HOME > 就活マガジン記事 > 就活用に最適なメールアドレスを解説|注意点やポイントまで紹介

就活用に最適なメールアドレスを解説|注意点やポイントまで紹介

就活中は、企業との連絡手段としてメールが頻繁に使用されます。そのため、多くの学生が就活専用のメールアドレスを新たに作成しようと考えているでしょう。

この記事では、就活用のメールアドレスを作成する際の手順と、注意すべきポイントについて紹介していきます。

就活用のメールアドレスを作成する理由

就活では、専用のメールアドレスを持っておくと便利です。ここで、その理由を二つ紹介します。

まず、専用のメールアドレスは、企業からの重要な連絡を見逃すリスクを減少させれます。日々、様々な企業からのメールが届くため、普段使っているアドレスでは、大事な情報が埋もれてしまうでしょう。

また、専用のビジネスシーンに適したメールアドレスは、企業に対して良い印象を与えられます。メールアドレスは、あなたの第一印象を左右する重要な要素と言えるでしょう。

社会人のマナーとしても、ビジネス用とプライベート用のメールアドレスを分けることは一般的です。適切なメールアドレスを利用することは、その人の真摯な姿勢を表すことにもつながります。

就活用メールアドレスの選び方のポイント2つ

就職活動を行う上で、メールアドレスの選び方は大切です。ここでは、就職活動に適したメールアドレスのドメインの選び方のポイント3つについて説明します。

  1. Gmail: スケジュール管理が簡単
  2. 大学のドメイン: 信頼性が高い
  3. キャリアメール:使用は避けよう

①Gmail: スケジュール管理が簡単

就活において、無料で使えるGmailは、その便利さで多くの支持を集めています。特に、GoogleカレンダーやGoogleドライブと連携ができる点は、就活生にとって大きなメリットです。

面接のスケジュール管理や資料の整理など、就活には情報の整理が欠かせません。Gmailなら、これらの情報を一箇所で管理でき、効率的に就活を進められます

さらに、15GBもの大容量を備えているため、多くのメールや資料を気にせず保存できますね。このように、Gmailは就活生にとって非常に役立つツールなのです。

②大学のドメイン: 信頼性が高い

大学が提供するメールアドレスは、そのドメインに大学名が含まれているため、採用担当者にとって信頼できる情報源となります。

大学名が記載されていることで、どの大学の学生であるかがすぐに判断できますよね。これにより、採用担当者は安心してメールに対応できます。

また、セキュリティがしっかりしているため、メールのやり取りが安全に行えるという利点もあります。

新しいメールアドレスを作る手間も省けるため、就活生にとっては大変便利な選択肢と言えるでしょう。

③キャリアメール:使用は避けよう

スマートフォンのキャリアメールは、使用制限が存在するため避けましょう。送信可能なデータ量に上限があるため、重要な資料のやり取りに支障をきたす恐れがあります。

また、ビジネスシーンでは、キャリアメールは一般的ではなく、採用担当者に不安を与えてしまうでしょう。

円滑なコミュニケーションを図るためにも、他のメールアドレスの利用をお勧めします。

就活用メールアドレスを作成する際のポイント2つ

ここでは、就活用のメールアドレスを作成する際に心がけたい2つのポイントを紹介します。

  1. 本名を使用する
  2. 簡潔にまとめ分かりやすさを心がける

①本名を使用する

メールアドレスには、あなたの本名を入れ込みましょう

本名を使用することで採用担当者は送信者を直ちに認識できますし、ビジネスシーンにおけるマナーが備わっている印象も与えられるでしょう。

趣味や好きなキャラクターを取り入れたメールアドレスは、時として不適切なイメージを与えてしまします。シンプルで記憶に残りやすい、本名を活かしたメールアドレスを設定することをお勧めします。

②簡潔にまとめ分かりやすさを心がける

就活におけるメールアドレスは、短くて覚えやすいものが理想です。長いアドレスは、採用担当者が入力する際に手間がかかり、誤入力される可能性も増えるでしょう。

さらに、短いアドレスは記憶に残りやすく、連絡を取り合う際にもスムーズです。名前のイニシャルや短縮形を活用し、20文字以内で構成しましょう。

不要な数字や記号は避け、誰もが読みやすいアドレスを心がけてくださいね。

就活用メールアドレスを作成する際の注意点2つ

適切なメールアドレスを作成するために、注意すべき2点を紹介します。

  1. 無意味な文字列を避ける
  2. プライベート感を排除する

①無意味な文字列を避ける

ランダムな文字や数字が無意味に並ぶメールアドレスは、分かりにくいため、採用担当者にネガティブな印象を与えるでしょう。名前やイニシャルなど、意味のある内容で構成されたアドレスを選んでください。

また、シンプルで記憶に残りやすいメールアドレスは、採用担当者にも好まれます。自分らしさを表現しつつ、簡潔さを心がけてくださいね

②プライベート感を排除する

就活において、プライベートな趣味や特定の興味が色濃く反映されたアドレスは、ビジネスシーンには不向きです。カジュアル過ぎる表現も同様に、採用担当者にとってマイナスポイントになるでしょう。

適切な印象を与えるメールアドレスを選ぶことで、社会人としての信頼を築けますよ。適切なメールアドレスは、あなたへの信頼感を高め、就職活動の成功につながるでしょう。

就活用に適したメールアドレスを作成しよう

就活では、ビジネスマナーが重視されます。そのため、個人的な趣味を感じさせるアドレスや、意味が不明な文字列は避けてくださいね

シンプルで、あなたの名前や大学名を含むメールアドレスを選び、採用担当者に良い印象を与えましょう。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部