HOME > 就活マガジン記事 > 【デザイナーの志望動機】熱意が伝わる書き方・例文まで紹介

【デザイナーの志望動機】熱意が伝わる書き方・例文まで紹介

デザイナーは、人気のある職業であり、多くの人が目指しています。デザイナーとしてのキャリアを歩むには、自分の志望動機をしっかりと考えることが大切です。

本記事では、デザイナーとして働くための志望動機の書き方・業種別の例文を紹介します。デザイナーを目指す皆さんは、ぜひこの記事を参考にして自分だけの志望動機を形にしてみてください。

デザイナーの志望動機は志望度をしっかり伝えよう

デザイナーの志望動機を述べる際には、志望度の高さをしっかり伝えましょう。なぜなら、多くの応募者がいるため、採用担当者は情熱を感じる候補者を選びたいと考えているからです。

選考において、採用された後も精一杯努力する姿勢が大きなポイントとなります。他の応募者と差をつけるためにも、最初に志望度の高さを伝えることが印象を良くするでしょう。

そもそもデザイナーの種類とは?3つの職種を紹介

志望動機を作成する前に、デザイナーの職種について詳しく解説します。職種への理解が深まることで、より説得力のある志望動機が作成できますよ。

  1. webデザイナー
  2. ファッションデザイナー
  3. グラフィックデザイナー

①webデザイナー

webデザイナーとは、ウェブサイトの作成に携わる職種です。具体的な業務内容としては、サイトのデザイン設計やレイアウトの決定、画像やフォントの選定などがあります。

時には、デザインのみならず、コンテンツの配置変更や情報の整理を通じて、ウェブサイトの改善に取り組むこともありますよ。

webデザイナーは専門性が高いため、web制作会社やIT企業、メディア業界など、多岐にわたる分野で活躍の場を見出しています。

②ファッションデザイナー

ファッションデザイナーは、新しい服やアクセサリーをデザインする仕事をしています。主な仕事内容としては、デザイン・市場調査を通じたトレンド調査・ブランドイメージの確立・サンプル作成に至るまで多岐にわたります。

流行を先取りし、常に新しいデザインを考案することが求められる職種です。

さらに、ブランドの規模が拡大するにつれて、特定のアイテムごとに専門のデザイナーが配置されることもあります。

③グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、ポスターや雑誌の広告をはじめとするビジュアルコンテンツの制作に従事しています。デジタル化の進展に伴い、グラフィックデザイナーの作業は紙からインターネットへと移行してきました。

近年、広告代理店・出版社・グラフィックデザイン会社など、多様な業界でグラフィックデザイナーの需要が高まっています。そのため、デジタルメディアへの適応は必須のスキルとなっていますよ。

【3STEP】デザイナーの志望動機の書き方とは?

では早速、デザイナーの志望動機の書き方を詳しく解説していきます。3ステップで紹介するので、ぜひ参考にしてください。

  1. 会社へ志望度の高さを伝える
  2. 持っているスキルを業務に活かせるとアピール
  3. 入社後のキャリアプランをしっかり伝える

①会社へ志望度の高さを伝える

デザイナー就職を目指すなら、希望する会社への熱意を示すことが重要です。多くの企業がデザイナーを求めている中で、なぜその会社が最適なのかを明確にする必要があります。

「他の会社ではなく、どうして私たちの会社を選んだのですか?」という質問に対しては、会社の理念やサービスに共感し、それが自分のキャリアや価値観とどのように合致しているのかを説明してください。

また、過去の経験を述べ、志望動機に説得力を持たせましょう。応募者が多い場合でも、採用担当者に強い印象を残すことができるでしょう。

②持っているスキルを業務に活かせるとアピール

デザイナー就職を成功させるには、自分のスキルをどのように活かせるか説明することが肝心です。多岐にわたる業界で活躍するデザイナーですが、能力と志望企業のニーズが一致していなければ、採用される可能性は低くなります。

志望する会社がどの業界でどのようなデザイン業務を行っているのかを把握し、自分のスキルがその業務にどう貢献できるのかを明確に示しましょう。

③入社後のキャリアプランをしっかり伝える

デザイナーとして入社後、達成したい目標をはっきりさせることが大切です。成長意欲と努力をアピールでき、好印象になりますよ。

目標を設定する前に、まず、企業の理念や戦略を理解し、日々の業務やプロジェクトにどう貢献できるかを考えます。次に、競合他社の状況を把握し差別化してください。

企業の方向性に合致した目標を立てることで、採用担当者に強い印象を与えられるでしょう。

デザイナーの志望動機を読みやすくする構成

ではここで、デザイナーの志望動機を読みやすくする構成を紹介します。採用担当者は多くの就活生を相手にしており、読みやすい志望動機を作成することで、目に留まりやすくなりますよ。

  1. はじめは志望動機
  2. 自分の経験・具体的なエピソード
  3. 入社後のキャリアビジョン

①はじめは志望動機

まず、志望動機の冒頭にはデザイナーになりたい理由を明確にしましょう。ただし、「憧れ」だけでは不十分。実際に貢献できる具体的なスキルや経験をアピールすることが大切です。

次に、その会社を選んだ理由を説明します。他社との違いを理解し、その会社でしか実現できない目標やビジョンを持っていることを伝えてください。

②自分の経験・具体的なエピソード

デザイナーの志望動機を述べる際には、自分の経験や実績を織り交ぜたエピソードを加えることが大切です。単なる表面的な動機ではなく、具体的で説得力のあるものになります。面接官に対して、自分の経験がデザイナーとしての役割にどうつながるのかを示しましょう。

具体的なエピソードを加えることで、面接官の記憶に残りやすい志望動機ができます。デザインに対する情熱が伝わるような経験を述べてくださいね。

③入社後のキャリアビジョン

デザイナーとして入社した後のキャリアビジョンを述べることで、面接官に対して自己成長への強い意志と、会社への貢献を望む姿勢をアピールできます。

目標は実現可能で、会社の発展に貢献できるものを選ぶべきです。そうすることで、採用担当者はあなたを貴重な人材と見なし、多様な業務を任せたいと考えるでしょう。

また、会社の方針やビジョンに合致する目標を掲げることは、面接での評価を高める要素となります。

【未経験者向けあり】デザイナーの志望動機例文6つ

では最後に、職種別にデザイナーの志望動機例文を6つ紹介します。未経験者・経験者に分けて紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

  1. 【経験者】webデザイナー
  2. 【未経験者】webデザイナー
  3. 【経験者】ファッションデザイナー
  4. 【未経験者】ファッションデザイナー
  5. 【経験者】グラフィックデザイナー
  6. 【未経験者】グラフィックデザイナー

①【経験者】webデザイナー

webデザイナーとして、新しい価値やデザインを世の中に発信したいと考えております。

そこで、長期インターンシップで得た経験を活かしたい所存です。インターンシップでは、ユーザーインターフェースの設計やユーザーエクスペリエンスの向上に取り組み、実際にウェブサイトの改善に貢献しました。この経験から、ユーザー中心のデザインの重要性を学び、それを実務にどう応用するかを理解しました。

入社後は、この知識を基に、使いやすく、かつ魅力的なウェブサイトを創出することで、会社のブランド価値を高めることに貢献したいです。また、チームでの協働を通じて、新しいアイデアを形にし、ユーザーにとって価値あるサービスを提供することを目指しています。

上記の例文は、経験者向けのwebデザイナーの志望動機です。長期インターンシップで培った専門知識をアピールし、即戦力と判断される志望動機になっています。

②【未経験者】webデザイナー

ウェブデザイナーとしてのキャリアを歩むことに強い意欲を持っています。

大学時代、私はサークルの広報担当として、イベントのポスターやSNSの投稿を手がけました。デザインの経験はありませんが、その活動を通じて、情報の伝え方がいかに大切かを学びました。視覚的に魅力的なコンテンツが、人々の関心を引き、行動を促す力を持っていることを実感しました。

入社後は、この経験を生かし、ユーザーにとって直感的で理解しやすいウェブサイトのデザインを目指します。また、チームでのプロジェクトを成功に導くために、コミュニケーション能力と協調性を活かしていきたいと考えています。未経験ではありますが、新しい知識を積極的に学び、貴社の成長に貢献できるよう努力します。

上記の例文は、未経験者向けのwebデザイナーの志望動機です。長期インターンシップで培った専門知識をアピールし、即戦力と判断される志望動機になっています。

③【経験者】ファッションデザイナー

私がファッションデザイナーを志望するのは、洋服を通じて人々に喜びと自信を与えたいからです。

この夢は、大学のファッションサークルで芽生えました。昨年のサークル展示会で、「地球にやさしい」をテーマに、古着をリメイクしたドレスを発表しました。デザインから縫製まで全て自分で行い、深夜まで試行錯誤した結果、来場者から「着てみたい」と言われ、感動しました。

特に、試着した友人が「自分に自信が持てた」と笑顔で言ってくれたことが忘れられません。

貴社に入社したら、この経験を活かし、環境に配慮しつつ、着る人の個性を輝かせるデザインを提案したいです。一着の服が、誰かの人生を明るく変えられると信じています。

上記の例文は、経験者向けのファッションデザイナーの志望動機です。志望理由と具体的なエピソードが合致しており、説得力のある志望動機になっています。

④【未経験者】ファッションデザイナー

ファッションデザイナーに興味を持ったのは、アパレル店でのアルバイト経験がきっかけです。

お客様一人ひとりの個性に合わせてコーディネートを提案する中で、「この服を着ると自分らしくいられる」と喜ぶ姿を目にしました。特に印象深いのは、就活用のスーツ選びで悩んでいた学生さん。堅苦しくない、でも自信の持てるスーツを提案したところ、「面接が楽しみになった」と笑顔で帰られたのです。

その時、服には人の気持ちを変える力があると実感しました。私には専門的な知識はありませんが、貴社で一から学び、多様な人々の個性や生活スタイルに寄り添うデザインを生み出したいです。服を通じて、もっと多くの人に自信と喜びを届けたいのです。

上記の例文は、未経験者向けのファッションデザイナーの志望動機です。未経験ながら、アパレルショップのアルバイト経験で得た学びを述べ、ファッションデザイナーとしてのポテンシャルをアピールできています。

⑤【経験者】グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーを志望するのは、デザインの力で社会に変化を起こしたいからです。

この想いは、大学のボランティアサークルで深まりました。昨年、地域の子ども食堂の支援を呼びかけるポスターを担当しました。「温かな食卓」をテーマに、笑顔の子どもたちと食事を囲むイラストを描き、温かい色使いで仕上げました。駅や商店街に掲示したところ、寄付や食材提供が急増。運営者から「あなたのポスターのおかげ」と言われ、デザインの影響力を実感しました。

貴社に入社したら、この経験を活かし、商品だけでなく社会貢献活動のデザインも手がけたいです。貴社の理念に共感し、デザインを通じて、より良い社会づくりに貢献したいのです。

上記の例文は、経験者向けのグラフィックデザイナーの志望動機です。ボランティアサークルで積んだグラフィックデザイナーの知識が読み取れる志望動機になっています。

⑥【未経験者】グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーを目指すきっかけは、昨年訪れた「都市と広告」展での体験です。

特に印象に残ったのは、ある企業の街頭広告でした。シンプルなデザインと心に響く一言で、環境保護の大切さを訴えていました。その広告の前で、老若男女が足を止め、話し合う姿を見て、デザインの力に感動しました。一枚の広告が、人々の意識を変え、行動を促すことを知ったのです。

専門的な知識はまだありませんが、貴社で基礎から学び、商品の魅力だけでなく、社会に貢献するメッセージも伝えられるデザイナーになりたいです。貴社の理念に共感し、デザインを通じて人々の心に響き、より良い社会づくりに貢献したいと考えています。

上記の例文は、未経験者向けのグラフィックデザイナーの志望動機です。経験はないものの、熱意が伝わる志望動機になっています。

デザイナーの志望動機はキャリアを明確にして書こう

デザイナーを志す際には、自分が目指すデザイナー像を明確にし、それを踏まえた志望動機を練り上げることが肝心です。そうすることで、自分のデザインに対する情熱・具体的な目標を伝えられます。

志望動機では、自分がどのようなデザイナーになりたいのか、そしてそのためにどのような努力をしているのかを具体的に示すことが重要ですよ。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部