HOME > 就活マガジン記事 > TOEICを就活で活かそう!理想のスコアやアピール方法を徹底解説

TOEICを就活で活かそう!理想のスコアやアピール方法を徹底解説

就活でTOEICを活かすために勉強をしていても、スコアがどれくらい必要なのか、またそのスコアが実際に役立つのかについて、多くの学生が不安を感じているでしょう。

本記事では、就活にTOEICがどう役立つのか、また目指すべきスコアについて説明します。

ぜひ最後までご覧ください。

TOEICは就活に有利!3つのメリットを紹介

世界中の企業で国際化が進む現在、英語のスキルは非常に重要です。そのため、TOEICで高得点を獲得することは、就活生にとって強力な武器になるでしょう。

ここでは、TOEICのスコアが就活にどのようなメリットを与えるのかを3つのメリットから解説します。

  1. 入社後にグローバルに活躍できる証明になる
  2. 目標達成に向けて努力できる証明になる
  3. 高いスコアは他の就活生との差別化になる

①入社後にグローバルに活躍できる証明になる

TOEICの高得点は、ビジネスシーンでの英語能力があることを示し、国際的なコミュニケーションが可能だと採用担当者にアピールできます

現在、多くの企業が国際的な取引やプロジェクトを展開しており、英語が話せる人材は様々な場面で求められているでしょう。

TOEICのスコアが高ければ、グローバルに活躍する人材として、自己PRが可能になります。

②目標達成に向けて努力できる証明になる

TOEICの点数を上げることは、ただ単に英語力を証明するだけではありません。

それは、目標に対して一生懸命に取り組み、結果に表せる人材であることを示せます。毎日コツコツと努力を重ね、学習を続けることが大切です。

また、企業にアピールする際には、自分自身の学習方法や努力の過程を伝えると、具体的な成果を示せるでしょう。

③高いスコアは他の就活生との差別化になる

就活において、TOEICの高得点は、他の候補者との差別化になります。

履歴書やエントリーシートに高いスコアを記載することで、初期段階から自己の英語能力をアピールし、選考において有利な立場を確保できるでしょう。

特に、英語力を重視する職種や外資系企業では、TOEICの高いスコアが大きな強みとなります。高いスコアを持つことで、選考過程での優位性を期待し、自信を持って就職活動に臨めますよ。

就活でTOEICが重要な2つの理由

ここでは、企業が就活でTOEICを重要視する2つの理由を説明します。

  1. 海外のクライアントに対応できる人材が欲しいから
  2. TOEICが世界で広く認知されている英語資格だから

①海外のクライアントに対応できる人材が欲しいから

現代では、国境を越えた活動が日常的になっており、企業は世界各地での事業を展開するために、英語が得意な人材を重宝しています。

特に、海外のクライアントやパートナーと意思疎通を図れるコミュニケーション能力は、今や必須のスキルとされています。

そのため、個人の英語力の証明として、また国際的な業務に対処できる証明としてTOEICの高得点は、高く評価されているのです。

また、英語学習を通じて磨かれるコミュニケーション能力も、企業が求める資質の一つです。

②TOEICは世界で広く認知されている英語資格だから

TOEICは、読解力、聴解力、会話力、筆記力の4つの英語技能を評価するテストで、特にビジネスシーンでの使用に適した内容を取り入れています。

英語資格の中でも特に知名度が高く、多くの企業が採用しているため、就活において自分の英語力をアピールするための強力な武器になりますよ。

TOEICのスコアが高ければ、国際的なビジネス環境で活躍できる証明となり、企業にとっても、重要な判断材料の一つでしょう。

さらに、TOEICはビジネスシーンでの英語の利用を想定しているので、英語を使った実際の業務で、学んだ知識が直接役立つのです。

就活で企業に好印象を与えるTOEICのスコア

  TOEICの点数は、就職を控えた学生にとって大きな影響を持ちます。しかし、企業によってスコアの基準には差があるため、以下で解説していきます。

  1. 一般的な企業:600点以上
  2. 日常的に英語を使う企業:700点以上
  3. 外資系企業:800点以上

①一般的な企業:600点以上

TOEICのスコア600点は、一般企業への就活の基準点と言えます。

このスコアがあれば、日々の業務で必要とされる英語コミュニケーションに対応できるだろうと見なされます。

ただし、600点を超えることが全てではなく、より高いスコアを目指すことで、英語の能力がさらに高く評価されるでしょう。

企業によっては、より高いスコアが必要な場合もあるので、常にスキルアップを目指してくださいね。

②日常的に英語を使う企業:700点以上

国際ビジネスを展開する企業では、TOEICスコア700点が一つの基準です。

このレベルのスコアを持つことで、英語を使った中級以上のビジネスコミュニケーションが可能とみなされます。輸出入業や海外取引など、英語が日常的に必要とされる業務では、700点は一つの基準点です。

700点を超えるスコアは、英語を利用する職業に就きたい就活生に必須であり、企業もその能力を高く評価するでしょう。

③外資系企業:800点以上

外資系企業でのキャリアを目指すなら、TOEICで800点以上を獲得しましょう。

外資系企業では、グローバルなビジネス環境で高い英語力が求められます。その環境では800点以上あるとビジネス英語の上級コミュニケーション能力があると認められ、国際プロジェクトや会議に参加する際の信頼を獲得できます。

そのため、世界各地で事業を展開する外資系企業では、高いスコアが必要になりますよ。

TOEICのスコアが特に重要な業界4つ

ここでは、TOEICのスコアが特に重要とされる4つの業界を挙げます。

  1. 航空業界
  2. 商社業界
  3. 旅行業界
  4. 外資系企業

①航空業界

航空業界で活躍するためには、英語が欠かせません

世界中のお客様と対話するため、客室乗務員、地上スタッフ、パイロットなどは、日々英語を駆使しています。そのため、TOEICの高スコアは、航空業界への就職に近づけるでしょう。

また、国際会議や業界団体への参加も多く、そこでは英語が主要なコミュニケーション手段となるため、高い英語力は必然で、他の言語にも精通していると大きなアドバンテージになりますよ。

②商社業界

商社業界では、世界各国との取引が日常的に行われており、英語はその中心的な役割を果たしています。

交渉や契約、そして商品の仕入れから販売に至るまで、英語を使う場面は数えきれません。そんな環境で働くためには、高い英語力が必要です。

採用や昇進の際にも、TOEICのスコアは判断材料の一つとされているのです。

海外ビジネスの可能性を広げ、キャリアを築くためにも、商社業界における英語力の向上は欠かせないと言えるでしょう。

③旅行業界

旅行業界は、世界中の人々にサービスを提供するため、英語のスキルが非常に重要です。

海外でのツアーの計画、国際ホテルや観光スポットとのやり取りでは、日常的に英語が使用されています。さらに、世界各国からの旅行者とコミュニケーションを取るためにも、日常英語は必然と言えます。

そのため、この業界で活躍するためにはTOEICの高得点が必要です。

④外資系企業

外資系企業では、世界各地での事業を展開しているため、英語力は不可欠です。

業種によって求められる英語力は異なりますが、金融・投資業界の場合はクライアントが海外の企業であるため、専門的で正確な英語力が必要です。

また、ITエンジニアの場合は、高度な技術を説明できる英語力が求められます。

TOEICの高いスコアは、自分の英語力が十分にある証明になるので、ビジネスチャンスが広がります。多様なチャンスはキャリアアップにも繋がるため、英語力を向上させておきましょう。

TOEICスコアを活用した就職活動のコツ3つ

  1. 目標スコアの具体的な理由を説明する
  2. 具体的な努力の過程を説明する
  3. 英語力をどのように活かしていくか説明する

①目標スコアの具体的な理由を説明する

就活でTOEICをアピールする際は、なぜそのスコアを目標にしたか具体的に説明しましょう

そのためにも、TOEICの目標スコアを設定する際には、単に高い点数を追求するだけではなく、自分の将来像と照らし合わせて意義ある目標を立ててください

例えば、海外で活躍するプロジェクトチームに加わりたい、または国際的な取引に関わりたいと考えていた場合、それらを明確に説明しましょう。

企業に対して、自分の情熱や目標に向かう強い意志を伝える絶好の機会となるためです。

②具体的な努力の過程を説明する

就活でTOEICを有効的にアピールするためには、目標スコア達成に向けて、具体的に何をしたのか、工夫した点はどこかを説明しましょう。

例えば、「通勤時間を有効活用し、耳を英語に慣らすためにリスニング練習に専念しました。」「週末は英語の勉強会に参加し、実践的な会話能力を磨くことに力を入れました。」など、具体的な学習の取り組みを伝えてくださいね。

そうすることで、持続的な努力と成長への姿勢を理解してもらえるでしょう。

③英語力をどのように活かしていくか説明する

就活でTOEICをアピールする最後の方法として、英語力を今後どのように活かしていくか説明することが挙げられます。

ただ高いスコアを伝えるのではなく、業務にどのように反映させるか、英語を使って何ができるかなど、具体的な入社後の計画を説明しましょう。

これにより、この企業で活躍できる人材だという信頼を得られますよ。

TOEICのスコアを利用して就活を効果的に進めよう

TOEICのスコアは、就職活動において重要なアピールポイントです。国際ビジネスを展開する企業や外資系企業では、特に高いスコアが求められます。

スコアをアピールする際には、ただ数字を並べるのではなく、どのような努力をしてその成績に至ったのか、入社後に英語をどう活かしていくかを具体的に伝えましょう。

そうすることで、自分の英語能力だけでなく、成長への意欲やビジョンを企業に示せますよ。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部