HOME > 就活マガジン記事 > 福祉業界のトレンドや特色・仕事内容を徹底解説|就活生必見

福祉業界のトレンドや特色・仕事内容を徹底解説|就活生必見

福祉業界への関心は年々高まっていますが、その実態を知る人は意外と少ないのが現状です。本記事では、福祉業界の様々な側面について、わかりやすく説明していきます。

福祉業界は、高齢者や障がい者、子供など、支援を必要とする人々に寄り添う仕事が中心となります。近年、少子高齢化の進展に伴い、介護やリハビリなどの需要がますます高まっており、成長が期待される分野でもあります。

福祉業界の特色

まずは、福祉業界の特色について以下の観点から解説します。

  1. 福祉業界とは
  2. 福祉業界の仕組み
  3. 福祉業界の仕事内容

①福祉業界について

福祉業界は医療と密接に関連しています。医療から福祉への流れを生み出すことで、リハビリや介護へとつなげられるのです。そのため、病院や施設内で専門職種が連携を取ることが重要視されているのが特徴と言えます。

また、ICTの活用が進められていることも大きな特徴です。介護ロボットやAIなどの先端技術を取り入れることで、利用者の生活を効率的にサポートし、職員の負担軽減にもつなげています。技術を活用しつつ、人的ケアの質を向上させる取り組みが各所で行われています。

ほかにも、地域包括ケアシステムの充実が課題となっています。高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるよう、医療や介護、生活支援サービスを一体的に提供する体制の強化が求められているのです。

②福祉業界の仕組み

福祉業界は大きく分けて以下の2つの仕組みに分けられます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

  1. 施設サービス
  2. 移住サービス

①施設サービス

施設サービスとは、特定の福祉施設で提供されるさまざまなサービスを指します。具体的には、特別養護老人ホームや介護老人保健施設、介護療養型医療施設などがこれに該当します。  

老人ホームや介護施設では、利用者の方々の日常生活のサポートと健康管理が主な目的とされています。特に介護療養型医療施設は、医療に特化したサービスを提供する施設として知られ、入所者の方々の療養生活を支えています。

施設ごとに対象者や提供サービスは異なりますが、いずれも利用者の方々が尊厳を持って安心した生活を送れるよう、細やかなケアを行うことを旨としています。サービスの種類は多岐にわたり、利用者一人ひとりのニーズに合わせて最適なプランを組むことができるのが特長です。

②居住サービス

居住サービスは、利用者が自宅で受けられるサービスです。訪問介護や通所介護などが該当しています。

訪問介護は自宅にホームヘルパーや介護福祉士などが訪れ、サポートを行うことで、通所介護は利用者が施設に通いつつ、サポートを受けられるサービスになります。

③福祉業界の仕事内容

続いて福祉業界の主な仕事内容を解説します。

  1. ケアマネージャー
  2. ホームヘルパー

①ケアマネジャー

ケアマネジャーは、高齢者や障がい者の方々の生活をサポートするための計画を立案する専門家です。利用者一人ひとりの生活状況や健康状態を丁寧に把握した上で、最適なサービスや介護を提供するための総合的な計画を作成するのがケアマネジャーの役割となります。

具体的な業務としては、まず利用者のお住まいを訪問し、生活実態や必要なサポートの内容を確認します。その上で、訪問介護や施設入所、福祉用具の利用など、さまざまなサービス提供者と連携を取りながら、利用者一人ひとりに合ったケアプランを立案するのです。

このように、ケアマネジャーは利用者の生活の質の向上に向けて中心的な役割を担っています。医療、介護、生活支援など、様々な分野の専門家と協働しながら、利用者一人ひとりのニーズに合わせたトータルサポートを実現するキーパーソンと言えるでしょう。

②ホームヘルパー

ホームヘルパーは、高齢者の方や身体が不自由な方々の日常生活をサポートする専門家です。利用者の自宅を訪問し、食事の準備や掃除、洗濯といった家事のお手伝いから、入浴介助や排せつ介助まで、生活全般にわたる幅広い支援を行います。

ホームヘルパーの最大の使命は、利用者の方々が住み慣れた自宅で安心して生活を送れるようにサポートすることにあります。そのためには、一人ひとりの生活リズムやライフスタイル、嗜好を尊重しながら、適切な介護サービスを提供することが求められています。

訪問介護では、細かな気配りと丁寧な対応が何より大切です。利用者の気持ちに寄り添い、プライバシーを守りつつ、寄り添うケアを心がける必要があります。

福祉業界の現状を解説

福祉業界は変化の激しい業界でもあるため、常にリサーチが欠かせません。ここからは現状についての解説をします。

  1. 高齢化により需要が拡大している
  2. 人手不足が深刻である

①高齢化により需要が拡大している

日本では少子高齢化が急速に進行しており、2025年には団塊の世代が75歳前後の後期高齢者となり、高齢者人口のさらなる増加が見込まれています。このような高齢化の進展に伴い、高齢者の方々に対するサポートの必要性が高まっており、福祉業界への需要は拡大しているのです。

具体的には、在宅や施設での介護サービスを求める高齢者や身体が不自由な方々が増加しているため、こうしたニーズに応えるための人的・物的資源の確保が急務となっています。介護施設の定員増加や在宅サービスの充実など、さまざまな対応が求められています。

このように、福祉分野でのサービス提供は今後さらに広がりを見せると予想されるでしょう。業界全体の市場規模は拡大を続け、提供されるサービスの種類も多様化が進むことが見込まれています。高齢化への対応は待ったなしの課題であり、福祉業界の役割はますます重要になってくるでしょう。

②人手不足が深刻である

福祉ニーズの拡大に伴い、福祉業界での深刻な人手不足が大きな問題となっています。現場では長時間労働や肉体的負担が過酷となり、働く人々の負担が増大している状況にあります。

この人手不足に対処すべく、政府は介護職員の処遇改善に乗り出しています。給与の引き上げやキャリアアップ支援、さらには外国人労働者の受け入れ拡大など、様々な施策が講じられつつあるのです。

また、介護現場への新たな技術導入の動きも広がりを見せています。介護ロボットの活用などにより、従事者の負担を軽減しながら質の高い介護が実現できると期待されており、働き方や業務内容の変革にもつながるでしょう。

福祉業界のトレンドを3つ紹介

続いて、福祉業界のトレンドを紹介します。

  1. 政府が掲げる「介護離職ゼロ」
  2. 医療との連携
  3. 外国人技能実習制度

①政府が掲げる「介護離職ゼロ」

福祉業界、特に介護の分野では急速な高齢化に伴う人手不足が大きな課題となっています。この問題に対処すべく、政府は「介護離職ゼロ」を掲げ、介護職員の待遇改善に乗り出しました

この政府の方針を受け、業界側でも従業員の処遇向上に積極的な取り組みを見せています。具体的には、賃金の引き上げや昇給制度の整備、さらにはキャリアアップを支援するための制度導入など、従業員の意欲と働きがいを高める施策が活発化しています。

加えて、ロボット技術の活用や外国人技能実習制度の利用による人材確保など、新たな対策も進められつつあります。介護分野での人手不足解消に向けて、官民を挙げた様々な取り組みがなされている業界なのです。

介護の質の維持・向上と人材の確保は、ますます深刻化する高齢化社会に備える上で避けて通れない課題です。この問題に対し、真剣に取り組む姿勢が、福祉業界に関係する全ての人々に求められています

②医療との連携

福祉と医療の連携は、高齢者の方々に質の高いケアを提供する上で重要な役割を担っています。例えば2012年に創設された「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」は、その好例と言えるでしょう。

この制度では、訪問介護の専門スタッフと看護師がチームを組み、利用者一人ひとりに合わせた適切なサービスを提供しています。介護と医療の両面でニーズに応えられるよう、相互の連携をしながらケアにあたるのが特長です。

このように、福祉と医療が緊密に連携することで、利用者の方々により質の高い総合的なケアを実現できるのです。医療機関との協力関係を一層深めることにより、介護サービスの質を大幅に高められるでしょう。

今後、高齢化がますます進展する中で、介護と医療の連携強化への期待は一層高まると予想されます。両分野の専門家が手を携え、尊厳あるケアを追求していくことが何より重要となってくるでしょう。

③外国人技能実習制度

福祉業界、とりわけ介護の分野では、深刻な人手不足に直面しています。この課題を解決すべく、外国人技能実習制度を活用した人材確保の取り組みが進められつつあります

外国人技能実習制度とは、発展途上国からの実習生を日本に受け入れ、介護の技術や知識を学ばせる制度です。介護業界で不足している人材を、外国人実習生の活用によってカバーしようとするわけです。

こうした取り組みを通じて、多様な文化的背景を持つ実習生が、日本の介護現場で活躍することが期待されています。異なる価値観や習慣を持つ人々が介護に携わり、互いに刺激し合うことで、より良質なサービスの提供が実現できるかもしれません

福祉業界の代表企業3選

最後に、福祉業界を代表する企業を3社紹介します。

  1. ツクイ
  2. ベネッセホールディングス
  3. ニチイ学館

①ツクイ

株式会社ツクイは、デイサービスの分野で日本最大手の実績を持つ企業として高く評価されています。全国に約500の事業所を構え、事業所数や利用者数ともにトップクラスの規模を誇ります。

こうした基盤は、35年にも及ぶ長きにわたる介護事業への情熱と努力の賜物です。質の高いサービス提供を追求し、顧客満足度調査を定期的に実施するなど、絶え間ないサービス向上への取り組みが実を結んだとも言えます。

ツクイの事業は介護に留まらず、人材開発や通信販売、リース事業など多岐にわたります。地域に根差し、真心の込められたサービスを提供することが同社の理念であり、その精神の下で多角的な事業展開を続けています。

このように、ツクイは社会に貢献しながら、福祉サービスの質的向上に絶えず取り組む企業です。介護を中核とする同社の活動は、介護業界のさらなる発展に大きく寄与すると期待されています。

②ベネッセホールディングス

ベネッセホールディングスは教育事業で知名度が高い企業ですが、その活動範囲は福祉にまで及びます。出版から始まり通信教育事業を展開、さらに福祉分野にも進出してきました。

“Benesse”の語源は”よく生きる”という意味で、教育と福祉を通じて人々の豊かな人生をバックアップし続けています。一人ひとりの”よく生きる”をサポートすることで、福祉分野でもその存在感を高めています

③ニチイ学館

ニチイ学館は医療、介護、保育、ヘルスケアと多岐にわたる分野で事業を運営しています。創業の発端は医師の事務負担軽減でしたが、在宅介護を中心に幅広い領域に進出しました。

企業理念には”誠意””誇り””情熱”が掲げられ、特に”やさしさを強さに”をモットーとする人間重視の姿勢が貫かれています。多角的な事業展開を通して、誠実な経営姿勢で社会に貢献し続けています。

福祉業界のトレンドを常にチェックしておこう

本記事では、福祉業界について現状や特徴と今後のトレンド、仕事内容などを解説しました。少子高齢化社会における日本において、福祉業界は大きな変化を受けている最中ともいえます。

就活中で福祉業界への関心を持っている方は、ぜひ現在のトレンドについてしっかりと下調べして、面接に臨んでくださいね。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部