HOME > 就活マガジン記事 > ホテル業界の仕事内容と向いている人の特徴を解説|おすすめ資格も紹介

ホテル業界の仕事内容と向いている人の特徴を解説|おすすめ資格も紹介

ホテル業界への就職を検討している就活生も多いでしょう。しかし業界についての知識が無いと、好印象を残せるESを書けませんよね。

本記事では、ホテル業界の仕事内容やトレンド、メリット・デメリットを詳しく解説します。また、ホテル業界へ有利な資格も紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

ホテル業界の主な仕事内容を徹底解説

まずは、ホテル業界の主な仕事内容を紹介します。ホテルによって異なりますが、ホテル業界は主に以下の4つの部門に分けられます。

  1. 宿泊部門
  2. 飲食部門
  3. 調理部門
  4. 管理部門

①宿泊部門

宿泊部門ではフロントやベルなどが顧客対応を行います。ホテルに訪れたお客さんが最初に関わるスタッフなのでホテルの顔とも言われる役割です。

フロントに立ち、お客様のチェックイン・チェックアウトやお問い合わせ対応などを行います。周辺の観光地についてのお問い合わせも多く受け付けるので、ホテルについての知識はもちろん、その地域全体の知識が必要となる職業です。

②飲食部門

飲食部門には、レストランやバーなどでお客様へ食事を提供する役割があります。

料理やドリンクの提供だけでなく、メニュー説明や注文の受け方、食材の知識なども身に付ける必要があります。お客様に美味しい料理と快適な空間を提供するため、調理や清掃部門との連携も欠かせません

③調理部門

調理部門は、シェフやパティシエなどが所属し、提供する料理を作る役割を担っています。味や見た目だけでなく、衛生管理や原価計算、メニュー考案、食材の手配と在庫管理なども重要な仕事です。

お客様の満足のため、飲食部門や宿泊部門と緊密に連携しながら業務を遂行します。

④管理部門

管理部門では、ホテルの経営や運営に関する業務を行います

財務、人事・広報など経営管理職や、設備・備品の点検・修理を行う技術職がいます。また利益や競争力を高めるための市場調査や戦略立案、品質向上のための他部門との協力など、幅広い役割を担っています

一般的なホテル4種類を解説

続いて、そもそも世の中にはどんなホテルがあるのかを紹介します。メジャーとなるホテルは主に以下の4種類です。

  1. シティホテル
  2. ビジネスホテル
  3. リゾートホテル
  4. アーバンリゾートホテル

①シティホテル

シティホテルは都心に位置し、ビジネスや観光で滞在する人々への快適な宿泊を提供することが目的です。夜景や都市の景観を楽しめる客室が特徴的で、シングルからスイートまで多様な部屋タイプがあります。

アメニティも充実しており、コンシェルジュなど手厚いスタッフサービスが受けられます。価格は高めですが、利便性と高級感が魅力です。

②ビジネスホテル

ビジネスホテルは、出張でホテルを利用するビジネスパーソンをメインターゲットとしています。そのため交通の便が良い立地が多く、価格は手頃な設定です。

シングルルームが中心ですが、女性専用フロアや上級ルームも充実しているホテルも多数あります。ビジネスマンの朝食ニーズにも対応するなど、機能的で効率的なサービスが用意されています。

③リゾートホテル

リゾートホテルは、観光地やリゾートエリアにあり、観光客をメインに受け入れています。スキー場や海辺、高原など、魅力的なロケーションが特徴です。

ダブル以上の広々とした客室が中心で、プールやレストラン、スパなどの充実した施設が魅力です。1泊1万円前後が相場で、ホテル滞在そのものを楽しめる非日常体験が人気になっています。

④アーバンリゾートホテル

アーバンリゾートホテルは、都心に位置しながらリゾート気分が味わえるという新しいコンセプトのホテルです。

バリ風やカントリースタイルなど、個性的な内装が特徴的で、都会の中の隠れ家的存在として支持されています。プールやスパなどリラクゼーション施設が充実しており、日常から離れた非日常体験ができるのが魅力です。

ホテル業界のトレンドをチェック

続いて、ホテル業界のトレンドを紹介します。コロナや円安により影響を受けやすい業界でもあるので、情報は随時確認するようにしておきましょう。

  1. アフターコロナで海外からの観光客が増加
  2. 人材不足が課題

①アフターコロナで海外からの観光客が増加

新型コロナ収束後、インバウンド需要が高まり、特にアジア圏からの観光客が増加傾向にあります。これはホテル業界にとって大きなチャンスですが、同時に新たなニーズや期待への対応が課題となっています。

リゾートホテルや都市部のホテルでは、サービスや施設の改善を進め、訪日客のニーズに応える取り組みが強化されています。インバウンド観光客の増加は、ホテル業界に変革を迫る大きな潮流となっているのです。

②人材不足が課題

ホテル業界は長時間労働が一般的で、特にフロントやハウスキーピング部門で人手不足が深刻化しています。この状況が放置されれば、サービスの質の低下を招きかねないため、働きやすい環境の整備が不可欠です。

また、新技術の導入や業務の効率化が進められていて、人手不足の緩和を目指しています。就活生にとってはこれから変化していくホテル業界の中でも最も大事なポイントになるでしょう。

ホテル業界で働いて得られる3つのメリット

続いて、ホテル業界で働くことにより得られるメリットを3つ紹介します。

  1. 語学力を業務に活かせる
  2. ハイレベルのマナーが見につく
  3. おもてなし精神を習得できる

①語学力を業務に活かせる

ホテル業界では、外国人客との交流が日常的にあり、語学力を発揮できる機会が多くあります。特に質問や要望への対応時に語学力を活かせば、スムーズなコミュニケーションが可能になります。

異文化との触れ合いを通じて、より幅広い視野を身に付けられるのも魅力です。語学に自信のある人はもちろん、語学を活かしたい人にもホテル業界は適した職場環境と言えるでしょう。

②ハイレベルのマナーが見につく

ホテル業界ではお客様への最上級のサービスが求められるため、高い接客スキルやマナーが身に付きます。フロント業務ではチェックイン・アウト時の丁寧な言葉遣いや態度、ベルアテンダントではお客様の荷物の取り扱いや案内時の細やかな気配りなど、実践を通じて磨かれます。

接客の基本を体得でき、これらのスキルは長く活躍するための強みとなるでしょう。そのため厳しいマナーを身に着けたい人にも人気な業界です。

③おもてなし精神を習得できる

ホテル業務の中心は、お客様に心からのおもてなしを提供することです。コンシェルジュなどの業務を通じて、お客様のニーズを的確に汲み取り、最適なサービスを提供する力が身に付きます。

ホテル業界で働くことで、真のホスピタリティ精神、すなわち「おもてなしの心」を学べるのです。この経験は、あらゆる業界で活かせる大切な財産となるでしょう。

ホテル業界で働いて感じられる2つのデメリット

続いて、ホテル業界で働くことにより感じる可能性のあるデメリットを紹介します。

  1. 不規則な生活リズムになりやすい
  2. クレーム対応に悩まされる

①不規則な生活リズムになりやすい

365日体制のサービス業という性質上、夜勤や早朝出勤も珍しくなく、生活リズムの乱れや健康被害のリスクがあります。平日が休日となることも多く、プライベートの時間を確保するのが難しい環境にあります。

そのため規則正しい生活を重視する方には、デメリットと言えるでしょう。

②クレーム対応に悩まされる

ホテル業界では、お客様の期待値が非常に高く、些細な不手際もクレームの対象となりかねません。特に高級施設ではサービス要求も厳しく、理不尽な要求やストレスフルな状況に直面する可能性があります。

過度なクレームに耐えられるかどうかが、入社後活躍を左右する大きな点となります。またこの部分は強みであったら特にアピールしたいポイントでもありますよ。

ホテル業界に向いている人の3つの特徴

続いて、ホテル業界に向いている人の特徴を3つ紹介します。

  1. 体力のある人
  2. 協調性のある人
  3. 語学力がある人

①体力のある人

長時間の立ち仕事が中心で体力を必要とするホテル業務には、当然ですが体力がある人が向いています

特にベルアテンダントの荷物運搬業務では、日頃の体力作りが重要です。ホテル職で体を酷使する場合も多いため、十分な体力は必須条件と言えるでしょう

②協調性のある人

ホテル業務はフロント、ベルスタッフ、ドアマンなど様々な職種が連携して行われます。スムーズな業務進行には部署間の協力が不可欠です。

そのため、他者とうまく協調できるコミュニケーション力が、ホテル業界で求められる重要な能力の一つです。

③語学力がある人

国内外から様々な国籍のお客様が訪れるホテルでは、多言語でのコミュニケーションが不可欠です。フロントやコンシェルジュなど対客業務では特に語学力が重視されます。

英語を始めとする複数の外国語に堪能であれば、ホテル業界で大いに活躍できる可能性があります。自分の語学力を用いて他国のお客様をおもてなししたい精神がある人に、おすすめの業界です。

ホテル業界の就職で役立つ資格を紹介

最後に、ホテル業界を目指す学生におすすめしたい資格を紹介します。

  1. TOEIC
  2. ホテルビジネス実務検定
  3. 秘書検定

①TOEIC

ホテル業界の国際色の強さから、英語力は就職時に高く評価されます。そのため、語学力を証明するTOEICの高得点は大きな武器となります。

特にフロントやコンシェルジュなど対客業務では、英語能力が不可欠です。ビジネス英語を測るTOEICの取得は、ホテル業界での就職に活用できるでしょう。一般的に650点以上のスコアを所持していると、強みとしてアピールできますよ。

②ホテルビジネス実務検定

ホテル業界特化の「ホテルビジネス実務検定」は、ホテルでの業務知識やサービスの質向上に役立つ検定です。ホテル業務の理解を深め、実践的な接客スキルやマナーを身につけられます

この検定を取得していると特にホテル業界への志望度が高いことをアピールできるので、ホテル業界が第一志望の学生に特におすすめです。

③秘書検定

お客様対応と並び、事務処理能力もホテル業界で求められるスキルです。秘書検定は、ビジネスマナーや事務作業の効率化、コミュニケーション力を評価する検定です。ホテルの管理部門や営業部門を志す方にとって、この検定の取得は就職に有利に働くでしょう。

またホテル以外の接客職でも活用できる資格でもあります

ホテル業界の特徴をおさえてアピールポイントをつくろう

本記事では、ホテル業界の仕事内容や向いている人の特徴を紹介してきました。おもてなし精神が大事になるホテル業界は、志望度が高い人ほどホテルへの気持ちが強い人多く、そのようなアピールをする学生が高評価される傾向にあります。

ホテルが好きという気持ちをアピールする場合は、どんな経験からその想いを抱いたのかを明確にし、印象深いアピールを行ってくださいね。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部