HOME > 就活マガジン記事 > 文系が化学メーカーに就職する方法や就活対策とは?志望動機の例文も紹介

文系が化学メーカーに就職する方法や就活対策とは?志望動機の例文も紹介

就活中の文系学生にとって、化学メーカーは魅力的な業界の一つと言えるでしょう。しかし、理系学生と比べて不利なのではないかと、不安に思う方もいるかもしれません。

しかし、しっかりと対策をすれば、文系でも化学メーカーで活躍できる可能性は十分にあります。

そこで今回は、文系学生にとっての化学メーカーのハードルの高さや、選考を突破するための志望動機のポイント、そして具体的な例文まで詳しく解説します。

文系で化学メーカー就職のハードルが高い理由

文系で化学メーカーに就職するハードルが高い理由は以下の3つと考えられます。

  1. 人気が高い
  2. 採用人数が少ない
  3. 志望動機で差別化が難しい

①人気が高い

文系学生にとって化学メーカーへの就職が難しいと感じる理由の一つに、その人気の高さが挙げられます。化学メーカーにはホワイト企業が多く、就活をする学生からの人気が高い傾向にあります。

「業務効率化」や「働き方改革」が叫ばれる現代において、就職先がホワイト企業かどうかは、多くの学生にとって重要な判断基準となっています。

古くから続く企業が多い化学メーカー業界は、新規参入の障壁が高く、競争が激化しにくいという特徴があります。

競争が穏やかであるということは、企業が安定した経営を続けやすく、従業員にとっても働きやすい環境が整っていると言えるでしょう。

②採用人数が少ない

人気の高さだけが理由ではありません。化学メーカーの採用人数が少ないことも、就職を難しくしている一因と言えるでしょう。

ホワイト企業として知られる化学メーカーは、従業員にとって働きやすい環境が魅力です。そのため、離職率が低い傾向にあります。

既存の社員が長く働き続け、退職者が少ない場合、企業としては新たに多くの従業員を採用する必要がありません

その結果、毎年限られた人数しか採用されないため、必然的に倍率が高くなり、就職の難易度が上がってしまうのです。

③志望動機で差別化が難しい

さらに、化学メーカーの選考において、文系学生が不利だと感じやすい点として、志望理由で差別化を図るのが難しいという点が挙げられます。

理系学生の場合、大学で学んだ専門知識や研究経験を、化学メーカーの仕事内容と結びつけてアピールしやすい傾向にあります。

一方、文系学生の場合、化学メーカーの事業内容と関連性の高い経験や知識を持っているケースは多くありません。そのため、他の就活生と比べて印象に残るような志望動機を考え出すのに苦労する学生が多いようです。

もちろん、文系学生だからといって、説得力のある志望動機を作成することが不可能なわけではありません。しかし、ただ漠然とした理由を並べるだけでは、企業の心を掴むことは難しいでしょう。

文系で化学メーカーに就職する3つの方法

文系で化学メーカーに就職するには以下の3つのポイントを押さえておきましょう

  1. 専門知識はアピールしなくて良い
  2. 自分の強みを会社で活かせることをアピールする
  3. 適性検査や英語の勉強をする

①専門知識はアピールしなくて良い

「化学メーカーで働くなら、専門知識をアピールしなくてはいけないの?」と不安に思う方もいるかもしれません。しかし、文系学生が無理に専門知識を詰め込もうとする必要はありません

面接の場で、付け焼き刃の知識を披露しても、採用担当者に良い印象を与えることは難しいでしょう。むしろ、本当に理解していないことが明らかになり、逆効果になる可能性もあります

企業側も、理系の知識を持った人材だけを求めているわけではありません。さまざまな個性や能力を持った人材を採用することで、組織に多様性や新しい風を吹き込みたいと考えている企業も多いはずです。

そのため、文系学生は専門知識をアピールするのではなく、自身の強みや持ち味を活かせる点をアピールすることが重要になります。

②自分の強みを会社で活かせることをアピールする

自分の強みは、この会社でどのように活かせるのか」を具体的に伝えることができれば、文系学生でも十分に採用される可能性があります。採用担当者は、「この学生を採用することで、会社にどんなメリットがあるのか」を知りたいと考えているからです。

では、化学メーカーで求められる能力とは、具体的にどのようなものでしょうか。

多くの企業で共通して求められるのは、「協調性」です。化学メーカーでは、開発、製造、営業など、さまざまな部門と連携して仕事を進める場面が多くあります。

そのため、エントリーシートや面接で、周囲と協力して物事を成し遂げた経験などを具体的に伝え、協調性の高さをアピールできれば、企業に良い印象を与えられるはずです。

③適性検査や英語の勉強をする

企業研究や自己分析と合わせて、忘れずに取り組んでおきたいのが、適性検査と英語の対策です。

ほとんどの化学メーカーでは、選考過程で適性検査が実施されます。事前に問題の傾向を把握し、対策をしておくことで、自信を持って本番に臨めるはずです。

また、グローバルに事業を展開する化学メーカーも多いため、高い英語力が求められるケースも少なくありません。目標スコアを設定し、計画的に学習を進めましょう。目安としてTOEIC700点以上取得を目指すと良いでしょう。

理系出身の学生に比べて不安に感じる点も多いかもしれませんが、しっかりと準備しておけば、文系学生だからといって不利になることはありません。自信を持って就職活動に臨みましょう!

文系が化学メーカーに出す志望動機の例

ここまでを踏まえて、文系がどのように化学メーカーの志望動機を書けばいいのかをみていきましょう

  1. 企業理念に共感したことを伝える例
  2. 企業で研究が行われていることを使う例

①企業理念に共感したことを伝える例

私が、貴社を志望しているのは、「人々の生活を豊かにしたい」という強い思いと、貴社の「持続可能な社会の実現」という理念に深く共感したからです。

大学では、ボランティア団体に所属し、地域貢献活動に積極的に参加していました。高齢者の方々との交流を通して、社会には様々な課題があり、その解決には多様な立場の人の協力が必要だと感じました。化学メーカーは、私たちの生活を支える様々な製品を生み出す重要な役割を担っていると感じ、貴社の理念に共感しました。

貴社では、環境負荷の低減や資源の有効活用など、社会貢献に繋がる製品開発に取り組んでおり、私は、ボランティア活動で培ったコミュニケーション能力や問題解決能力を活かし、人々の生活を豊かにする製品開発に貢献したいと考えています。

この例文では、ボランティア活動を通して社会課題への関心を高め、化学メーカーの社会貢献への役割に共感したことを明確に示しています

さらに、ボランティア活動で培ったスキルを活かして、入社後にどのような貢献をしたいかを具体的に示すことで、採用担当者に対して将来像を明確に伝えることができます。

②企業研究を行っていることをアピールする例

私が、貴社を志望しているのは、化学メーカーという分野への強い興味と、貴社の「持続可能な社会の実現」という理念に共感したからです。

大学では、サークル活動で広報を担当していました。イベントの企画や運営を通して、多くの人に情報を分かりやすく伝えることの難しさ、そして伝えることの重要性を学びました。化学メーカーという、専門性の高い分野においても、人々に理解され、受け入れられる製品や技術を開発していくためには、効果的な情報発信が不可欠だと考えています。

貴社では、製品開発だけでなく、社会への情報発信にも力を入れており、私の経験が活かせるのではないかと考えています。入社後は、広報活動を通して、化学の面白さや重要性を多くの人に伝え、社会全体の理解と共感を深められるよう貢献したいです。

この例文では、文系出身者が化学メーカーに興味を持った理由として、サークル活動での広報経験を挙げ、企業理念との共通点を見出しています

情報発信の重要性を感じた経験を通して、化学メーカーにおける情報発信の必要性と自身の貢献ポイントを明確に示しています。

知っておきたい化学メーカーの「学歴フィルター」の存在

化学メーカーへの就職を目指す上で、知っておきたい点の一つに「学歴フィルター」の存在があります。誰もが知るような人気企業の中には、選考の過程で一定以上の学歴を条件としている場合もあるようです。

もちろん、学歴だけで合否が決まるわけではありません。しかし、企業によっては、過去の採用実績から、特定の大学の出身者が多いケースも少なくありません。事前に企業のホームページなどで、採用実績を確認しておくのも良いでしょう。

もし、希望する企業の採用実績に、自分の出身大学の名前がなかったとしても、諦める必要はありません。企業は、学歴以外の要素も総合的に判断して採用を決定しています。企業研究や自己分析、そして選考対策をしっかり行うことで、十分に活躍できるチャンスがあります。

文系出身でも大丈夫! 自分に合った対策で化学メーカーに入ろう

ここまで見てきたように、文系学生にとって、化学メーカーへの就職は決して容易ではありません。

しかし、しっかりと準備を進め、他の就活生との差別化を図ることができれば、内定をもらえる可能性は十分にあります

この記事を参考に、自分に合った対策方法を見つけ、自信を持って就職活動に臨んでください!

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部