HOME > 就活マガジン記事 > 【内定もらえない】進路が決まらない末路・内定獲得の解決策を説明

【内定もらえない】進路が決まらない末路・内定獲得の解決策を説明

就職活動中に内定が得られない状況、いわゆる「無い内定(NNT)」は、多くの学生にとって大きな不安ですよね。「内定の無い状態が続いたらどうしよう」と悩むことは、誰にでも起こり得ることです。

この記事では、内定が無い場合の末路・NNT割合・内定が得られない場合の対処法を紹介します。落ち込みすぎず、この情報をもとに前向きな一歩を踏み出していただければ幸いです。

無い内定(NNT)の意味・割合を解説

まず初めに、無い内定(NNT)の意味・割合を解説します。

①無い内定(NNT)の意味を解説

「無い内定(NNT)」とは、内定を一つも獲得できていない状態。「Nai Nai Tei」の頭文字を取り、「NNT」とも呼ばれています。

通常、大学4年生の10月前に出される「内々定」とは逆の状況を、「無い内定」と表現しています。就職活動中の学生にとって、内定がないことは大きなストレスですよね。

しかし、自分のペースで焦らず就活を進めることで、状況を好転できます。それを十分に理解し、前向きに就活に臨みましょう。

②12月の段階で内定が無い就活生の割合

株式会社リクルートの調査によれば、2022年12月1日時点での23卒生の「無い内定」の割合は6%だったそうです。

また、3月卒業時点での無い内定の割合は、2022年卒で3.6%、2021年卒で3.9%となっており、毎年約4%程度で推移していることがわかります。

内定を得ることができない学生の割合を知ることで、就活生は自身の状況を客観的に見つめ直すきっかけにもなるでしょう。

ただし、内定が無い現状を焦りすぎる必要はありません。自分にとって何が最善の進路なのかをこの記事を最後まで読んで、ぜひ考えてみてください。

【内定がもらえない】どんな末路が待っているの?

では、内定がこのままもらえない場合はどんな末路が待っているのでしょうか。考えられる道を5つ紹介します。

選択肢①ニート・フリーター

内定が得られなかった場合、就職せずにニートやフリーターの道を選ぶ人もいます。一見、自由な時間を楽しめるように思えるかもしれませんが、社会的な立場が不安定になり、経済的な不安を抱えることになりがちです。

長期的に見れば、就職によって得られる経済安定や成長の機会は大きなメリットと言えます。内定がないからといってすぐに諦めるのではなく、引き続き就職活動を続けることをおすすめしますよ。

選択肢②就職浪人

内定が得られなかった場合、卒業後も就職活動を続ける「就職浪人」という選択肢があります。留年とは違って学費の心配はなく、就活に専念できる時間も確保できますよ。ただし、新卒の特典を失うことは大きなデメリットになります。

就職浪人は、学生でも社会人でもない微妙な立場になるため、社会的な認知を得にくいことも。さらに、浪人しても内定が得られる保証はありません。

そのため、現役時代に何が足りなかったのかをしっかり分析し、次のステップに活かすことが肝心です。

選択肢③起業

就職活動で内定が得られない場合、自ら起業する道も一つの選択肢です。年齢や学歴に縛られずにチャレンジできる自由さが魅力的ですね。自分で会社運用の全てを決定して運営することは、大きなやりがいになるでしょう。

しかし、その自由には責任が伴います。自分の決断による結果は、すべて自分で受け止めなければなりません。

また、努力しても収入が得られないリスクもありますので、起業は慎重に考えなければなりません。どんな道を選ぶにしても、自分にとって最善の選択をすることが大切です。

選択肢④院への進学

内定が得られない場合、大学院への進学は就職浪人を避けられるためおすすめです。特に理系学生にとっては、一般的な選択肢と言えるでしょう。

大学院での2年間は、新たな経験や学びを深め、その後の就職活動に役立てられます。ただし、大学院進学を決めた場合は、就職活動も同時に進める必要がありますよ。

選択肢⑤公務員

新卒での一般企業への就職が難しい場合でも、公務員という選択肢があります。新卒や既卒に関わらず、一定の条件を満たせば公務員試験を受けることができるからです。

大学を卒業後は、試験勉強に専念する時間も確保しやすくなるためおすすめですよ。

しかし、公務員は人気な職種であり、競争率が高いことも覚悟しておく必要があります。試験に挑む以上は、しっかりとした準備と勉強が不可欠です。

また、万が一失敗する可能性も考慮に入れ、次のステップも考えておいてください。

内定がもらえない人とは?解決方法も合わせて紹介

続いて、内定がもらえない人の特徴や解説方法を合わせて紹介します。

①準備が足りていない

内定を得るためには、面接の準備が不可欠です。しっかりと対策を行わないと、採用担当者は志望度が低いと判断し、不採用の原因になります。

優秀であっても、面接での自己表現が不十分では内定を勝ち取れません。面接は練習によって改善が見込めるものですから、「面接が苦手」と感じる方は、準備不足を補い、再度挑戦することが肝心です。

解決方法

自己分析や業界・企業分析、志望動機の明確化、面接対策は就活の基本です。既に取り組んでいるという方も、一度立ち返って見直すことで新しい気づきがあるかもしれません。

一人での準備に限界を感じたら、専門家のアドバイスを求めるのも一つの手です。就活エージェントサービスの活用や、大学のキャリアアドバイザーに相談するのがおすすめですよ。

②高いレベルの企業を受けている

内定が得られない一因として、自身に見合った企業選びができていないことがあります。多くの場合、大企業のみを目指す・応募企業数が少なすぎるなど、選択肢を狭めてしまっているのです。

特に就活の準備が不十分な場合、名の知れた大企業ばかりに応募する傾向が見られます。選考は競争が激しく、難易度も高いため、内定が出ないことも珍しくありません。

自分に合った企業を見極め、適切な自己評価を行うことが、就職活動を成功に導く鍵となりますよ。

解決方法

自分に合った仕事を見つけるためには、自己分析と企業分析をしっかり行うことが大切です。自分の強みや興味を深く理解し、それに基づいて業界研究を進めることで、新たな自分の可能性が見えてくるかもしれません。

OB・OG訪問や友人からのフィードバックも、視野を広げるのに役立ちます。自分を客観的に見つめ直し、自分にぴったりの業界や企業を見つけ出しましょう

③身だしなみが不清潔である

内定を逃す原因の一つに、意外と見落とされがちな「身だしなみ」の問題があります。働く場での第一印象は、清潔感が大きく左右することも。

新卒採用においては、特に清潔感や爽やかさが求められる傾向にあり、面接官の印象にも大きく影響します。自分ではきちんとしているつもりでも、他人から見た場合には不十分に映ることもありますよ。

適切な身だしなみは、選考を成功に導く鍵となります。面接前には、身だしなみを再確認し、清潔感あふれる姿勢で挑むことを心がけましょう。

解決方法

面接に臨む際は、身だしなみに特に注意しましょう。以下の点を基本として整えることが大切です。

  • 髪は整え、額を出すシンプルな髪型
  • ヒゲは清潔に剃り、メイクはナチュラルに
  • 服装はシワやシミがないように、クリーニングできれいに
  • ネイルアートは控えめにし、全体的に清潔感を意識する

自分では気づかない点もあるため、信頼できる友人や家族にチェックしてもらうのがおすすめです。

④不適切な言葉遣い・態度が悪い

面接において、身だしなみと同じくらい重要なのが言葉遣いと態度です。学生と社会人では感覚に違いがあるため、自覚がなくても面接官が気にすることは多くなります。

表情やしぐさも含め、面接時の態度は改めて見直しましょう。就職活動が難航し自信を失うと、無意識に表情が暗くなったり、姿勢が悪くなったりすることがあります。

これらの小さな点が、面接の結果に大きく影響することを忘れずに、前向きな姿勢で臨みましょう。

解決方法

就職活動において、敬語の正しい使い方は非常に重要です。特に、尊敬語と謙譲語の区別が不明瞭な方は多いので、この機会にしっかりと学び直すことをおすすめします。

また、面接では明るい表情を意識しましょう。不安や緊張で表情が硬くなりがちですが、自然な笑顔は好印象を与えます。

日頃から笑顔を意識する練習をすることで、面接時にもリラックスした態度で臨めるようになりますよ。

⑤質問と回答がずれている

内定を掴み取るためには、面接での質問に正しく回答することが重要です。多くの求職者が、質問に対して十分な答えを出せずに悩んでいます。

過度な緊張や準備不足が原因であることがほとんどです。対策をしっかりと立てなければ、内定の可能性は低くなってしまいます。

自分には不得意だと感じるかもしれませんが、諦めずに改善点を見つけ、再チャレンジすることが大切です。

解決方法

面接で成功を収めるためには、事前の準備が不可欠。特に、よくある質問への答えは、あらかじめ準備しておくことが大切ですよ。

例えば、「志望動機」や「自己PR」に対する明確な回答を用意することで、面接官の前で自信を持って話せます。

また、練習は内定の近道です。模擬面接を積極的に行い、実際の面接に備えましょう。相手の質問に対して、落ち着いてしっかりと耳を傾けることも、良い印象を与えるポイントです。

内定をもらえない末路を考えて辛い時の解決策

内定をもらえず辛い末路を考えてしまう方も多いのではないでしょうか。ここでは、辛い状況の解決策を紹介します。

①就活以外進みたい進路を考える

内定が出ない時、就活以外で活躍できる道を模索することは一つの有効な手段です。自分の可能性を広げるために、異なる分野での活躍を想像してみましょう。

そうすることで、新たな才能や興味を発見するかもしれません。

また、多くの選択肢を考える中で、「やはり就職活動を続けるべきだ」という結論に至ることもあります。自分に合った道を見つけるためには、様々な可能性を探ることが重要です。

②趣味に打ち込む

就職活動がうまく進まない時、趣味に集中することは心のリフレッシュになります。趣味に打ち込むことで、就活のストレスから一時的に離れ、気持ちをリセットすることができるのです。

趣味に打ち込むことは、自分自身を見つめ直す機会となり、就活への新たな視点をもたらすことでしょう。好きなことに集中することで、心が落ち着き、再び就活に向き合う力が湧いてくるはずです。

③自分に合った生き方を考える

就職活動で道が見えなくなった時、自分の理想的な生き方を考え直すことが重要です。書籍やインターネット、さらには人との対話を通じて、新しい可能性を探ってみてください。

異なる生活を知ることで、視野が広がり、新しい発見があるかもしれません。最適な道がすぐに見つからなくても、就職活動における新たな洞察や学びを得るチャンスがあります。

内定をもらえない末路を心配するより解決策を模索しよう

就活で内定が得られない時は、不安になることもあるでしょう。しかし、そこで立ち止まるのではなく、自分の進め方を見直してみることが大切です。

何が原因でうまくいかないのか、冷静に分析しましょう。そして、ストレスを感じたら、適度な休息を取ることも忘れずに、無理せず就活を進めてくださいね。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部