

上記の自己PR例文は、部活動経験で培った柔軟性をアピールしています。柔軟性を協調性とも言い換えてアピールしており、チームで働く際に力を発揮できる点がよく伝わりますね。

例文③留学経験

私の強みは、異なる文化や価値観にも適応できる柔軟性です。

この力は、1年間のオーストラリア留学で培いました。グループプロジェクトで、食文化をテーマにした発表を任されました。メンバーは5カ国から集まり、食事のマナーや好みが全く違いました。最初は意見がまとまらず、プレゼンの方向性が定まりませんでした。

そこで私は、各国の食文化を尊重しつつ、共通点を見つける提案をしました。例えば、「おもてなしの心」は世界共通だと気づき、その視点でまとめました。結果、クラスで最高評価を受けました。この経験から、違いを認め合う柔軟な姿勢の大切さを学びました。

貴社のグローバルプロジェクトでも、多様な視点を活かし、革新的な提案をしたいです。

上記の自己PR例文は、留学経験で培った柔軟性をアピールしています。柔軟性のおかげで文化の違いをポジティブに捉えており、適応力の高さがよく伝わりますね。

自己PRで柔軟性を伝えるなら自分なりに言い換えよう

この記事では、就活の自己PRで柔軟性を伝える方法・例文などを紹介しました。多くの企業が、変化の激しい時代に対応できる柔軟な人材を求めています。

そのため、柔軟性を上手にアピールできれば、面接官の心に強く残る可能性が高くなりますよ。ポイントは、単に「私は柔軟性があります」と言うのではなく、あなたなりの言葉に置き換えてみてくださいね

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部