HOME > 就活マガジン記事 > 最終面接でも緊張せずにいる方法とは?|頻出質問集も紹介

最終面接でも緊張せずにいる方法とは?|頻出質問集も紹介

いよいよ最終面接だと思うと、緊張してしまって夜も眠れない、そんな就活生もいるかもしれません。

この不安な気持ちを少しでも和らげられるように、今回は最終面接で緊張してしまう原因と、その対策方法について詳しく解説していきます

さらに、最終面接ならではの特徴や、企業の担当者がよくする質問もご紹介しますので、ぜひ最後まで読んで参考にしてみて下さい。

最終面接の特徴は経営陣が行うことが多いこと

最終面接の大きな特徴の一つに、経営陣が直接面接を行う場合が多いという点が挙げられます

一次面接や二次面接では、人事担当者や現場の担当者が面接官となり、応募者のスキルやコミュニケーション能力などを評価することが一般的です。

しかし、最終面接では、経営陣自らが候補者と向き合い、応募者が企業のビジョンや文化にマッチしているか、長期的な視点で企業に貢献できる人物かどうかを判断します。

最終面接で緊張してしまう理由

最終面接で緊張してしまう理由を知っておけば、緊張が少し和らぐかもしれません。以下で確認しましょう。

  1. 自分の人生の大きな岐路だから
  2. 企業の重役が面接官だから

自分の人生の大きな岐路だから

最終面接で緊張してしまう理由の一つに、就活が人生の大きな岐路であることが挙げられます。就職や転職はその後の人生を大きく左右する一大イベントなので、その選考である面接で緊張してしまうのも無理はありません。

しかし、必要以上に怖がることはありません。面接はあくまで通過点の一つであり、長いキャリアの中ではほんの一瞬に過ぎないと考えることが大切です。失敗を恐れず、これまで積み重ねてきた経験と能力を信じて、面接に臨みましょう。

企業の重役が面接官だから

最終面接で緊張してしまうもう一つの理由として、面接官が企業の重役であるという点が挙げられます。慣れない場で、しかも初対面の企業の重役を前にすると、萎縮してしまうのも当然です。

しかし、忘れてはいけないのは、企業の重役も皆さんと同じ一人の人間であるということです。彼らは、あなたという人物の能力や人柄をしっかりと理解しようと、真剣に面接に臨んでいます。ですから、必要以上に怖がることなく、面接官と積極的にコミュニケーションを取りながら、自分の強みや経験をありのままに伝えましょう。

また、事前に企業研究をしっかりとしておくことも、緊張を和らげるためには効果的です。企業の理念や事業内容、そして面接官が求める人物像などを事前に理解しておくことで、落ち着いて面接に臨むことができるでしょう。

最終面接で緊張しないための対策法

ここでは、最終面接で緊張しないための対策方法を紹介します。

  1. 企業研究を徹底しておく
  2. 質問への回答を丸暗記しない
  3. 面接中はとにかく笑顔を作る
  4. うまく答えられなくても大丈夫と考える

①企業研究を徹底しておく

まず、徹底した企業研究は欠かせません。企業のビジョンや文化、最近の動向などを詳しく調べておくことで、面接官の質問にも自信を持って答えられるようになります。

企業のことを深く理解しておくことで、自信を持って面接に臨むことができますし、企業への熱意を面接官に伝えることもできます。

また、自分がその企業でどのように貢献できるのか、具体的なイメージを持って伝える準備をしておくことも大切です。

②質問への回答を丸暗記しない

面接で聞かれそうな質問への回答を、ある程度事前に考えておくことは大切ですが、丸暗記してしまうのはおすすめできません

暗記した内容をそのまま話そうとすると、どうしても不自然な話し方になってしまい、緊張しているときには言葉に詰まってしまう可能性もあります。

むしろ、自分の経験や考えに基づいた答えを事前に用意しておき、それを自然な言葉で話せるように練習しておく方が効果的です。そうすることで、面接本番でも柔軟に対応できますし、よりリラックスして面接官と会話することができるでしょう。

③面接中はとにかく笑顔を作る

面接中は、意識して笑顔を見せるように心がけましょう。笑顔は、自分自身をリラックスさせてくれるだけでなく、面接官にも好印象を与えてくれます。

特に緊張しているときこそ、笑顔を意識することが大切です。笑顔によってポジティブな気持ちが生まれ、面接全体が和やかな雰囲気になるでしょう。

また、笑顔は円滑なコミュニケーションを促し、会話が弾むきっかけにもなります。

④うまく答えられなくても大丈夫と考える

そして、面接でうまく答えられなくても、必要以上に落ち込む必要はありません。面接官の質問に対して、完璧に答えられなくても、それで合否が決まるわけではありません。

本当に大切なのは、あなた自身の考えや意見を、しっかりと誠実に伝えることです。完璧主義にならずに、自分のできる範囲でベストを尽くそうという気持ちで臨みましょう。

失敗を恐れず、これまであなたが培ってきた強みや経験を、自信を持ってアピールすることが大切です。

最終面接の頻出質問5選

  1. 弊社が第一希望ですか?
  2. 他に内定をもらっていますか?
  3. 志望動機を再度教えてください
  4. 入社後はどのようなことをしたいですか?
  5. 逆に質問したいことはありますか?

もちろん、企業や職種によって、面接で聞かれる質問の内容は異なります。今回ご紹介した質問が、必ずしも全ての面接で聞かれるとは限りませんし、これ以外にも様々な質問をされる可能性があります。

しかし、最後の逆質問だけは、ほとんどの企業で用意されていると考えて良いでしょう。逆質問の内容によって、あなたが入社に向けてどれだけ真剣に考えているのかが伝わりますので、事前にしっかりと準備しておくことをおすすめします。

最終面接までに緊張しないための準備をしておこう

最終面接に臨むにあたって、最も大切なのは、緊張しすぎずに、自分らしさを発揮することです。そのためにも、事前の準備をしっかりと行い、自分の強みや経験を整理しておきましょう。

また、緊張を和らげるための方法を見つけておくことも効果的です。深呼吸や軽いストレッチ、あるいはポジティブな自己暗示など、自分に合った方法でリラックスできるように準備しておきましょう。

最終面接は、あなたの能力を最大限にアピールできる絶好のチャンスです。自信を持って、面接を楽しんでください。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する