HOME > 就活マガジン記事 > BtoB企業の代表企業や業務内容を紹介|魅力や必要な資質を解説

BtoB企業の代表企業や業務内容を紹介|魅力や必要な資質を解説

BtoB(Business to Business)企業は、メーカーや卸売業者など、法人を顧客として、商品やサービスを提供する企業を指します。一般の消費者との接点が少ないため、一般的な広告媒体を利用することはありませんが、社会的に大切な役割を果たしていますよ。

BtoB企業は、就活の際に理解しておくと役立つ特徴やメリット・デメリットがありますよ。そこで本記事では、BtoB企業の役割・魅力・デメリットなどを解説します。

代表的な日本のBtoB企業5社

日本国内には数多くのBtoB企業が存在し、その中でも多くが優良企業として知られています。今回は、その中から代表的な5社を紹介します。

  1. 三菱重工
  2. キヤノン
  3. パナソニック
  4. 住友電気工業
  5. TOTO

①多様な事業領域と技術力を持つ三菱重工

三菱重工は国内第3位のBtoB企業です。家電製造で知られますが、重電システムや産業メカトロニクスでも活躍しています。

FA事業では制御システムが強みで、航空宇宙業界では人工衛星技術が高く評価されていますよ。また、ITを活用したスマートグリッドや太陽電池技術も展開しており、幅広い技術力を持っています。

②グローバル化戦略を取るキヤノン

キヤノンは世界的に有名なカメラメーカーです。高精度レンズやブレ補正技術の開発で業界をリードしています。チャレンジ精神を重んじ、研修制度も充実しており、やりがいを感じながら働ける環境が整っていますよ。

また、時間外勤務の原則禁止や育児休業制度の導入など、ワークライフバランスの取り組みにも力を入れており、労働環境の改善に注力しています。

③生活家電でのシェアが強みのパナソニック

パナソニックは生活家電を中心に展開する総合電機メーカーです。安定した企業イメージで知られ、給与や福利厚生が充実しており、離職率も低くなります。創業は1918年で、研究開発にも力を入れています。

ただし、社員の平均年齢が、社風は保守的とされていますよ。

④グローバルに展開する住友電気工業

住友電気工業は国内最大の非鉄金属メーカー。世界40カ国に400カ所の拠点を持ち、規模の大きなBtoBメーカーです。社員の半数以上が海外経験を持ち、グローバル展開に注力しています。

先進技術の光ファイバーや切削工具用人工ダイヤモンドは世界的に高い評価を受けていますよ。

⑤住設機器メーカーのTOTO

TOTOはトイレや洗面器などの住設機器メーカーです。住宅設備機器の開発・製造だけでなく、環境建材や光触媒、セラミックなどの新技術の研究も行っています。

事業所を国内各地に配置し、きめ細かなコンサルティング営業を行っていますよ。これにより、高い利益を実現しています。

働きやすいBtoB企業を見つける方法

BtoB企業は一般的にあまり知られていないため、就活時の競争率が低いこともありますが、優良な企業も多く存在します

では、志望する企業をどのように見つけるべきでしょうか。

  1. OB・OG訪問を行う
  2. キャリアセンターを活用する

これらの方法を活用して、自分に合ったBtoB企業を見つけましょう。

①OB・OG訪問を活用しよう

BtoB企業に興味を持ち、詳細を知りたい場合は、対象の企業を訪問しましょう。

直接訪問することで、社員や職場の雰囲気、具体的な事業内容など、ネット上では得られない生の情報を得られます。

また、先輩社員との対面で仕事の進め方や魅力を把握できますよ。

しかし、OB・OG訪問では事前にいくつかの質問を用意し、訪問先の企業を事前に調査することが重要です。

②大学のキャリアセンターを利用しよう

BtoB企業に関する情報は、大学のキャリアセンターを訪れることで得られます

キャリアセンターは、学生の就職活動を支援する部署であり、BtoB企業を含むさまざまな企業の求人情報やインターンシップ募集要項など、就活に必要な情報が集約されていますよ。

さらに、キャリアセンターでは、採用意欲の高いBtoB企業が直接求人募集を行っている場合もあります。

BtoB企業の2つの魅力

BtoB企業は一般的にはあまり知られていませんが、企業価値は高いものです。なぜなら、企業間取引を行う企業ならではのメリットがあるためです。

ここでは、以下のメリット2点を紹介します。

  1. 社会貢献度が高い
  2. リピート率が高い

①BtoB企業の社会貢献度の高さ

BtoB企業が提供する製品やサービスは、人々の目に触れなくても社会に不可欠です。その取引が停止すれば、経済や社会活動が妨げられる恐れがあります。

例えば、自動車産業ではBtoBで供給される部品が重要です。これらは一般的には認知されませんが、供給が途絶えると自動車工場の稼働もできなくなります。

BtoB企業は高度な技術で製品やサービスを提供し、その分野でリードしています。これにより社会貢献度が高まり、働く喜びも感じられるでしょう。

②BtoB業界のリピート率の高さ

BtoB企業は、建設業界や製造業界など、新規参入が難しい業界に多く存在し、契約が成立するとリピートでの受注が期待できます

新規顧客でも、一度受注が決まれば長期的な取引が見込めます。そのため、安定した売り上げが見込め、企業の安定性が高まります。

BtoB企業の就職デメリット2つ

就活では、デメリットも考慮して就職先を選ぶ必要があります。BtoB企業への就職には、以下の2つのデメリットが考えられますよ。

  1. 知名度が低い
  2. 地味な印象を持たれる

①BtoB企業の知名度の低さ

法人を顧客とするBtoB企業は一般的な商品を扱わないため、テレビCMや新聞広告などの広告費が必要ありません。

その結果、一般の人々にはあまり知られず、知名度が低くなりがちです。そのため、華やかなイメージや活躍に憧れる人には、やりがいや喜びを感じにくいかもしれません。

また、就職先の知名度を重視する人も多く、家族から心配されることもありますよ。

②BtoB企業は地味な印象を持たれやすい

メディアに登場しないBtoB企業は、地味な印象を与えがち。

知名度を向上させることも大切ですが、「誰もが知る企業で働きたい」、「社会的に認知されたブランドの商品・商材を扱いたい」といった志向を持つ人には不向きかもしれません。

BtoB企業で活躍する人の特徴2つ

BtoB企業で成功するためには、どのような人が向いているのでしょうか。その特徴を2つ挙げてみましょう。

  1. 影響力の大きい仕事を好む人
  2. 高いプレゼンテーション能力を持つ人

①BtoB企業での影響力を求める人

BtoB企業は、知名度は低いかもしれませんが、社会的に欠かせない商品やサービスを扱っています。また、その販売量や取引額は非常に大きいため、大きな影響力を持つ場合も。

ですから、社会に影響を与える仕事を望むなら、BtoB企業は魅力的なキャリアの選択肢と言えるでしょう。

②プレゼン能力に自信がある人

BtoB取引では、顧客が企業との関係性を築き、意思決定プロセスが複雑になります。

このような環境では、自社の製品やサービスの品質を効果的に伝えるために、合理的で説得力のある論理的な説明が必要です。

そのため、プレゼンテーション能力の高い人材がBtoB企業にとって重要とされます。

BtoB企業の知名度は低いが安定している

BtoB企業は、中小企業であっても専門分野で世界的なシェアを持ち、堅実な地位を築いています。

つまり、多くの商品やサービスを市場に提供し、経営面でも安定しているということです。

就活では、多くの学生が知名度や人気のある企業に惹かれがちですが、BtoB企業も選択肢の一つとして検討することで、優良企業から内定を得る可能性が高まるかもしれません。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部