HOME > 就活マガジン記事 > フジテレビの面接対策!他の就活生に差をつけるコツも紹介

フジテレビの面接対策!他の就活生に差をつけるコツも紹介

フジテレビに就職したいという思いが強く、採用されるか不安に感じている就活生も多いかと思います。

そんな方のために本記事では、フジテレビの概要や面接対策、そしてテレビ業界がおすすめの人の特徴について詳しく解説します。参考にしてくださいね。

フジテレビの企業研究

フジテレビは、日本のテレビ業界を代表するキー局の1つであり、多くの人々から人気の番組を数多く制作しています。

まずは、フジテレビの企業情報や企業理念、選考難易度を解説します。

  1. フジテレビの基本情報
  2. フジテレビの理念
  3. フジテレビの入社難易度

フジテレビの基本情報

フジテレビは平成20年10月1日に設立され、資本金は88億円です。従業員数は1,311名を数え、様々な分野で活躍しています。(引用:フジテレビ)

主な事業内容は、テレビ番組の制作、報道、デジタル事業が挙げられますよ。テレビ番組制作では、多岐にわたるジャンルの番組を手がけ、視聴者に高品質なコンテンツを提供しています。

報道部門では、信頼性の高いニュースを迅速に届けることを目指し、常に最新の情報を提供していますよ。デジタル事業では、インターネットを活用した様々なサービスを展開しており、時代のニーズに応える形で事業を拡大しています。

フジテレビの理念

フジテレビは、多くの視聴者に愛される放送局として長い歴史を誇ります。その背景には、企業としての強固な理念がありますよ。

フジテレビの企業理念は「挑戦と創造」です。この理念は、常に新しいことに挑戦し、新たな価値を創造する意志を示していますよ。

さらに、フジテレビの行動宣言に、社会的責任・社会貢献・明るい職場の3つの柱を掲げています。

フジテレビの入社難易度

フジテレビは毎年多くの応募者が選考に参加しますが、採用されるのは毎年数十人程度であるため、競争率が非常に高くなっています

中途採用面接では、前職の仕事内容や成果、入社後のキャリアビジョンについて深く聞かれることが多く、難易度が高まりますよ。

さらに、フジテレビは社風や企業理念にマッチする人材を求めているため、自分の価値観や考えがフジテレビとマッチしていることを必ず伝えましょう。

選考プロセスはWEBエントリーから始まり、筆記試験や面接が続きます。面接では、自分の考えや志望動機を明確に伝えることが重要ですよ。

フジテレビの面接対策の3つのポイント

実際にフジテレビの面接対策ではどのようなことをしたらいいのでしょうか?以下に3つのポイントをまとめたので参考にしてくださいね。

  1. テレビ業界で達成したいことを明確にする
  2. 働く上で活かせる強みを伝える
  3. フジテレビを選ぶ理由を考える

①テレビ業界で達成したいことを明確にする

フジテレビの面接では、テレビ業界で何を達成したいのか、作りたい番組はどういったものかといった具体的なビジョンが求められます

その際、「なぜテレビ局なのか」「どんな番組が好きか」「なぜそれが好きなのか」といった質問には、明確な答えを用意しておきましょう。

模範解答を探すよりも、自分の本心を正直に伝えることが大切です。自分の思いをしっかりと伝えることで、面接官にあなたの情熱と意欲を感じてもらえますよ。

②働く上で活かせる強みを伝える

フジテレビの面接では、自分の強みやこれまでの経験をどのように活かしていくかを明確に伝えることが大切です。

例えば、過去のプロジェクトでの成功体験や、困難を乗り越えた経験などを具体的に話すことで、自分の強みをアピールできますよ。

これにより、あなたが持つスキルや経験が会社にどのように貢献できるかを伝えられます。

③フジテレビを選ぶ理由を考える

フジテレビの面接では、必ず「どうして他局ではなく、フジテレビに?」と聞かれます。この際、他のテレビ局との差異やフジテレビの魅力を具体的に説明できるようにしましょう。これにより、あなたの強い志望度を伝えられます。

フジテレビの独自の強みや魅力を理解するためには、業界の研究や競合他社との比較を行うことが重要ですよ。その知識を面接でしっかりと伝えることで、あなたの熱意を示せます。しっかりと準備をして臨みましょう。

テレビ業界がおすすめな人の特徴3つ

テレビ業界は、特徴的な業界であり向いている人には特徴があります。以下の特徴を参考に自己PRも考えてみてくださいね。

  1. エンタメに向き合える人
  2. 体力がある人
  3. 伝えたいものがある人

①エンタメに向き合える人

テレビ業界はエンターテインメントの中心にあり、多くのテレビ番組やインターネットコンテンツが制作されています。そのため、エンタメが好きで情熱を持っている人に向いているでしょう。

特にフジテレビの面接では、テレビに関する質問が多く投げかけられることが多くあります。番組の好みや考え方をしっかり伝えることが、テレビ業界での就職成功の鍵となりますよ。

また、テレビ業界は仕事が忙しく、休みが取れない期間もあるため、エンタメが好きでないと続けるのが難しいです。

②体力がある人

テレビ業界は非常に多忙であり、夜遅くまでの作業や突発的な仕事が頻繁に発生するため、テレビ業界で働くためには体力が必要です。

フジテレビの社員からも、「残業が多く激務」といった声が多く聞かれますよ。しかし、その一方で「自分の仕事が世の中に反映する」「視聴者からの反応を見聞きすることがやりがい」といった声もあります。

体力がある人は、テレビ業界の厳しい環境にも耐えられるでしょう。

③伝えたいものがある人

テレビは、たくさんの方々に情報やメッセージを届ける力強いメディアです。このため、人々に何かを伝えたいという強い意欲を持つ方々には、テレビ業界が最適ですよ。

フジテレビの行動宣言には、「心に残るコンテンツを生み出し、文化・教育・環境など多岐にわたる分野に貢献します」とあります。これからもテレビを通じて社会に寄与する姿勢が見て取れますね。

社会貢献の意識が高く、テレビを通じてメッセージを伝えたいという強い志を持つ方々が、テレビ業界で活躍できると言えるでしょう。

他の就活生と差をつけるための3つのコツ

フジテレビは採用人数も少なく、倍率が非常に高い企業です。以下3つのポイントを抑えて他の就活生と差をつけましょう

  1. 企業研究を徹底する
  2. 自分ならではの強みを伝える
  3. 第一志望だと意識して面接を受ける

①企業研究を徹底する

企業研究は、面接やエントリーシートのために非常に重要です。

例えば、面接で「なぜ当社を選んだのですか?」と聞かれた場合、業界や競合他社に対する深い理解を示し、企業の強みや個性を明確に理解していると、自分の熱意がより伝わりやすくなりますよ。

さらに、企業の理念や行動方針を理解し、それに共感する点や自身の経験との関連性をアピールすることで、より深い理解を示せるでしょう。

②自分ならではの強みを伝える

大企業には、たくさんの優秀な人材が集まります。自分を際立たせるために、独自の特性や経験を伝えられるようにしましょう

たとえば、特定の番組が好きな理由や、過去の成功体験などを通じて、他の人とは異なる視点を示すことが重要です。

自分の強みもありきたりな言葉ではなく、印象に残りやすいフレーズを考えてくださいね。

③第一志望だと意識して面接を受ける

第一志望だと意識して面接を受けると、緊張感が高まり対策も万全にできます。さらに、企業にも自分の熱意が伝わりますよ。

ここで注意してほしいのが、第一志望と言うだけではなく、どうして他の企業よりもここに行きたいのかを明確に説明できるようにする必要があることです。

自分がここを第一志望としている理由を論理的にも感情的にも話せることで、熱意と誠実さが伝わるはずですよ。

フジテレビの企業研究を徹底して面接対策をしよう

面接は、自分の考えやビジョンを伝える貴重な機会です。きちんと企業研究を行い、自分をアピールすることで、フジテレビでの新たなキャリアをスタートさせる第一歩となりますよ。

フジテレビは採用人数が少なく、非常に厳しい戦いとなるので面接の練習は欠かさないようにしてくださいね。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部