HOME > 就活マガジン記事 > 就活解禁っていつ?就活の1年間のスケジュールを徹底解説

就活解禁っていつ?就活の1年間のスケジュールを徹底解説

「就活って、いつから始めればいいんだろう?」「周りの学生がみんな就活を始めているけど、焦らなくても大丈夫…?」

そんな疑問や不安を抱えている就活生も多いのではないでしょうか。いざ就活を始めようと思っても、具体的に何をいつまでにやればいいのか分からず、戸惑ってしまう人もいるかもしれません。

そこで今回は、就活解禁の時期や、一般的な就活スケジュールの流れについて、詳しく解説していきます。就活に向けて事前にやっておくべきことも紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

「就活解禁」とは「広報活動解禁」のことを指す

就活を始める時期として、一般的に知られているのが「就活解禁」です。これは、経団連(日本経済団体連合会)が定めている採用選考に関する指針に基づいており、3月1日に「広報活動解禁」となります

しかし、これはあくまで経団連に加盟している企業向けの指針であり、すべての企業に適用されるわけではありません。そのため、実際には3月より前に選考活動をスタートしている企業も多数存在します。

例えば、ベンチャー企業や外資系企業の中には、経団連の指針に縛られず、独自のスケジュールで採用活動を行う企業も少なくありません。夏頃から選考を開始し、冬には内定を出すというケースも見られます。

ちなみに、経団連の指針では、選考解禁は6月1日以降、内定解禁は10月1日以降と定められています。

就活準備はいつから始める?基本的なスケジュールを解説

ここでは就活の基本的なスケジュールの全体像を解説します。

  1. 【大学3年・院1年】5・6月頃から夏インターンの準備開始
  2. 【大学3年・院1年】9・10月頃から秋・冬インターンの準備開始
  3. 【大学3年・院1年】3月頃から本選考エントリー開始
  4. 【大学4年・院2年】6月頃から面接選考開始・内々定

①【大学3年・院1年】5・6月頃から夏インターンの準備開始

大学3年生や大学院1年生の場合、本格的な就職活動はもう少し先になりますが、5月~6月頃から夏のインターンシップの準備を始めるのが一般的です。

この時期になると、多くの企業がインターンシップの募集を開始します。就職活動が本格化する前に、様々な業界や企業について深く知ることができる貴重な機会ですので、ぜひ積極的に参加を検討してみましょう。

インターンシップでは、実際の業務を体験することで、自分の適性や興味のある分野を見つけることができます。また、企業側もインターンシップを通して学生の個性や潜在能力を見極めようとしています。

さらに、インターンシップで得られた経験や知識は、その後の就職活動における自己PRや面接対策にも役立ちます

②【大学3年・院1年】9・10月頃から秋・冬インターンの準備開始

秋冬のインターンシップに参加する場合は、9月~10月頃から準備を始めましょう。この時期になると、企業はインターンシップの募集要項を公開したり、説明会を開催したりします。

秋冬のインターンシップは、就職活動が本格化する直前の時期に行われることが多いため、より実践的な内容のプログラムが用意されている場合もあります。夏のインターンシップで得た経験を活かしながら、さらに深い業界研究や職種理解に繋げましょう。

秋冬のインターンシップで得た経験や知識は、就職活動におけるエントリーシートの作成や面接での自己PRにも役立ちます。

③【大学3年・院1年】3月頃から本選考エントリー開始

大学3年生や大学院1年生にとって、3月からは就職活動の本番がスタートします。この時期になると、多くの企業が新卒採用に向けた会社説明会や選考活動を本格的に開始します。

これまで参加したインターンシップや自己分析、業界研究で得た知識や経験を活かし、いよいよ自分が本当に働きたいと思える企業への応募をスタートさせましょう。

エントリーシートの作成や面接対策など、やるべきことはたくさんありますが、焦らず、一つずつ丁寧に取り組んでいってください。

④【大学4年・院2年】6月頃から面接選考開始・内々定

大学4年生や大学院2年生にとって、6月頃は就職活動もいよいよ大詰めを迎えます。多くの企業で面接選考が本格化し、学生たちは内々定を目指して、企業との面談や選考試験に臨みます。

面接では、自己PRや志望動機、学生時代に力を入れたことなどを、分かりやすく、そして熱意を持って伝えることが重要です。

また、企業側がどのような人材を求めているのかを理解しておくことも大切です。企業のホームページや採用情報誌などで、企業理念や事業内容、求める人物像などを事前に確認しておきましょう。

就活本番を迎える前に準備するべきこと

以下で就活本番を迎える前に準備するべきことを押さえておきましょう。

  1. 自己分析
  2. 業界・企業分析
  3. 説明会・インターンシップへの参加
  4. 選考準備
  5. OBOG訪問

①自己分析

まず最初に取り組んでほしいのが「自己分析」です。

自己分析とは、簡単に言うと、「自分はどんな人間なのか」「どんな仕事がしたいのか」「どんな会社で働きたいのか」を明確にする作業です。

自分の強みや弱み、価値観、興味や関心などを深く掘り下げることで、本当に自分に合った企業を見つけることができます。「企業が求める人物像」に無理に自分を当てはめるのではなく、「ありのままの自分」を理解してくれる企業と出会うことが、就活を成功させるための近道です。

また、自己分析は、エントリーシートの作成や面接での自己PRにも役立ちます

②業界・企業分析

自己分析と並んで、就活の初期段階からしっかりと取り組んでおきたいのが「業界研究」と「企業研究」です

一口に「就活」と言っても、世の中には様々な業界や企業が存在します。それぞれの業界や企業について、事業内容やビジネスモデル、将来性などを理解しておくことが大切です。

興味のある業界や企業を見つけたら、ホームページや会社案内、業界地図などの資料を参考に、事業内容、企業理念、経営方針、財務状況、競合環境などを詳しく調べてみましょう。特に、企業のホームページは、企業情報や採用情報が充実しており、最新の情報を得ることができます。

③説明会・インターンシップへの参加

企業が主催する会社説明会やインターンシップにも、積極的に参加してみましょう。

会社説明会は、企業の採用担当者から直接話を聞くことができる貴重な機会です。企業の事業内容やビジョン、募集要項などを詳しく知ることができます。また、社員の方と直接話をすることで、社風や職場の雰囲気などを肌で感じることができます。

インターンシップは、企業の実際の業務を体験できるプログラムです。就業前に、仕事内容や職場の雰囲気を具体的に知ることができるため、ミスマッチを防ぐことができます。

④選考準備

いよいよ選考がスタートすると、エントリーシートの作成や面接、グループディスカッションなど、さまざまな選考ステップも始まっていきます。

エントリーシートは、あなたを採用するかどうかを判断するための重要な資料となります。誤字脱字や内容の矛盾などは、もちろんのこと、分かりやすく、読みやすい文章で、あなたの魅力が最大限に伝わるように、丁寧に作成しましょう。

面接では、自己PRや志望動機、学生時代に力を入れたことなどを、あなたの言葉で、ハキハキと伝えることが大切です。また、企業側がどのような人材を求めているのかを事前に理解しておくことも重要です

グループディスカッションでは、他の参加者と協力しながら、テーマに対する解決策を導き出すための議論を行います。自分の意見を主張するだけでなく、他の人の意見にも耳を傾け、グループとして議論を進めていくためのコミュニケーション能力が問われます。

⑤OBOG訪問

就活をしていると、企業のホームページやパンフレットを見ても、実際に働いている人の様子や職場の雰囲気は、なかなかイメージしづらいものです。

そこでおすすめなのが、OBOG訪問です。OBOG訪問とは、実際にその企業で働いている先輩社員に話を聞きに行くことです。企業の公式ホームページやパンフレットでは得られないような、リアルな情報や生の声を聞くことができる貴重な機会です。

会社の雰囲気や仕事内容はもちろんのこと、キャリアプランやプライベートとの両立、社内の人間関係など、気になることは何でも質問してみましょう。OBOG訪問を通して、自分がその会社で働くイメージを具体的に描くことができれば、就職活動のモチベーションアップにも繋がります。

「就活解禁」という言葉に焦らずしっかりと準備をしよう

世間では一般的に、3月1日が就活解禁日とされていますが、近年では、企業によって採用活動の開始時期が異なってきています。実際に、3月よりも前に選考をスタートする企業も少なくありません

そのため、余裕を持って就職活動を進めるためには、早め早めの準備が重要になります。遅くとも、大学3年生の夏までには、自己分析や業界・企業研究などを一通り終え、本格的な就職活動への準備を進めていきましょう。

周りの学生が動き始めるのを待つのではなく、自分自身のペースで、計画的に行動していくことが大切です。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部