HOME > 就活マガジン記事 > 最終面接の結果が1週間来ない?結果が来ない時の対処法を紹介

最終面接の結果が1週間来ない?結果が来ない時の対処法を紹介

「最終面接の結果が一週間経っても来ない…」結果がいつ来るかわからないと、心が落ち着かないですよね。

本記事では、最終面接結果が1週間以上来ない理由・対処法などを紹介します。結果が来なくて悩んでいる方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

最終面接の結果は1週間以上かかることがある

最終面接から1週間が経っても内定の連絡がない場合でも、不採用とは限りません。実際、内定が出るケースも珍しくありませんよ。連絡が遅れる理由は企業や状況によって様々であり、一概に判断しないでください。

他社で早く内定連絡が来たからといって、結果待ちの企業も同様に早い連絡が来ると決めつけるべきではありません

連絡が遅れているからといって、あれこれ考えるよりも、与えられた課題に集中し、次の機会に備えることが賢明ですよ。

【最終面接の結果】1週間以上経っても来ない理由

最終面接から1週間が経過しても結果が来ない場合は、様々な理由が考えられるのです。ここでは、4つに分けて理由を紹介します。

  • 選考がまだ完了していないため
  • 応募数が多く対応が遅れているため
  • 社内の最終調整が済んでいないため
  • 合否判断に迷っているため

①選考がまだ完了していないため

内定連絡が遅れる大きな理由の1つは、選考が最終段階に至っていないことです。企業は採用枠に見合った優秀な人材を選びたいと考えており、他の候補者の面接結果を待って総合的に検討したいのです。

特に最終面接では、通常1人ずつ面接を行うため、全員の面接を終えるのに時間がかかります。そのため、連絡がないからといって、あまり気にする必要はありません。

遅れている間は、他の優秀な候補者がまだ残っている可能性があると考えるべきです。焦らずに落ち着いて結果を待つことが大切ですよ。

②応募数が多く対応が遅れているため

内定連絡が遅れる大きな理由として、応募者数の多さが挙げられます。採用人数が多い大手企業や人気の高い企業では、応募者が殺到することが予想されるでしょう。

その場合、最終面接までに応募者を絞り込むことが難しくなり、多くの方を面接する必要が出てきます。一人ひとりを評価するのに時間がかかり、結果が出るまでに連絡が遅れてしまうのです

つまり、応募者数が多ければ多いほど、企業側で結果を吟味する期間が長くなってしまいます。

③社内の最終調整が済んでいないため

内定連絡が遅れる理由の1つに、企業の最終調整の遅れが挙げられます。最終面接の場合、役員や社長など上層部の意見や評価を仰ぐ必要があるためです。

しかし、上層部の意見をまとめる調整作業が上手くいかないと、面接結果が出るのに時間がかかってしまいます。立場の高い役職者の多忙さや、意見の食い違いなどが原因で、内部での調整に手間取ることもあるのです。

そういった事情を踏まえると、ある程度連絡の遅れは避けられないと考えた方が良いでしょう。

④合否判断に迷っているため

内定連絡が遅れる理由の1つに、合否判断に迷っている場合が挙げられます。この場合、企業側では明確な合格・不合格の判断をすぐには下せません。

そのため、選考情報を精査し、評価を再度綿密に行う必要があります。判断に迷う応募者については、より時間をかけて検討を重ねるのです。

企業は、合否判断が難しい候補者については慎重になります。そのため、連絡が遅れてしまうのです。

最終面接の結果が1週間来ない!すべき行動を3つ紹介

最後に、最終面接の結果が1週間以上来なくて悩んでいる場合は、以下の3つの行動をしてみましょう。

  • 採用担当者に問い合わせてみる
  • 他社の選考対策に集中する
  • 受ける企業を増やす

①採用担当者に問い合わせてみる

内定連絡の予定日を過ぎても連絡がない場合は、採用担当者に問い合わせてみましょう。問い合わせ方法としては、メールが最も手軽で失礼のないものと言えます。

ただし、問い合わせのタイミングが重要です。予定日からあまり日が経っていない場合は、早すぎる問い合わせは控えめにした方がよいでしょう。 

結果予定日を伝えられていない場合や過ぎている場合は、問い合わせてみるのをおすすめしますよ。

最終面接の結果連絡の時期を問い合わせる際の例文

タイトル: 内定連絡の確認のお願い

(件名)最終面接の結果につきまして(○大学○学部 フルネーム)

○株式会社 人事部採用担当 ○○様

平素は大変お世話になり、誠にありがとうございます。
○大学○学部のフルネームでございます。先日は懇切丁寧な最終面接を賜り、重ねて御礼申し上げます。

○月○日(○)の面接の際、選考結果につきましては○日までにご連絡いただける旨、お話しいただきました。

しかしながら、本日現在、まだ結果のご連絡を頂戴しておりません。
お手数をおかけしますが、面接の結果はいつ頃ご連絡いただけますでしょうか。

お忙しい中恐れ入りますが、ご教示くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

フルネーム(フリガナ)
○大学○学部○学科○年
携帯電話:080-○○-○○
メール:○○@○○○

上記のテンプレートを用いて、丁寧かつ企業側のスケジュールを考慮してメールで問い合わせるようにしてください。

②他社の選考対策に集中する

内定がなかなか出ない企業がある一方で、他社の選考が残っている場合は、すぐに気持ちを切り替えてください。ただし、気持ちの切り替えが難しく、精神的に参っているようであれば、無理に切り替える必要はありません。

適度にリフレッシュすることで、次の選考に向けて気持ちを再び高められるからです。就活は精神的にも大変なので、心のコンディションを保つことが肝心ですよ。

メリハリをつけ、気持ちのコントロールを怠らずに前を向いて就活を続けてください。

③受ける企業を増やす

内定が出ない状況では、新たに受ける企業を増やしましょう。最終選考を受けた企業から不採用となり、持ち駒企業が少ないと余計に焦りを感じてしまうからです。

そこで、まだエントリー可能な企業があれば、少しでも興味があるものには積極的にエントリーすることをおすすめします。面接を受ける過程で、思わぬ魅力や自身の適性に気づく可能性もあるでしょう。

ただし、全く関心のない企業にエントリーするのは避けてください。

最終面接の結果が1週間来てなくても切り替えよう

最終面接から1週間が経っても結果の連絡がない場合でも、すぐに諦めるには早すぎます。企業側には様々な理由があり、冷静に待つことが何より大切です。

気持ちの切り替えは難しいですが、他社選考の対策に切り替えて、内定獲得へ一歩近づきましょう。

まずは志望動機を作ってみる

    • 卒業年数
    • 学校
    • 名前
    • 連絡先

    No.1

    卒業年月日を選択してください

    2025年3月2026年3月2027年3月卒業済み

    No.2

    学校区分を選択してください

    大学大学院(博士)大学院(修士)短期大学専門学校海外大学

    No.2

    学校情報を入力してください

    学校名
    学部名
    学科名
    学校名
    学部名
    学科名

    No.3

    お名前を入力してください

    お名前
    フリガナ

    No.4

    連絡先を入力してください

    電話番号
    メールアドレス

    本利用規約には、株式会社C-mindが「https://shukatsu-magazine.com」上で提供するサービスにおける、本サービスを利用するお客様との間の基本的な事項が規定されております。本サービスの利用者におかれましては、必ず全文お読み下さいますようお願いいたします。

    個人情報保護方針」と 「サービス利用規約」を確認する

    編集部

    この記事を書いた人

    編集部