HOME > 就活マガジン記事 > 就活で「ラフな格好」と言われたら何を着る?服装選びのポイントを解説

就活で「ラフな格好」と言われたら何を着る?服装選びのポイントを解説

企業が面接時に「ラフな格好で」と指定することがあります。このような指示に困惑する就活生も少なくないでしょう。

本記事では、企業が「ラフな格好」を求める意図や、具体的な服装のポイント、注意すべき点について解説します。どうぞ参考にしてください。

就活でラフな格好を指定する企業の意図とは

ここでは、ラフな格好を指定する企業の意図を解説します。

  1. 学生の人柄や常識があるかを確認するため
  2. 学生にリラックスして欲しいから
  3. 自由な社風をアピールするため

①学生の人柄や常識があるかを確認するため

企業が面接で「ラフな格好」を指定するのは、学生の人柄や常識を確認するためです。

ラフと言っても、ビジネスの場であることを理解し、身だしなみを整えられるかを見ています。社会人は社内外の人々と関わるため、TPOをわきまえる能力が重要です。

確かに「ラフな格好」とは言われていますが、ビジネスシーンを意識して、落ち着いた服装を心がけましょう。

②学生にリラックスして欲しいから

企業が「ラフな格好」を指定するもう一つの理由は、学生にリラックスしてもらうためです。

面接は緊張する場面であり、動きづらい服装だとさらに緊張が増すことがあります。企業は、できるだけ就活生の本音を引き出すために、服装をラフにするよう求めるのです。

しかし、すべての企業がこの意図を持っているわけではないため、落ち着いた服装を選ぶのが無難です。

③自由な社風をアピールするため

就活生に対して社風をアピールする企業が増えています

最近では、仕事にスーツを着るという概念が薄れてきており、就活生も服装が自由な会社を希望することが多くなっています。企業もその流れを理解し、選考段階から入社後の服装のイメージをアピールしています。

特に優秀な学生は、仕事でスーツを着るという固定観念に疑問を感じることが多いため、選考段階で自由な社風を示すことが、優秀な人材の獲得につながるのです。

就活で「ラフな格好」を指定された時の服装の選び方

ここではラフな服装を指定された時の服装の選び方を解説します。

  1. ビジネスシーンにふさわしい身だしなみにする
  2. シンプルで落ち着いた服装を選ぶ
  3. 清潔感を大切にする

①ビジネスシーンにふさわしい身だしなみにする

面接の際は、ビジネスシーンにふさわしい身だしなみを心がける必要があります。

「ラフな格好」と言っても、プライベートでのラフとは異なることを理解しましょう。企業は、TPOをわきまえているかを見ていますので、面接には落ち着いた服装で臨むのが良いです。

服装のイメージが湧かない場合は、社会人経験のある人に相談すると良いでしょう。また、面接前に自分の服装を社会人にチェックしてもらうこともおすすめです。

②シンプルで落ち着いた服装を選ぶ

ビジネスシーンで適切な服装がわからない場合は、シンプルで落ち着いた服装を選ぶのが無難です。面接はおしゃれを競う場ではありませんので、服装に気を取られず、面接の内容に集中できるようにしましょう。

アパレル業界などではセンスを見られる場合もありますが、基本的にはシンプルな服装が望ましいです。

③清潔感を大切にする

第一印象は非常に重要ですので、清潔感を意識することが大切です。

人の印象はほぼ第一印象で決まるといわれており、清潔感のない身だしなみは悪い印象を与えてしまいます。

服装だけでなく、爪の長さや髪の色、髪型にも注意を払いましょう。身だしなみ全体に気を配ることで、良い印象を与えることができます。

【男女別】就活で具体的な「ラフな格好」とはどんな服?

ここでは、実際にどんな服装を選べばいいのか解説します。

  1. 男性の場合
  2. 女性の場合

①男性の場合

男性の場合、一般的な着こなしはシャツジャケット、チノパン、そして革靴です。

季節によってジャケットを着ない場合は、Tシャツではなく襟付きのシャツを選ぶのが良いでしょう。シンプルな印象を大切にし、落ち着いた色合いを選ぶことが重要です。色は黒やネイビーなどがおすすめですよ。

②女性の場合

女性の場合、きれいめのシャツ、ブラウス、またはカットソーが一般的です。

季節によっては、寒い時はジャケットかカーディガンを羽織ると良いでしょう。ボトムスはパンツでもスカートでも構いませんが、上の服装と調和させることが重要です。スカートを選ぶ際は、ミニスカートは避けてください。

男性と同様に、落ち着いた配色を心がけましょう。白、黒、ネイビー、カーキなどがおすすめです。淡い色であれば、水色や黄色も選択肢に入れても良いですよ。

就活で「ラフな格好」を指定された時に気をつけること

ここでは、ラフな服装を指定された時に気をつけること・避けるべきことを解説します。

  1. 派手な色や柄は避ける
  2. 過度な装飾の着けない
  3. 髪型や小物も清潔感とシンプルさを意識する

①派手な色や柄は避ける

ビジネスの場では、派手な色や柄は避けるべきです。

面接では、服装が内容に影響を与えることもあります。あなたがしてきた準備も水の泡になる可能性があります。

だからこそ、シンプルな服装が重要なのです。

②過度な装飾は着けない

過剰なアクセサリーの使用も控えてください

面接はビジネスシーンであり、過剰な装飾品は必要ありません。自分の好みでアクセサリーを身に着けることは慎んでください。

重要なのは、面接で必要かどうかを判断することです。面接に関係がない場合は、使用を控えるようにしましょう。

③髪型や小物も清潔感とシンプルさを意識する

髪型や小物などの身だしなみは、清潔感とシンプルさを意識しましょう。

髪型は寝ぐせや前髪の長さにも気を配りましょう。セルフチェックだけでなく、第三者の意見も参考にしてください。必ずしも着けない必要はありませんが、不安ならば着用しない方が無難です。

就活でのラフな格好はTPOを意識し、シンプルなものを選ぼう

「ラフな服装」を指定する目的は、面接がビジネスシーンであることを理解しているかを見極めることである場合が多いです。


状況に応じて、過剰に「ラフな服装」にならないように心がけましょう。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する