HOME > 就活マガジン記事 > SPIの結果はいつ届くの?結果は見れる?使いわませるって本当?

SPIの結果はいつ届くの?結果は見れる?使いわませるって本当?

就活中は、SPI対策は避けて通れません。しかし、「結果通知はいつ来るの?」、「採点結果は?」などSPIに対しての疑問も多いのではないでしょうか?

本記事では、SPIの検査結果通知やテスト方式、検査結果の使い回しなどに関して詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください!

SPIの結果が届くまでは約2週間

SPIを受験した後、合格通知が届くまでの期間は、概ね2週間ほどです。

試験後すぐに採点は可能ですが、結果は最初に企業の人事担当者に送られます。その後、企業が次の選考に進む受験者を決定するために話し合うため、受験者に通知されるまでに時間がかかるのです。

企業によっては3日ほどで通知される場合もありますが、1ヶ月を超えることもあります

SPIとはどんな試験?検査内容や受験方式を解説

SPIとは、どのような試験なのでしょうか。以下の2つのポイントに分けて、SPIの概要を整理して解説します。

  1. 検査内容
  2. 受験方式

①検査内容

SPIは、次の2つのポイントをテストする試験です。

・知的能力
・正確

まず最初に検査されるのは、「知的能力」です。言語、論理、計算などの能力を測るため、多数の問題が出題されます。

そして、「性格」も検査されます。さまざまな質問を通じて、受験者の価値観や考え方を評価します。

SPIによって、学生の能力だけでなく、企業との相性も見極めることができますよ。

②受験方式

SPIの受験方式は、以下の4つに分かれます

テスト方式概要
テストセンター・テストセンターで受験
・設問ごとに制限時間がある
・結果を使いまわせる
Webテスティング・任意の場所で受験する
・通常よりも難しい傾向
インハウスCBT・企業指定の会場で受験
・パソコンで回答する
・受験結果の使い回しは不可
ペーパーテスト・企業指定の会場で受験
・解答用紙に回答する
・問題冊子は回収される

各受験方式に異なる特徴がありますので、理解しておきましょう。また、志望企業の受験方式も事前に確認しておくことをおすすめします。

SPIの採点結果を知ることが難しい理由

SPIの採点結果は、受験者が直接知ることは難しいです。得点に関して以下の2つのポイントを理解しておきましょう

  1. 企業は採点結果を教える義務はない
  2. 採点結果は予測が難しい

企業は採点結果を教える義務はない

SPIの採点結果に関して企業側に開示義務はありません。試験結果を知りたい場合でも、企業に直接問い合わせるのは避けましょう。

企業は受験者に対して情報を提供する義務はないため、開示を求めることは難しいです。特定の受験者のみに情報を提供することは、企業にとってトラブルのもととなります。

失礼な行為と受け取られかねないため、連絡はしないようにしてください

採点結果は予測が難しい

SPIの採点結果は、ほとんど予測できないと考えるべきです。テスト後には解答用紙や問題用紙が回収されるため、後から答え合わせをすることはできません。

WebテスティングやインハウスCBTでは一部をメモに記録できますが、全てを記録するのは現実的ではありません。

結果にこだわるよりも、次回のテストやエントリーシート、面接の対策に時間を費やす方が建設的です。

企業がSPIの結果で注目しているポイント

企業がSPIで注目しているポイントを、能力検査と性格検査の2つに分けて解説します。

  1. 能力検査
  2. 正確検査

①能力検査

企業が能力検査で注目するのは、業務のために必要な能力があるかどうかです。言語分野では漢字や語彙の知識、読解力が、非言語分野では計算処理能力や論理力が評価されます。

企業によって求める点数は異なりますが、人気のある企業では高得点が求められます。難度は義務教育レベルですが、設問数が多く、幅広い知識が問われるため、十分な準備が必要です。

②性格検査

性格検査では、応募者の性格や考え方が企業と合っているかを見極めます

企業は長期的な雇用したいため、知的能力と相性の両方を重視します。

自社と性格的にマッチした人材を見つけることで、人材教育にかかるコストを削減し、効率的な採用活動を目指しているのです

SPIはどのくらいの点数を取れば良いの?

SPIの点数の目標について、以下の2点から解説します。

  1. SPIは偏差値で評価である
  2. 6以上の段階を目指すと良い

①SPIは偏差値で評価である

SPIは、得点ではなく偏差値で評価されます。一般的に、学生の偏差値によって以下の7段階で評価されます。

レベル偏差値出現率
1~29.52.3%
2~37.59.2%
3~45.523.0%
4~53.531.0%
5~61.523.0%
6~69.59.2%
770~2.3%

偏差値が50を平均として、5段階以上であれば、就活生の平均以上の点数を取っていて、全体の上位30%に入っていると言えます

②6以上の段階を目指すと良い

多くの企業でSPIによって足切りされないようにするには、7段階のうち6段階以上の偏差値を目指すことがおすすめです。

SPIの試験の平均点が6割程度だと仮定すると、7~8割程度の得点率で6段階以上の評価をもらえると考えられます。

点数や偏差値が公表されていない以上は、正確な数値の確認はできませんが、7~8割程度の正答を目指して対策することで、足切りを避けることができるでしょう。

SPIの結果を効率的に使い回す方法

SPIの結果は、複数の企業の採用選考に使い回すことが可能です。以下の2点でその使い回しについて解説します

  1. 効率的に結果を使い回そう
  2. 有効期限や最新の結果であるかに注意!

①効率的に結果を使い回そう

SPIの結果を効率的に使いまわすことは重要です。特に以下の状況では積極的に活用しましょう。

・能力検査で高い正答率が得られた場合
・すでに企業の選考を通過した経験がある場合

例えば、テストセンターでSPIを受験したことがある場合、前回の試験結果を別の企業に送ることができます

良い結果であれば、使いまわすことを検討しましょう。これにより、受験の手間が省けるだけでなく、安定して選考を突破しやすくなります。

②有効期限や最新の結果であるかに注意!

検査結果の使い回しは便利ですが、有効期限や最新のデータかどうかには注意が必要です。具体的には、以下の点に留意しましょう。

・過去1年以内にテストセンターで受験した結果しか使いまわせない。
・最新の結果のみが有効。
・一度送信した結果は取り消せない。

テストセンターでの受験経験があっても、1年以上前の結果は利用できません。これらのポイントを把握し、戦略的に使い回しを活用しましょう。

SPIの結果はうまく使い回そう

SPIの結果は普通、受検者に通知されるまでに2週間程度かかります。具体的な点数は公表されませんので、落ち着いて企業からの通知を待ち、その結果をもとに今後の計画を立てましょう。

また、検査結果は使い回しが可能ですが、注意点を理解して上手に活用することが重要です。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部