HOME > 就活マガジン記事 > 自分の性格を面接で伝えたい!例文・探し方・アピール方法を徹底解説

自分の性格を面接で伝えたい!例文・探し方・アピール方法を徹底解説

面接で自分の性格について質問された経験がある方もいるのではないでしょうか。しかし、自分の性格がどのようなものか・どう伝えたらいいかわからないですよね。

本記事では、面接で自分の性格を探す方法・アピール方法・面接で使える例文などを紹介します。ぜひ最後まで記事を参考にし、面接でアピールできるように準備してくださいね。

【質問の意図】なぜ企業は性格について聞くの?

まずは、なぜ企業が自分の性格について質問するのかを解説します。質問の意図を正しく把握し、ズレのない回答を目指しましょう。

  1. 自己分析の進捗を把握するため
  2. 企業の社風・文化との合致を確認するため

①自己分析の進捗を把握するため

面接で性格を聞かれるのは、まず自己分析できているかを知るためです。自己分析とは、自分の長所や短所、価値観などを客観的に理解することを指します。

企業は面接を通して、就活生がどのような人間なのかを出来る限り知りたいと考えています。そのため、あらかじめ自己分析をしっかりと行い、面接で性格をアピールすることが重要なのです。

②企業の社風・文化との合致を確認するため

企業が性格を聞く理由の2点目は、就活生と自社の相性を判断するためです。自分のことを理解していない人は、入社後に「思っていたのと違った」と感じてしまうリスクがあります。

そうなるとミスマッチを起こし、せっかく採用しても再び人手不足に陥ってしまう恐れがあるためです。企業としてはミスマッチを避けたいため、面接で性格を聞きマッチ度を確かめているのです。

自分の本当の性格を知るための4つの方法

では続いて、自分の本当の性格を知る方法を4つ紹介します。

  1. 自己分析を徹底する
  2. 成功体験を振り返る
  3. 周りの人に質問する
  4. 自分が大事にしている価値観を振り返る

①自己分析を徹底する

自分のことを正しく知るためには、自己分析を行うことが重要です。まずは自分の長所を思いつく範囲で書き出しましょう。

優先順位を付けたり根拠となるエピソードを書いたりすると、客観的に自分がどういう人間なのかわかりやすくなりますよ。自己分析を行えば、就活でのミスマッチを防ぎ、モチベーションを高く保ちやすくなるでしょう。

②成功体験を振り返る

自分の性格を知る上で、これまでの人生での成功体験から見つける方法もあります。なぜ成功できたのかをよく考えてみると、自分の性格が次第に明確になってくるはずです。

大きな成功だけでなく、単位を取れたり難しいゲームをクリアできたりといった小さな成功体験からも、自分の性格を導き出せますよ。成功体験を思い出せない場合は、身近な人や大学の先生などに質問してみましょう

③周りの人に質問する

自分では思いつかない部分も、周りの人に聞けば客観的な自分の性格に関することを教えてもらえます。普段から接している友人や、もっとも身近な両親に聞いてみるのもよいでしょう。

人によっては恥ずかしい気持ちになるかもしれませんが、簡単に客観的な意見を知る方法の一つです。恥ずかしさを取っ払って、自分の性格について質問してみましょう。

④自分が大事にしている価値観を振り返る

日頃から自分が大切にしている価値観を振り返り、なぜそれを大切にしているのかまで掘り下げて考えてみましょう

理由がピンとこない場合は、その大切なものに対していつもどんな感情を抱いているのかを考えるのも1つの方法です。そこから自分の本当の性格が見えてくるはずですよ。

自分の性格を面接でアピールする方法3つ

自分の性格について深掘りできても、面接官にアピールできなければ意味がありません。

ここでは、自分の性格を面接官にアピールする方法を3つ紹介します。ぜひ参考にしてください。

  1. 根拠となるエピソードを伝える
  2. 入社後にどう活かすかを伝える
  3. 伝える性格は1つだけにする

①根拠となるエピソードを伝える

自分の性格の良さをアピールする際は、必ず根拠となるエピソードを具体的に話すことが重要です。エピソードがないと「嘘をついているのでは」と思われてしまう恐れがあります。

できる限り詳しく説明することで、説得力が上がり、優秀な人材だと思ってもらえる可能性が高まりますよ。説得力のある話し方を常に心がけましょう

②入社後にどう活かすかを伝える

面接で自分の性格を伝えるには、入社後にどう活かすかを伝えることが重要です。

自分の長所を単にアピールするだけでは不十分で、自分を採用することでどんなメリットがあるのかを企業側に感じてもらえるよう説明しましょう。

そのためには、事前に企業分析を行い、求められている人物像を把握しておく必要があります。企業のホームページ・OBOG訪問などを通じて、企業研究も進めておくのがおすすめです。

③伝える性格は1つだけにする

面接では、自分の性格をできる限り多く伝えたくなるかもしれません。しかし、複数の性格をアピールすると、かえって伝わりにくくなってしまいます。

相手に自分のことを強く印象付けるためには、最も伝えたい性格の一つに絞り、それについてアピールすることが重要です。最もアピールしたいと思う性格の特徴を、具体的なエピソードと共に伝えてください。

【性格別】自分の性格をアピールする例文6選

続いて、面接で自分の性格について質問された際の回答例文を紹介します。性格ごとに6つ紹介するので、回答内容を考えている方はぜひ参考にしてください。

  1. 主体性がある
  2. 行動力がある
  3. 計画性がある
  4. 真面目
  5. 積極性がある
  6. 責任感がある

①主体性がある

私は主体性のある性格を、大学のサークル活動で培いました。

2年次にリーダーを任され、当初は先輩の意見に頼る傾向がありました。しかし、会員からの要望を受け、自ら新たな企画を立案し実行に移しました。周りの反対もありましたが、最終的に成功を収められたことで自信になりました。

入社後も、お客様の要望に耳を傾けながら、新しいサービスの提案などを自ら行っていきます。周囲の意見も参考にしつつ、主体的に判断し実行に移す姿勢で業務に臨む所存です。御社の発展に貢献できる人材になれると自負しております。

上記の例文は、主体性がある性格をアピールしています。自身の成功体験を具体的に述べ、そこから学んだことを明確に伝えられている点がポイントです。

②行動力がある

私は行動力のある性格です。

アルバイトで店長から「売り上げが伸び悩んでいる」と相談を受けました。そこで自ら販売促進策を立案し、店内ディスプレイの改善や新商品の導入などを提案、実行に移しました。結果、売上が向上したことで店長から感謝され、行動する前から諦めずに挑戦した自分を評価できました。

入社後も、課題があれば自ら解決策を見出し実行に移します。周りの意見も参考にしながら、主体的に動く姿勢で業務に取り組みます。行動力は企業の発展に不可欠だと考えており、御社の一員となれば大いに発揮できると自負しております。

上記の例文は、行動力がある性格をアピールする例文です。入社後に行動力を具体的に活かす方法が述べられており、入社後活躍がイメージしやすい点がポイントですよ。

③計画性がある

私は計画性のある性格です。

大学の研究室で実験を行う際、事前に手順を綿密に立て、スケジュール管理を徹底しました。準備不足があれば実験が失敗するため、チェックリストを作成し、一つひとつ確認を怠りませんでした。その結果、スムーズに実験を遂行できました。

入社後も、業務における計画性を大切にします。目標達成に向けたスケジュール管理や業務の優先順位付けを行います。また、リスク回避のためのチェックリストを作成するなど、工夫を重ねながら仕事を着実に進めていきます。計画的な行動で業務の質を高め、御社の発展に貢献できる人材になれると考えています。

上記の例文は、計画性がある性格をアピールした例文になっています。自己分析が徹底されており、自分の性格の根拠となるエピソードも述べられているのがポイントです。

④真面目

私は真面目な性格です。

大学の文化祭委員会で副委員長を務めた際、参加者全員が楽しめるようイベントの準備に尽力しました。細かい部分まで確認を怠らず、全ての備品を用意し、当日はスムーズに運営できました。委員からも「真面目な取り組みのおかげで助かった」と評価されました。

入社後も、担当業務には真剣に取り組みます。些細な点も見過ごすことなく、準備を万全に整えてから実行に移します。真面目な姿勢で職務を全うし、御社における確かな布石となれると自負しております。企業発展のため、真摯な姿勢で邁進する所存です。

上記の例文は、真面目な性格をアピールした例文になっています。真摯に仕事に向き合え、向上心が高い点をアピールできてるのがポイントです。

⑤積極性がある

私は積極性があり、初めてのアルバイト経験でも食い入るように質問をするなどの行動力がありました。一方で、いつも自分の意見だけでなく、周りの発言も尊重するようにしていました。つまり、積極性と素直さを兼ね備えています。

入社後も、この性格を活かし、積極的に業務に取り組む一方で、上司や先輩方からの指示や助言については素直に聞き、実行できるよう心がけます。そのため、企業目標達成に寄与できると考えております。

上記の例文は、積極性がある性格をアピールした例文になっています。積極性に加えて、素直さもアピールできているため周囲と仕事がスムーズにできる点をアピールしているのがポイントです。

⑥責任感がある

私には責任感がある性格です。

大学のサークル活動で副会長を務めた際、会員間のトラブルが発生しました。一時は解決の目処が立たず、活動の存続さえ危ぶまれましたが、主導権を握り、改めて会則の制定や会員への注意喚起を行いました。結果、トラブルの沈静化に成功し、活動を軌道に乗せることができました。

入社後も、担当業務には責任を持って臨みます。課題が生じた際は迅速に対応し、状況の改善に尽力します。責任感は企業運営の基盤となる資質だと考えており、それを発揮し、御社の発展に貢献できる人材になれると自負しております。

上記の例文は、責任感がある性格をアピールした例文になっています。責任感が活かせたエピソードを積極的に伝えており、説得力があるのがポイントです。

面接で自分の性格を伝える時のNG例2つ

では最後に、面接で自分の性格を伝える時に相応しくない例を2つ紹介します。

  1. 内容がまとまってない
  2. 企業の求める人材とマッチしていない

①内容がまとまってない

面接の場では、自分自身を明確に伝えることが求められます。全ての良い点を詰め込むよりも、ポイントを絞った方が印象に残りますよ

多くを語ることで、「この応募者は一体何者なのか?」と疑問を持たれることもあります。そうなると、採用のチャンスを逃すことにもなりかねません。

そのため、事前に一つの強みにフォーカスし、それを伝える準備をしておくことが大切です。面接官にあなたの熱意がしっかりと伝わるはずですよ。

②企業の求める人材とマッチしていない

志望する会社を選んだら、その会社の文化や価値観を理解することが大切です。同じ業界内でも、各社の理念や考え方は異なります。

そのため、会社が求める人材に合わせた自己PRが必要になります。例えば、革新を重視する会社には、単に真面目さを強調するだけでは心に響きません。

自分の強みを伝えたい気持ちは大切ですが、それ以上に、会社の視点を理解し、そこに合ったアピールをすることが採用への近道となるでしょう。

面接で自分の性格をアピールするため例文を活用しよう

今回は、面接で自分の性格をアピールする方法と、面接での伝え方などについて詳しく解説しました。

自分の性格を知り、それを上手に表現することで、面接官に良い印象を与えられるでしょう。事前に自分の長所をしっかりと把握し、準備をしてください。

自己分析を通じて自分の性格を深く理解し、その上で性格をアピールしましょう。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部